中古車売却 中古車買取 コラム

買取・売却

車買取り見積もりサイトの利用方法について|上手な使い方を知ろう

更新日:

愛車を手放すとなれば、車買取に出すことが多いですが、買取をしてもらうためには、まずは見積りをしてもらう必要があります。業者に売りに出したからといって、即決で買ってくれるわけではありませんので、見積りを受け、金額を確認してから売買の交渉となります。車買取には見積りは付きものですので、見積りの流れを知って、スムーズに買取を進めましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車買取見積もりをサイトで依頼する時の手順

車の買取をしてもらうためには見積りが必須ですが、実は見積りは、業者に車を持ち込まなくても、ネットでも簡単におこなえます。サイトで見積りを依頼する場合にはさまざまな手順がありますので、どのような順番で見積りを進めていくのかを知っていきましょう。

買取相場を調べる

見積りに出す場合には、まずは愛車の買取相場を調べる必要があります。買取相場もサイトで一緒に調べることができますので、入力フォームに必要な情報を入力していきましょう。相場を調べるためには、メーカーや車種、年式やグレードなどの情報が必要ですので、あらかじめ確認が必要です。情報をすべて入力すれば、大体の相場が確認できます。

査定を申し込む

買取相場を確認すれば、業者に査定の依頼を出しましょう。買取査定は電話かWebで依頼でき、方法は業者ごとに違っています。ネットで応募する場合は、ほとんどのサイトが査定を無料でおこなってくれますので、少しでも買取に出そうを考えているのであれば、まずは査定に出しましょう。 買取相場と査定額を見比べて、納得できなければ売る必要はありませんし、見積りを確認してから売るかどうかを決めれば問題はありません。

見積り額の連絡が来る

査定の依頼を出せば、数日以内に電話かメールで査定の見積額が提示されます。買取相場と見積り額を見比べながら買取に出すかを決めますが、この際ひとつの業者だけで査定を済ませるのはよくありません。 同じ車でも査定額は業者によって違っていますし、必ず複数社から見積もりを出してもらうことが大切です。買取相場に加えて業者ごとの見積もり額を比較して、最終的な売却先を決定しましょう。

車買い取りの見積もり額をアップさせるコツ

車の見積り額はメーカーや車種、年式やグレードなど、さまざまな条件によって変化しますが、査定時の参考になるのはこれらだけではありません。他にもさまざまな要素を複合的にみて最終的な見積り額は決まりますので、何が評価されているのか、どうすれば見積り額が上がるのかを知っておくことが大切です。 見積り額を上げるためにはコツがありますので、それらを踏まえて査定に出し、少しでも金額アップを狙いましょう。

車の良いところを伝える

見積り額をアップさせるには、愛車がいかに優れているかのアピールが大切です。状態のよい車、装備が整った車であれば業者も高値で買い取ってくれますし、積極的に買い取るメリットを提示しましょう。 査定士は細かく車をチェックしていますが、アラウンドビューモニターやドライブレコーダーなど、気づくにくい部分もあります。ぱっとみただけでは分からない装備は自ら積極的にアピールして、見積り額のアップを目指しましょう。

タイヤは夏用と冬用を持ちこむ

見積り査定では車本体だけではなく、付属の装備なども評価の対象です。そのため、付属の備品である取り換え用のタイヤも評価されますので、夏用と冬用を持ち込むことが大切です。タイヤはどちらか一方が欠けてしまうと、見積もりが減額されてしまう可能性が高いので、必ず両方揃えなければなりません。 アルミは純正ホイルの方が見積額もアップしますので、それもあれば持ち込み、積極的にアピールしましょう。

ワックスをかけて見た目をよくする

車の査定額は見た目のきれいさにも影響されますので、ワックスをかけるなど、見た目をよくする工夫も大切です。きれいに清掃され、手が行き届いている車は、査定士にもよい印象を与えますし、見積り額のアップも期待できます。 清掃や整備が行き届いている=大切に使っているという印象を与えますし、状態がよい印象を与えられますので、必ずきれいにしてから査定に出しましょう。

車買取見積もりを依頼する時の注意点

見積り額をアップさせるコツはさまざまありますが、買取に出す際にはそれだけではなく注意点もあります。注意点が守れていないと見積り額を減額されてしまったり、損をすることもあるので気をつけなければなりません。愛車をお得に、かつスムーズに買い取ってもらうためにも、査定時の注意点もきちんと理解しておきましょう。

車の情報は正確に伝える

査定に出す際には車の情報を伝えますが、これは細部まで正確に伝えなければなりません。たとえば車種やグレードなどは、ひとつでも違うと査定価格が大きく変わってしまいますし、間違えて伝えてしまうと正確な見積り額が分からなくなります。 見積り額と実際の買取金額に差が出てしまいますし、適正価格で納得して買い取ってもらうためにも、情報は間違いなく伝えましょう。

修復歴は正直に話す

事故を起こして車の骨格部分にあたる部分を修理している場合は、修復歴ありとなり、買取時の金額は大幅に下がります。修復歴の有無は査定額に大きく影響しますが、少しでも高く売りたいからといって、これを隠そうとするのはNGです。 修復歴を隠して買い取ってもらうと、後々トラブルに発展する可能性もありますし、査定段階で修復歴を見抜かれてしまい、印象が悪くなる場合もあります。査定士からの印象が悪いと、見積り額にも影響しますし、余計なトラブルを避けるためにも、修復歴は隠そうとせず、正直に伝えましょう。

傷やへこみは修理しない

査定額アップを狙うには、車は少しでもきれいにしておいた方がよいですが、これは清掃や手入れなどに関してのみいえることです。きれいにするからといって、傷やへこみまで修理する必要はなく、修理すれば損をすることがほとんどなので注意しましょう。 修理をすれば査定額は上がりますが、増額はほんの少しであり、増額分と修理代を比べれば修理代の方が高くつくことがほとんどです。傷やへこみによる減額もそれほど大きくはありませんし、修理代がかさんで損をするので、修理はせずにそのままの状態で査定に出しましょう。

見積もり内容をよく確認してから売却を検討しよう

愛車を買い取ってもらうためには、まずは査定に出します。査定によって見積り額が決定しますが、上手に買い取ってもらうためには、見積り内容を細かくチェックすることが大切です。業者によって見積りの金額や内容は違いますので、複数社比較し、もっとも納得のいく金額を提示した業者に買い取ってもらいましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト