中古車売却 中古車買取 コラム

買取・売却

車の処分方法とおすすめの買取業者|コスパ良く車を手放す

更新日:

車が不要になれば処分することになりますが、処分には費用がかかります。自分1人で処分することはできませんので、業者に引き取ってもらい、解体してもらうことになるでしょう。このほか、廃車手続きをする必要もあり、これらすべてに対して費用が発生します。 処分の方法・業者はさまざまありますのでそれぞれの特徴を押さえ、もっともメリットのある処分方法を選択することが大切です。この記事では処分方法や業者の選び方などを紹介します。ぜひ参考にし、ベストな方法で車の処分を進めていきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

不要な車のお得な処分方法

不要な車を処分する方法はさまざまありますが、大きく分けて2つの方法が代表的です。自分でスクラップ工場に持ち込む方法と、廃車専門の買取業者に依頼するという方法です。どちらの方法にもメリットがありますが、どちらの方がより自分に合っているのか判断するために、双方について知っておくのがいいでしょう。それでは2つの方法について具体的に見ていきましょう。

自分でスクラップ工場へ持ち込む

自分でスクラップ工場へ持ち込むという方法は費用面でとてもお得です。なぜなら、スクラップ工場は車を「自動車」ではなく「鉄」として評価するからです。自動車としては価値が低くても、鉄としてなら価値があります。その時の鉄の買取価格相場によって変動しますが、車1台であればおよそ3万円前後で買い取ってもらえるでしょう。 自分で工場に持ち込めない場合はレッカー代が別途かかる場合が多いので、注意が必要です。レッカー代は業者によって異なりますが、買取価格を超えてしまう可能性もあるため事前確認をしておきましょう。またスクラップ工場に依頼する場合、廃車手続きは専門外なので、自分で行う必要があります。

廃車専門の買取業者に依頼する

廃車専門の買取業者に依頼するのも、とてもお得な方法です。とくに身近にスクラップ工場がなかったり、レッカー代がとてもかかってしまうというような場合は、廃車専門の買取業者という選択肢も検討しましょう。 廃車専門の買取業者のメリットは、基本的に全国どこでもレッカー代無料で買い取ってくれることです。自分で持ち込む必要がありませんし、廃車手続の代行など、面倒な手続も無料で代行してくれます。費用だけでなく、手間がかかりませんので、時間という面からみても、とてもお得だといえるでしょう。

廃車買取のメリット

廃車買取業者に依頼することには大きなメリットがあります。車に掛かった税金が戻ってくること、廃車に関する面倒な手続きを代行してくれるという2つがとくに大きなメリットと言えるでしょう。ここからはそれら2つのメリットについて詳しく紹介します。これらのメリットを踏まえた上で、自身の判断に役立ててください。

車に掛かった税金が戻ってくる

廃車手続きによって、車にかかった税金が戻ってくる点も押さえておきましょう。廃車の手続きは大きく分けて、「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の2種類があります。不要な車を処分する場合は基本的に永久抹消登録となりますが、この場合には支払った税金が還付金として戻ってきます。 自動車税や自動車重量税、自賠責保険の納付が不要となりますので、支払った金額との差額が戻るのです。業者に手続きを依頼しても、個人で行っても還付金はもらえますが、必要書類などが変わりますので事前に確認しておきましょう。

廃車に関する面倒な手続きは一切お任せ

廃車専門の買取業者に依頼するメリットとして、面倒な手続きをお願いできる点があげられます。時間の節約という意味で、これはかなり大きなメリットとなるでしょう。 中には、手続きだけであれば自分で済ませようと考える人もいるかも知れません。しかし、手続きには陸運局に行く必要があり、陸運局は平日の昼間しか対応してもらえません。サラリーマンなど平日忙しい方が時間を作るのは至難の技ですし、せっかく時間を確保しても不備があれば受理されませんので、業者に依頼した方が安全といえるでしょう。

廃車買取業者の選び方

廃車買取業者にもさまざまな業者があり、どの業者に依頼するのかでメリット・デメリットは大きく変わってくる可能性があります。この選択を間違えてしまうと場合によっては大きく損してしまう可能性もありますので、注意深く選ばなくてはなりません。ここからは廃車買取業者を選ぶ際に注意したいポイントを紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

