スマート スマートKの車買取・査定相場

スマート スマートKの買取ポイント

車買取価格は、車の様々な要因によって決定されます。車種ごとのおおよその相場を調べることはできますが、それはあくまでも平均値であり、実際にはさらに細かい要因によって買取価格が変動するのです。そのため、提示された買取価格が適正であるのかを判断し、愛車を納得できる金額で売却するためには、車買取価格がどのような要因によって決まるのかを知っておくことが大切です。どのような車が高値で売れるのかを確認しておきましょう。

スマートKの概要

スマートKは、ダイムラークライスラー日本が2001年から20004年まで輸入し販売していた日本市場専用の軽自動車です。スマートKは、時計メーカースウォッチグループが発案し、ダイムラーとの共同事業で設立された【スウォッチカー】が起源となっています。本国仕様として開発されたマイクロカーのスマート・フォーツーが、車幅を抑えることで日本の軽自動車規格に収まる車だったことから、日本の軽規格内に抑えて開発された日本市場専用モデルの【スマートK】は2001年に販売を開始しました。その後、スマートフォーフォーが販売されるタイミングに合わせて車名がフォーツーへと変更され、2004年にスマートKの販売を終了しています。

スマート スマートKの車買取相場

※横にスクロールしてください。

車種・型式 買取金額 成約日 年式 走行距離 走行可否

スマートK
不明

2.0 万円 2018-07-29 2002年 73,000 km

スマートK
不明

2.0 万円 2020-06-15 2004年 50,000 km

スマートK
不明

2.0 万円 2020-09-09 2002年 60,000 km

スマートK
ベースグレード

1.5 万円 2020-09-23 2002年 95,000 km

スマートK
不明

1.5 万円 2018-05-13 2002年 130,000 km

スマートK
不明

1.5 万円 2020-12-10 2002年 100,000 km

スマートK
不明

1.5 万円 2021-01-21 2003年 66,600 km

スマートK
不明

1.4 万円 2019-11-08 2002年 50,000 km

スマートK
不明

1.2 万円 2021-02-08 2003年 83,000 km

スマートK
不明

1.1 万円 2021-02-24 2004年 39,000 km

車の売却前に知っておきたい豆知識

ボディタイプ別車を高く売る方法

スマートKの高価買取事例

カーネクストで買い取らせていただいたスマートKの中から、直近の高価買取事例をご紹介します。
平成14年式  走行距離60,000km  買取価格2万円

    【車両詳細情報】
  • グレード:ベースグレード
  • ボディカラー:ファットレッド
  • 走行状態:走行可能
  • 買取日時:2020年09月09日
  • 買取場所:神奈川県

スマートKのリセールバリュー

スマートKの買取傾向や、スマートKの中でもリセールバリューの高いグレード、ボディカラーをご紹介しています。スマートKの売却前にぜひ参考にしてみてください。

スマートKの買取傾向

スマートKは、メルセデスがスウォッチと共同事業としてスタートし、スウォッチ撤退後も独自に開発し生産されたマイクロカーです。特徴は全長2,560mmの2人乗りシティコミューターであるというところで、2台分の駐車場でもスマートKなら3台停めることが可能でした。軽自動車規格のため維持費用も安く抑えることが出来、国内でも人気の輸入軽自動車となっていました。販売終了の2004年から17年が経過していることもあり、流通する車体は低年式車となりますが、コンパクトなサイズ感と他社にないデザインが人気となっており、走行可能な車体は買取が付く傾向です。

リセールバリューの高いグレード

スマートKは、ダイムラークライスラーの子会社スマート社が製造し日本市場専用車として輸入販売していた軽自動車です。日本の規格に合わせた全長2,560mm、全幅1,470mm、全高1,550mmとなっています。フォーツークーペと比べると全幅は45mmの差となっています。グレードはベースグレードのみとなっていて、輸入車ではあるものの日本市場専用車のため右ハンドルの設定となってて乗り回しもしやすくなっていました。

リセールバリューの高いボディカラー

スマートKのボディカラーの展開は、ジャックブラック、ライトホワイト、ファットレッド、スターブルーメタリックとなっていました。コンパクトでデザイン性の高い車体だったこともあり、人気カラーは定番色のホワイトやブラックではなくファットレッドとなっています。

