中古車売却 中古車買取 コラム

車買取

買取・売却

下取りと買取の違いは?どっちがお得?メリット・デメリットも解説

更新日:

車を買い替える際、今乗っている車をディーラーに下取りに出すか、中古車買取業者に買取に出すか迷う方は多いかと思います。
ここでは、下取りと買取の違いや、それぞれのメリット・デメリットなどについて詳しく解説していきます。下取りと買取で迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

下取りと買取の違いとは?

並んだ車

まずは、下取りと買取にはそれぞれどのような特徴があるのか、どのような違いがあるのかについて見ていきましょう。

中古車の下取りとは?

車の下取りとは新しく車を買い替える際、新車を購入するディーラーに今まで乗っていた車をそのまま引き取ってもらうことを言います。ディーラーに売却して得た下取り金は、そのまま新しく購入する車の購入資金に充てられます。そのため、下取りは新しく車を購入することが条件となり、車が不要になったから手放したいなどといった場合は利用することができません。
下取り価格は新しい車の購入金額に合わせて交渉することになり、ディーラーから提示される下取り価格に納得したら、必要書類を提出してディーラーに車を引き渡すことになります。

中古車買取とは?

車の買取とは、中古車買取業者などの買取専門店に車を売却することです。新しい車を購入することが条件にはならないため、車が不要になった場合などでも自分のタイミングで売却することができます。一般的に中古車買取業者は、車種や年式、走行距離はもちろんのこと、車の傷や修復歴の有無、オプションやグレードなどを総合的に判断し、中古車市場での価値をもとに買取金額を付けるため、下取り価格よりも高値になりやすいのが特徴です。
中古車買取業者に買取に出す際は査定をしてもらい、中古車買取業者が提示する買取金額に納得したら、必要書類を提出して車を売却することになります。

中古車を下取りに出すメリット

merit

車をディーラーに下取りに出すメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

手続きにかかる手間を省くことができる

車を下取りに出す一番のメリットは、今乗っている車を手放す際にかかる手間を省けるという点です。車を買取に出す場合は自分で中古車買取業者を探す必要がありますが、下取りに出す場合、新車を購入する際に下取りに出したい旨をディーラーに伝えるだけで、ディーラーがその場で査定をしてくれます。そのため、中古車買取業者を自分で探したり、複数の業者から取った見積もり金額を比較する必要はありません。また、必要書類の手配や名義変更の手続きなども全てディーラーが代行してくれるので、手続きにかかる手間も省くことができます。
下取りは新車を購入するディーラーにそのまま全てを任せることができるので、手間や時間をかけたくない方におすすめです。

新車の値引き交渉と併せて下取り価格の交渉ができる

車を下取りに出す場合、新車の値引き交渉と下取り価格の交渉を同時に行うことができます。さらに、新車の値引き額が限界の場合でも、下取り価格を上げることで実質値引きをしてくれることもあります。
車を買い替える際、新車の値引き交渉と今乗っている車の買取価格の交渉を別々に行うのが面倒な方は、同時に価格交渉ができる下取りがおすすめです。

新車の納車日まで車に乗り続けられる

人気車の場合、納車に3ヶ月~6ヶ月ほどかかることもありますが、車を下取りに出す場合は新しく購入した車が納車されるまでの間、車に乗り続けることができます。中古車市場の相場は目まぐるしく変化しているため、中古車買取業者の場合、契約時点の価格で買い取るためにはすぐに車を引き取る必要があり、納車日まで待ってもらえないこともあります。業者によっては代車を貸し出してくれたり、引き取り日の融通をきかせてくれることもありますが、車を日常的に使用している場合、ディーラーの下取りだと確実に車を使用し続けることができるため安心です。

中古車の下取りのデメリット

demerit

では、車を下取りに出すデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

下取り金額は買取金額よりも安い

下取りは新しい車を購入することが条件となるため、値引きなどの新車販売価格の調整分によって最終的な下取り価格が決定されます。そのため、中古車市場で需要の高い車種や人気の装備などが付いている場合でも、下取り価格がプラスされる要因にはなりにくいです。また、ディーラーは車を買い取った後の販路が少ないため下取り価格を高くしづらいことや、下取りには競合がいないため価格競争をする必要がないことなども、下取り価格が低くなりやすい要因となっています。
下取りはディーラーが新車購入をスムーズに行うための手段となることも多く、単純な車の価値だけで下取り価格が決まるのではなく、ディーラーが値引きをしてもよいと考えた範囲内での下取り価格を提示されることがほとんどです。ディーラーの業務はあくまでも新車を販売することであり、下取りではできるだけ損失を出さないようにすることが第一であるため、買取よりも安くなる傾向にあるのです。

下取り価格は不透明な部分がある

ディーラーに下取りに出すと、新しい車の値引き交渉と手放す車の下取り価格の交渉を同時に行えるメリットがあるとお話ししました。しかし、同時に交渉ができるということは、ディーラーからすれば新車の値引き額と下取り価格の調整ができてしまうことになり、下取り価格が不透明になってしまうというデメリットにもなり得ます。
ディーラーの下取り価格は基本的に、車そのものの価値で値段が決められるのではなく、新車をどこまで値引きできるかを基準として決められることが多いです。そのため、購入する車の値引き可能額が25万円だったとしても、値引きの限界が10万円、残りを下取り価格に15万円上乗せするなどと言われる場合があります。下取り価格を上乗せするなどと言われると一見得をしたように感じるかもしれませんが、本来の値引き可能額と買取価格の相場よりも安い価格を提示されていることになります。
下取りに出す場合は、新車値引き額と下取り価格のどちらかだけを見て判断するのではなく、両方の価格を総合的に判断する必要があります。提示された下取り価格が本当に適正なのか、中古車市場での相場を知るためにも、中古車買取業者に一度査定に出すことをおすすめします。