引取・レッカーが無料の業者を選ぶ

廃車買取業者に大きなメリットがあることはわかりましたが、業者はどのように選べばよいのでしょうか。その基準の一つに、引取費用を負担してくれる業者がおすすめです。特に事故車や不動車の場合は、レッカー費用などが別途発生することが多いので、無料の業者を選びましょう。

独自の海外販売ルートを盛っている

日本車は、海外では高品質のブランド車であるので、高価で買取をしてくれる場合があります。独自で海外販路をもっている業者を選ぶようにしましょう。

還付金についての説明があるか

続いて注意したい点が、還付金についての説明がきちんとなされているかどうかという点です。先述の通り、廃車手続きを行えば、車にかかった税金の一部が還付金として戻ってきます。この還付金はもともと依頼者が支払ったものなので、当然依頼者が受け取るべきものです。ところが、中には悪質な業者もあり、依頼者に還付金の説明を十分に行わず、自分で着服してしまうというケースもあり得るのです。十分な説明をせず、手数料などとして騙し取られてしまう危険もありますので、信頼できる業者かどうか、評判を調べたり対応に不審な点がないかなどにも注意を払いましょう。

車の廃車手続に必要な書類

車を廃車にするにあたっては、準備することが必要な書類もあります。自宅や車の中に保管されている書類もあれば市役所で取得する必要のある書類もあり、それらを事前に把握しておくことが必要です。廃車を依頼するタイミングで自宅にあるはずの書類が見つからない、市役所に書類を取りにいかなくてはと慌ててしまうことのないよう、あらかじめ余裕を持って準備しておくといいでしょう。

車検証など車の中や自宅にあるもの

廃車手続きに必要な書類は複数ありますので、事前に把握しておき、不備なく用意できるようにしておきましょう。まず、車の中や自宅にある書類は、自動車検査証(車検証)、自賠責保険証、リサイクル券、身分証明書。この他、手続きを依頼する際、委任状や譲渡証明書に押印が必要となるので、実印を用意しておくことも必要です。

印鑑証明書など市役所で取得するもの

普通自動車の廃車手続きを行う場合には、市役所で取得する公的な書類も必要です。これらも業者に手続きを依頼する際に必要となりますので、余裕を持って事前に用意しておくようにしましょう。 用意すべき書類は、印鑑証明書と、場合によっては、住民票、戸籍の附票、戸籍謄本などが必要となります。普通自動車を廃車する場合は、事前に業者にどのような書類が必要になるか確認しておきましょう。

詳細は業者に確認しよう

依頼者が用意すべき書類にプラスして、業者側が委任状・譲渡証明書を用意し、そこに印鑑を押します。ただし、このような流れが一般的ではあるものの、業者や個々の車によってはこの他にも追加書類が必要となるケースもあります。 このような場合、あらかじめ必要書類が把握できていないとスムーズに手続きの依頼ができなくなってしまいますので、事前に業者に確認しましょう。

事故車や不動車でも0円以上の買取「カーネクスト」

カーネクストは、基本的にどのような車でもあっても買い取りをいたします。事故車や不動車など、自動車としての価値がなくなってしまっているような車でも、0円以上での買い取りを保証しています。 もちろんレッカーでの引き取りや書類手続きなども、すべて無料で行います。さらにカーネクストの大きなメリットは、日本全国に対応しており、年中無休で引き取ってもらえるという点でしょう。普段忙しく、廃車のためにスケジュールを確保することが難しいという方にはぴったりの選択肢といえるでしょう。

不要な車を少しでもお得に処分しよう

不要な車を処分するにはコストがかかります。処分には費用や時間がかかりますし、誤った選択をしてしまえば大きく損をする可能性もあるでしょう。費用と時間を節約してお得に廃車する方法として、自分でスクラップ工場に持ち込む方法と、廃車専門の買取業者に依頼する方法があります。自分にとってのベストの方法をみつけてください。必要書類なども不備なく揃え、スムーズに車の処分を進めていきましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2022 中古車買取カーネクスト