スマートKの高価買取ポイント

スマートKは約4年間の販売期間と短いものの、当時から月販300台とコンスタントに売れていた人気車種でした。販売終了から17年が経過していますが、中古車市場ではコンパクトさとデザイン性の高さから人気があります。中古車のスマートKの販売価格は、走行距離が10万kmを超えているか超えていないかで差があるため、多走行な場合や、修復歴がある場合などマイナス面が目立ってしまい、中古車としての買取りが難しい場合は、販路を幅広くもっている車買取業者で見積もりをとってみることをおすすめします。

カーネクストが高価買取できる理由

車買取業者の買取価格も全ての業者で同じではなく、それぞれの業者の持つ強みや販路などによって、大きく異なることがあります。
カーネクストが車を高く買い取ることができる理由について、詳しくご説明いたします。

実店舗がない

カーネクストは実店舗を持たず、1,000社以上の自動車関連業者と提携することで、日本全国の車買取を可能にしています。(離島を除く)
これにより、店舗運営コストや人件費などを削減することが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。また、お客様との契約後すぐに販路を決定するため、在庫を抱えるリスクを抑えることができます。つまり、買い取ったお車を確実に再販することが可能となり、高値で買い取ることができるのです。

海外への販路がある

カーネクストは自社販売、中古車オークション、海外への輸出など様々な直売ルートを持っていますが、この海外への輸出が高価買取を可能にしているポイントです。外車と比べ、日本車は低燃費で壊れにくく、長く乗ることができるので、海外での人気が高いです。日本国内ではほとんど需要がなく、値段を付けるのが難しいような車であっても、海外であれば高値で取引されることもあります。海外では、車は修理して長く乗るものだと考えられているため、日本では値段が付かないような低年式・過走行の車であっても、十分に需要があるのです。
カーネクストは海外に独自の販路を持っていることで、高価買取を実現しています。

自社で整備

買い取った車を中古車として再販するためには必ず整備を行う必要がありますが、買い取った車の整備を他社に依頼すると、その分費用がかかります。カークストは自社工場で補修や板金、メンテナンスを行った後、自社販売や中古車オークションへの出品、海外への輸出などを行っているため、整備にかかるコストを抑えることが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。
また、自社で整備を行うことで、中古車としては再販できない状態の車も解体してパーツとして再販売、再利用することができ、そういった車でも値段を付けることが可能となります。

車買取Q&A

車買取に関するよくあるご質問と、その回答をご紹介します。

排気量の大きいパワフルな車は買取でマイナス?プラス?

現在の新車販売市場において、エコカーや低燃費車が主流となっているため、排気量の大きいガソリン車は国内では減少傾向にあります。しかし、高排気量で回転数も多く、走行性能や走破性能が高い車は海外で人気が高く、8気筒エンジンや12気筒エンジンなどの高出力エンジンを搭載するパワートレインタイプの車が、海外輸出によって中古車市場でも高値取引が可能になっているのです。高排気量の車は、エンジンなどの部品人気も高いことから、事故車や故障車であっても買取出来る可能性が高くなります。

事故にあって直した車はすべて修復歴車になるの?

過去に塀などにあたってバンパーなどが凹んだため、鈑金屋に依頼して直した車の場合、自損事故後に直したため事故修復歴車に該当すると思う方が多いでしょう。しかし、日本自動車査定協会(JAAI)の修復歴有無の定義では、車両のフレーム(骨格)部位に該当する【フレーム(サイドメンバー)、クロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、トランクフロア】が、損傷又は修復されているもの以外は、修復歴ありになりません。骨格に関する部位の場合は、修復していても影響が出る可能性があるため修復歴にあたるのですが、JAAIの定義からするとバンパーの修復は修復歴車にはならないのです。

車のボディに小さなヘコミ!直してから売った方が高く売れる?

車のボディにあるヘコミや擦り傷は、経過年数や使用環境にもよりますが多少はついてしまうことがほとんどです。洗車方法によっては、車を洗ったことで洗車傷がついてしまう、といったこともあります。小さなヘコミや傷であれば、コンパウンドやタッチペンなどで直してから売却しようとする方もいらっしゃるでしょう。しかし、多少のヘコミや擦り傷は、ご自身で直しても、そのまま売却しても、買取額にはほぼ影響がありません。殆どの車屋では、鈑金塗装の設備を保有しているので、自社で費用をかけずに作業することが可能だからです。もしもご自身で直そうとして、かえって傷を目立たせてしまうような結果になれば、マイナス査定にもなりかねません。多少の傷やヘコミであれば、そのまま買取査定を受けることをおすすめします。

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中