中古車 車購入 注意点

中古車購入時の注意点|お役立ち情報

車買取で車を売り、乗り換えのため次の車を購入する予定という方も多いでしょう。ディーラーでの新車購入だけでなく、中古車販売店での中古車購入も選択肢の一つです。
乗り換えで中古車を購入する場合、新車と比べて販売価格が安くなります。車検付きの中古車であれば、車検費用も抑えることが出来ますが中古車を購入するにあたって、いくつかの注意点があります。
こちらでは、中古車を購入する前に知っておきたい注意点について解説します。

中古車を購入するリスクを知っておく

中古車とは、一度誰かに所有されたことのある車のことを言います。所有期間が短かったり、走行距離が数キロしかなかったり、 キズやへこみも全くない綺麗な状態の車であったとしても、一度誰かが所有していたことがあれば中古車です。 では、そんな中古車を購入するリスクとは、どのようなものがあるのでしょうか。

販売されている中古車は万全ではない可能性

中古車として販売される車の中には、前所有者が事故を起こした後、損傷や故障した個所を修理され、販売されている車もあります。これらの車は、修理されているため見た目は綺麗に修理されていることも多く、どのようなリスクがあるかという判断はむずかしくなっています。外装は綺麗でも隠れたリスクを抱えている可能性がある車について解説します。

リスクポイント
  • 事故修復車:
    事故車であっても修復すれば、中古車として販売することができます。 鈑金や塗装で、外装は綺麗に直すことも出来ます。しかし、事故の衝撃や損傷によって車の骨格部分に損傷があると、 修復したとしても後に不具合や故障につながる可能性があります。
  • 水没車:
    台風や大雨により浸水や冠水してしまった水害車は、水害の影響の大きさにはよるものの、修理したとしても電装系に支障をきたす恐れがあったり、雑菌等により臭いが残ってしまうことがあります。
  • 塩害車・雪害車:
    車の使用場所や保管環境によっては潮風や融雪剤などの外部要因を受けて、ダメージを受けることがあり、フレームや下回りなどの重要な部品が錆びてしまっている可能性が高くなります。下回りは覗き込まなければ見えない部分となります。

これらの中古車は、リスクがあることを提示した上で安い値段で販売されていることがほとんどです。中には高年式車や低走行車もありお買い得であるように思えますが、後に不具合が起こる可能性が高いです。 納車後に不具合などが起きてしまうと、かえって修理費用が高くなってしまうこともあるため、こういった中古車はできるだけ避けた方がいいでしょう。
もしも展示車両等で特に説明がないものの、価格が相場と比べてあまりにも安い場合や、車体に錆などがあるのを見つけた場合は、販売員に詳細を聞くことをおすすめします。

走行距離10万キロ超えの中古車の購入リスクは?

日本の中古車市場では走行距離10万キロは目安の一つとされています。そのため走行距離9万キロ台など、10万キロを超える前に車の売却をしようとする方が多いようです。
近年は、昔に比べて車の平均使用年数が長くなっている傾向にあり、走行距離が10万キロを超える中古車も数多く流通しています。
実は、オイル交換などのメンテナンスがきちんとされてきた車であれば、走行距離が多いからといって、 内部が特別傷んでいるということはありません。ただしタイミングベルトやショックアブソーバー、ゴムのプッシュ類などは、走行距離に比例して変形・劣化してしまう可能性が高いため、こういった消耗品類は思い切って新しいものに交換した方がいいでしょう。
さらに、走行距離が10万キロを超えると、センサー類の故障がどうしても起きやすくなってしまいます。 センサー類の故障は目視では確認できないものが多いため、走行中に突然故障してしまう可能性もあります。 走行距離が10万キロを超えている中古車であっても十分に乗ることはできますが、故障するリスクがあることは理解しておく必要があります。

中古車購入前にチェックするポイント

新車よりも安く購入することができる中古車ですが、購入前にいくつかの点に注意して選ばなければ、 購入後の修理費がかさんでしまうこととなり、安い値段で購入した意味がなくなってしまいます。 中古車を購入する際は、下記のポイントを前もって確認しておきましょう。

エンジンのかかり具合を確認

中古車は車検が切れている車の場合、試乗することができません。 しかし、エンジンを自分でかけることはできるはずなので、エンジンのかかり具合をチェックしましょう。 クランキングが長かったりアイドリングが不安定だったりする場合、エンジンに不具合が発生している可能性があります。 また、同時にエンジンから異音や異臭がしないか、振動がないかなども確認しておきましょう。
車の心臓部分とも言えるエンジンは、故障してしまうと修理費が高額になります。購入時は走行に問題がなかったとしても、後に重大な故障につながってしまう可能性もあるため、エンジンに故障の予兆がないかどうかを確認しておきましょう。

車内に搭載されている機器類の動作確認

最近の車には、自動ブレーキや先進安全装備、ドライビングアシスト機能などが装備されています。 これら全ての機器類の動作を確認することは難しいかと思いますが、 これらのものが万が一故障していた場合、最新装備だからこそ修理に多額の費用がかかることになります。
こういった機器類の故障に関しては、販売店に申告すれば販売店側で修理してくれますが、納車後に故障が発覚した場合、 販売店側の過失であるという証拠がないため、修理を受け付けてくれない可能性が高くなります。 そうならないためにも、出来る限り購入前に確認しておくようにしましょう。

内装・外装の確認

内装や外装の確認も重要です。傷やへこみ、シートの汚れなどはもちろんのこと、外板と色が変わっていないかなどもチェックするようにしましょう。 外板と色が変わってしまっている場合は、修復歴がある可能性が高いので注意しましょう。
また、外装の確認時にドアの開閉に問題がないかの確認や、ボンネットを開けてもらい、オイルの滲みなどがないか、 異音はしないかなども確認しておくようにしましょう。

電装品の動作確認

内装や外装の確認が終わったら、オーディオやカーナビ、エアコンなどの電装品のチェックもしっかり行いましょう。 これらの電装品の故障も購入前に確認できれば販売店が修理してくれますが、納車後に不具合に気付いた場合、 販売店側の過失であるという証拠がないため、修理や部品交換の対応をしてくれない可能性が高くなります。 また、こういった電装品の不具合を購入前に発見した場合、値引き交渉の材料として使うこともできます。

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中