新車 車購入 値引き術

新車で大きな値引きを狙うには?

新車を購入するなら、できるだけ安い値段で購入したいですよね。車を少しでも安く購入するためには、ディーラーとの値引き交渉の進め方や、 値引きの仕組みなどを知っておくことが重要です。ここでは、すぐに実践できる新車値引き術をご紹介します。お得に新車を購入するためにも、ぜひチェックしてみてください。

下取りと買取はどっちが高く売れる?

乗り換えで車を購入する際、新車を購入するディーラーにそのまま下取りに出すべきか、車買取業者に買い取ってもらうべきか迷う方も多いのではないでしょうか。 今乗っている車を高い値段で買い取ってもらうことができれば、その分を新車の購入費用に充てることができますよね。 では、どちらの方がお得に車を売却することができるのか見ていきましょう。

ディーラーへの下取りは損をする?

下取り図

中古車買取業者はディーラーと何が違う?

高価買取ならカーネクスト!

値引き交渉のコツ

新車の値引きは、ディーラーとの値引き交渉をどう進めるのかが重要となります。 ディーラーとの値引き交渉をうまく進められるポイントを押さえておけば、 大きな値引きを引きだすことができます。ここからは、そのポイントについて詳しく解説していきます。

ライバル車と競合させる

ほとんどの車には競合しているライバル車の存在があります。本命を一つの車に絞っていたとしても、 ライバル車と価格競争をさせることで大きな値引きが出ることもあるので、 ライバル車の見積もりも出してもらった上で値引き額を比較し、ライバル車を引き合いに出しながらディーラーと交渉を進めるようにしましょう。
ライバル車は性能やグレードなどが近いものを選び、ディーラーに本気で迷っていると思わせることが重要です。 もちろん、本当に候補がいくつかある場合も、それぞれできちんと見積もりを取り、比較検討する必要があります。

同じメーカー同士で競合させる

同じメーカーのディーラーであっても、県が違えば経営元が異なることがほとんどなので、 同じメーカーの同じ車同士を競合させることが可能です。この場合も各店舗で見積もりを取り、 値引き額が大きい方で購入するという意思をディーラーに示しましょう。経営元が同じ店舗間では、 顧客情報などを共有している可能性もあるため注意しましょう。
また、サブディーラーが存在するメーカーでは、正規ディーラーとサブディーラーで競合させることもできます。 多くの見積もりを持っていた方が値引き交渉に有利になるため、できるだけ多くのディーラーを回り、見積もりをたくさんもらうようにしましょう。

決算期を狙う

新車の値引きが大幅に緩む時期は決算期です。 決算期、ディーラーはメーカーから課せられたノルマを達成しようと、値引きを緩めてでも車を売ろうとするため、薄利多売で車を販売する傾向にあります。 また、この時期は決算セールも開催されるため、車を安く購入することができるのです。この決算期は、年に2回あります。

  • 1月中旬~3月末 年度末決算
  • 8月中旬~9月末 中間決算

新車で大幅な値引きを狙うためには、決算期は逃さないようにしましょう。

ディーラーオプションからの値引きも重要

新車の車両本体からの値引きには限度がありますが、ディーラーオプションの値引き額はディーラーの裁量で決めることができるため、 大きな値引きが期待できます。新車を購入しても車両本体だけがあればいいわけではないですよね。 どちらにしてもオプションは必要となるため、オプションの値引きは新車の実質値引きにつながります。
ボディコーディングやシートカバー、カーナビなどは値引きの対象となりやすいオプションなので、交渉してみましょう。

ディーラーと良好な関係を築く

一括査定と提携している業者からしか選べない

値引き交渉をする相手も人間なので、ディーラーに好印象を与え、良好な関係を築くことが大きな値引きにつながることもあります。 値引きをしてほしい気持ちばかりが先走り、無理な値引きを強要したり、自分の要求ばかりを一方的に押し付けてしまうと、ディーラーからの印象は悪くなります。
「この人に売りたい」とディーラーから思ってもらうような態度を心がけ、値引き交渉を行うようにしましょう。また、ディーラーとは購入時だけでなく、 購入後のメンテナンスやアフターフォローなどで今後も付き合っていくことになります。
ディーラーとの関係が悪くなってしまえば、良質なサービスを受けられなくなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

車種別値引き交渉術

一括査定と提携している業者からしか選べない

ディーラーとの交渉の中で新車の値引きを引き出すためのコツは、どんな車の値引きにも使うことができます。 しかし、競合させるライバル車やディーラー、値引きの限界などは車種によって異なります。 こちらでは、新車の値引き交渉術を車種別により詳しくご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

値引きが難しい車ってどんな車?

お話ししたポイントを踏まえた上でディーラーと値引き交渉を行えば、新車の値引きを引き出すことができるはずです。 しかし、中には大幅な値引きができない車もあります。どのような車なのか詳しく見ていきましょう。

高級車

一般的に高級車と言われるような車は、ブランドイメージを守るために値引きのガードが固くなっています。 また、一台ごとの利益を重視していたり、生産コストが定価に対して高いということも理由の一つです。新車販売時に大幅な値引きを行えば、その分リセールバリューが低くなってしまいます。
高級車はリセール時もブランドイメージが崩れることを嫌うため、値引きはほとんど行わない販売体制を徹底していることが多いのです。

車両価格が安い車

軽自動車などの車両価格が低い車は、ディーラーの元々の利益も少ないため、値引き率が小さくなります。 ディーラーの利益が多くなるような車両価格の高い車の方が、大きな値引きが出やすくなっているのです。 しかし、軽自動車あってもモデルチェンジ前の車や、あまり人気のない車種などは大きな値引きが出る可能性もあるため、諦めずに交渉してみましょう。

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中