下取り金の使い道は新車の購入のみ

車を乗り換える場合、今乗っている車を売却して受け取る買取金は、新しい車の購入資金に充てることがほとんどだと思います。とはいえ、中古車買取業者に買取に出した場合、買取金は現金で受け取ることができるため、必ずしも新しい車の購入資金に充てなければならないわけではありません。しかし、下取りの場合は下取り金額をそのまま現金で受け取るのではなく、自動的に新車の購入資金に充てられることになるため、自由に使うことはできません

中古車買取のメリット

メリット

車を下取りではなく、中古車買取業者などに買取に出すメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

買取価格が下取り価格よりも高くなりやすい

車を中古車買取業者に買い取ってもらう一番のメリットは、下取り価格よりも買取価格の方が高くなりやすいという点です。車の買取が専門の中古車買取業者は車を買い取った後の販路が豊富なため、より高く売れる販路を選ぶことができ、高価買取へとつながりやすいのです。また、中古車買取業者は業者同士でシェアを争うことができるため、価格競争が起こることによって買取価格が高くなりやすい傾向にあります。
場合によっては、ディーラーの下取り価格と中古車買取業者の買取価格の間に数十万円もの差が生じることもあります。また、中古車買取業者は販路の違いによって高く買い取れる車種なども異なるため、複数の業者から見積もりを取り、その査定額を比較することをおすすめします。

ポイント

中古車買取業者によって買取後の販路は異なりますが、海外への販路を持つ業者を選ぶことで、さらなる高価買取を目指すことができます。これは、海外では車は修理しながら長く乗るものだと考えられているため、日本ではほとんど値段が付けられないような低年式・過走行の車であっても、高値で取引されることもあるためです。海外への販路があるかどうかは中古車買取業者のホームページなどに記載されていることも多いため、事前に確認しておいてもいいでしょう。
カーネクストは海外への輸出ルートを持っているため、海外で人気の車種であれば高価買取につながりやすくなっています。一度査定額をご確認ください。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

買取金額は中古車市場の相場を反映している

中古車買取業者の買取金額は業者間での中古車オークションの相場をもとに、買取ができる最高価格を基本として買取価格を算出することがほとんどです。また、中古車市場の相場はオークション会場や地域によって差が生じますが、全国対応の中古車買取業者であれば全国の中古車買取相場をもとに基本価格を決めることができるため、高価買取につながりやすくなっています。こういった理由から、中古車買取業者は中古車市場のリアルタイムの相場を買取価格に反映することができ、グレードやオプション、エアロやアルミホイールの価値まで判断して買取価格を付けてくれます

買取金を自由に使うことができる

買取の場合は下取りとは異なり、新車の購入が前提となるわけではないので、買取金額を現金で受け取ることができます。買取金が自動的に新車の購入費用に充てられることもないため、買取金の使い道は自由になります。まとまった現金が必要な場合や車が不要になった場合などは、買取に出すことをおすすめします。また、新車購入が前提にならない買取の場合はディーラーとは異なり、新車ではなく中古車を購入したり、様々な販売店を見ることが可能になるため、次に購入する車の選択肢を広めることができます

中古車買取のデメリット

デメリット

最後に、車を買取に出すデメリットにはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

手間がかかる

下取りでは査定や売却の手続きなどを全てディーラーに任せることができますが、中古車買取業者に買取に出す場合、自分で業者を探し、見積もり金額の比較などを行う必要があります。また、中古車買取は実車査定が必要なことも多く、何社かに査定を依頼した場合は複数の業者に実車査定をされることになるので、その分の手間や時間もかかることになります。さらに、乗り換えの場合はディーラーと中古車買取業者の2店舗とやり取りをする必要があるため、手続きの手間も増えることになります。

ポイント

カーネクストでは、買取の際に必要となる面倒な手続きも全て無料で代行いたします。さらに、カーネクストはお電話一本で査定から契約までの全てが完結するので、面倒な実車査定の必要がなく、忙しい方でも手軽に査定することができます。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

納車日まで引取を待ってくれない場合がある

下取りでは新車の納車日まで車を使用することができますが、買取の場合、その時点での中古車市場の相場で買い取るため、納車日よりも早く引き取られることがあります。この対応は業者によって異なり、納車日まで代車を貸し出してくれる場合や、納車日に合わせて引き取ってくれる場合もあるので、事前に確認しておくようにしましょう。

ポイント

カーネクストでは、お客様の納車日に合わせてお車を引き取ることが可能です。引取日が先になる場合でも、買取金額は契約時のままで買取できることもございますので、ぜひ一度ご相談ください。

下取りと買取、どちらを選ぶべき?

今乗っている車をディーラーに下取りに出すか、中古車買取業者に買取に出すかは、車を売却するにあたって何を一番重視しているかで決めましょう。買取金額が高いかどうかよりも、とにかく手間と時間をかけたくないという方は、新車の購入と車の売却を一度に行うことができるディーラーの下取りを利用することをおすすめします。多少時間や手間がかかっても、少しでも高く車を売りたいという方は、中古車買取業者に買取に出すことをおすすめします。また、乗り換えではなく車が不要になったなどの理由で手放す場合も中古車買取業者を利用しましょう。下取りに出す場合でも、下取り価格が正確であるかを確かめるために、中古車買取業者の査定額も知っておくことをおすすめします。
カーネクストでは、お電話一本で査定から契約までが全て完結するため、手間をかけずに車を高く売ることができます。ぜひ一度お問い合わせ下さい。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト