中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車にかかるお金には何がある?|費用を抑える方法もご紹介

更新日:

廃車手続きにはさまざまな項目で費用が必要になり、どの廃車方法を利用されるかでも合計金額は変わってきます。しかも車の状況や購入時の状況次第でも、費用が必要になるならないが異なりますので、ここではそういった点と併せて、費用を抑える方法もご紹介いたします。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車にかかる費用の種類とおおよその金額

廃車にはさまざまな費用が必要であり、種類はひとつだけではありません。複数種類の費用を合算して、最終的に必要な金額となりますので、費用の種類とそれぞれにかかる金額の相場を知っておきましょう。

車の運搬にかかる費用

廃車するためには業者に車を持ち込む必要があり、自走できない車はレッカーで移動する必要があります。運搬費用は1万円程度であり、移動距離によって金額は異なるので注意しましょう。業者によっては無料で引き取りサービスをおこなっていることもありますので、サービス内容を確認しておくことが大切です。また自走が可能で持ち込む場合は無料ですし、自分でけん引して持ち込む場合でも運搬費用はかかりません。

車の解体にかかる費用

廃車でも永久抹消登録をおこなう場合には、車の解体が必要ですが、費用としては1万円から2万円程度です。依頼する業者によって若干の違いはあるものの、相場としてはそれほど大きくは変動しません。また業者に買取に出したり、一時抹消登録で廃車にする場合は、解体が不要ですので、費用をかけずに廃車できます。

車種ごとのリサイクル料金

解体する場合は解体費用だけではなく、リサイクル料金も必要な場合がございます。車のリサイクル料金は車種ごとに決まっており、軽自動車の場合は7,000円から1万6千円普通車の場合は1万円から2万円程度が目安となっています。通常はリサイクル料金は新車購入時や車検時に事前に支払っていることが多く、支払い済みなら廃車時には再度払う必要はありません。しかし、リサイクル法の制定は平成17年から開始ですので、それ以前に購入された車で、なおかつそれ以降にリサイクル券の支払いの機会がなかった方は、廃車のタイミングで支払いが必要になります。

抹消登録の代行にかかる費用

廃車の抹消登録は書類上の手続きであり、これは行政書士や代行業者に依頼できます。代行依頼をした場合は、2,000円から1万円程度の費用が必要です。依頼先によって費用は異なりますので、手数料が少しでも安い業者を探すことが大切です。もちろん、自分自身で陸運局に手続きに行く場合は、印紙代の350円のみで済ますことが可能です。

廃車に必要な費用を抑える方法

廃車時にはさまざまな費用が必要ですが、これは工夫次第で抑えることができます。上手に廃車をおこなえば、ほとんど費用をかけずに済みますし、場合によってはプラスの利益が出ることもあります。費用を抑える方法を知って、お得に廃車手続きをおこないましょう。

廃車を買取業者に依頼する

廃車は業者引き取りで処分してもらう場合は費用がかかりますが、処分ではなく買取であれば、反対にお金がもらえます。廃車専門の買取業者は数多く存在しますし、ボロボロの車でも買い取ってもらえる可能性は高いです。

弊社カーネクストは中古車買取と廃車買取の両方が可能です。

廃車買取の際には、買取金額から廃車費用を差し引いて計算することも多いですが、それでもプラスになるケースは多いです。廃車専門業者の中でも、海外に販売ルートを持っていれば特に高価買取が期待できますので、利用する業者は細かくチェックしておきましょう。日本では価値がないとされる車でも、海外なら高く売れることも多いので、廃車の場合はまずは買取ができないか査定に出してみることが大切です。

自分で廃車の手続きを行う

行政書士などに陸運局での手続きを代行依頼されると、一番無駄とも言える費用が発生してしまいます。なので、手続きをすべて自分でおこなえば、一時抹消登録なら登録手数料の350円分の印紙代、永久抹消登録なら無料で手続きが完了します。廃車は普通車であれば運輸支局、軽自動車なら軽自動車検査協会でおこないます。手続きの完了までに時間も手間もかかりますが、その分費用は格段に安く抑えられます。

還付金を受け取る

抹消登録をおこなえば、自動車税や重量税の還付が受けられ、重量税は永久抹消登録の場合のみで、廃車時の車検の残存期間によって還付金額が変動します。自動車税は一時・永久抹消登録どちらの場合でも受け取れますが、廃車した翌月から次の3月までの期間を月割で計算して、還付金額が決定します。そのため3月に廃車した場合は、還付金はゼロになるので注意しましょう。また税金の還付だけではなく、自賠責保険料も有効期限が残っていれば、解約返戻金としての還付金が受けられます。保険に関しては、廃車手続きとは別の手続きですので、廃車のあと自身で保険会社に連絡して、還付金の請求をおこないましょう。

廃車にかかる費用を抑えて無駄な出費をなくそう

廃車時にはさまざまな費用がかかりますが、これは工夫次第で抑えることができます。少しの工夫で廃車はお得に済ませられますし、場合によってはプラスになることもあります。費用を抑える方法を理解して、上手に廃車手続きを進めましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト