中古車査定なら中古車買取の実績多数・年中無休の「カーネクスト」

中古車買取に関するコラム | カーネクスト

買取

愛車の買い取りを高くする方法|ポイントを押さえて買い換えの資金に

更新日:

車を高く売るためには買い取り相場を知ろう

愛車を買い取りしてもらう際に重要なのは、「買取相場」をリサーチし適正価格を知ることです。せっかく高額で買取してくれる愛車でも、相場を知らなければ安い価格を提示されても判断できません。 買い叩かれを回避するためには、買取相場を知ることがとても重要なのです。今回は、そんな愛車を高価買取してもらう方法をご紹介していきます。

 

車の買取相場の調べ方

ネットの中古車買取相場サイトで調べる

まずは「中古車買取相場サイト」を使って、愛車の買取相場をリサーチしてみましょう。ネットが普及した現代では、中古車買取相場サイトがとても便利です。スマホ等にも対応しているので、ちょっとした隙間の時間に買取相場をリサーチすることができます。 どのサイトを利用するかは、「通常買取」「下取り」どちらで買取依頼をするかで決定します。買取は、買取のみを依頼する場合を指します。依頼する業者は中古車販売店です。 それに対して下取りは、新車を購入する費用に買取してもらった評価額分を値引きすることをいいます。ディーラーから新車を購入する際に利用します。 いずれのサイトも、車種、年式、走行距離等から買取価格を算出する仕組みです。最も手軽で速いので、ぜひ活用しましょう。

ディーラーや中古車買取店に見積もりを依頼

中古車買取店に直接見積もりを依頼する方法です。見積もりをしてもらった後は大きな価格変動が少なく、価格に納得できなければ販売する必要もありません。また、ディーラーでは買取を拒否されてしまうような車でも、比較的高めの価格で買い取ってくれる可能性もあるのです。 気をつけて欲しい点は、中古車買取店側は「安く買ったほうが儲かるため、買い叩かれる恐れがある」点です。しっかりと相場を把握して、安価で買取されないように注意しましょう。

ディーラーや中古車買取店のメリット

ディラーや中古車買取店での見積もりの一番のメリットは、手間がかからない点があげられます。書類や手続きなどの作業は業者側で一括で処理してもらえるため手間が省けます。

ディーラーや中古買取店のデメリット

一方デメリットは、ディーラーへ見積もりを出す場合、車買取店や買取専門店へ売るのに比べると低い査定価格になってしまう点です。また、下取りには出張査定サービスがない点もデメリットとしてあげられます。

 

車の高価買取査定のためにするべきこと

メンテナンスノートを用意する

メンテナンスノートとは、整備記録簿と保証書がセットになった書類です。整備記録簿は、法定点検整備やリコール等の整備記録を行ったことを証明することができます。 また、オイル交換など日々のメンテナンスも記載されるため、日々の整備がちゃんと行われているかが証明できれば高額買取にも繋がるのです。

カスタマイズは元の状態に戻す

カスタム車は、一般的に標準車よりも買取価格が安くなってしまう場合が多いとされています。特に社外品パーツを多く使用している場合は注意が必要です。 しかし、メーカー純正のパーツや知名度のあるアルミホイール等は価格が上がる場合もあるので、純正に戻すか否かは査定を行ってから業者と相談すると良いでしょう。

高く売れる時期に合わせて査定する

中古車には、高く売れる繁盛期が存在します。それが1月~2月、9月です。新年度が開始する3月、転勤や転職が多い9月は最も車が売れるので、その時期に合わせて1月~2月は買取を強化する傾向にあります。さらに3月と9月は買取店の決算を迎え市場が大きく動くので、買取も強化されます。

車内を綺麗にしておくと好印象

車内が清掃されているかは査定のチェック項目にはありません。買取後、専門業者が徹底的に清掃するので、価格には直接影響しません。しかし、「間接的」に影響する恐れがあります。 買取業者の担当者から見た印象はとても大切です。「この人はガサツだから、車のメンテナンスもしてないだろう」などと思われては、価格にも影響してしまいます。簡単な清掃、消臭、シール剥がしなどはあらかじめおこなっておくことをおすすめします。

事故歴や故障の申告は隠さない

事故歴や故障履歴は、隠さないほうが高額査定に繋がる可能性が高くなります。信頼性のない不透明な車は、販売する側もリスクとなってしまうためです。 車の買取は、担当者との信頼関係がとても重要です。事故歴や故障履歴はきちんと申告しましょう。

 

査定士は査定時にどこをチェックする?

査定に大きく反映される外装

一番目につく外装は査定時に最も注視されます。人気のあるボディカラーは高く買い取られる傾向ですので、該当する方はぜひ自信を持って査定してもらいたいですね。また、査定価格を高くするために自分で修理をする方もいます。実は、修理をしても、その修理費は査定価格には反映されません。場合によっては結果的に損をすることもあるので注意しましょう。

細かい部分もしっかり確認したい内装

シート、フロアマットなどの内側の部分は査定士が目を光らせる点です。これらの備品の汚れがひどい場合交換が必要であると判断された場合は査定価格が大幅に下がってしまうこともあります。また、タバコなどのユーザー特有のにおいがついている場合も査定価格を下げるポイントになります。

意外なポイントである走行距離の長さ

車を査定に出す際、意外なチェックポイントが走行距離の長さです。普通車で約100,000km、軽自動車で80,000kmを越えている場合は査定価格が下がる傾向にあるので確認してみましょう。

裏側まで忘れずに!エンジン周り

車の内側の装備も査定されるポイントです。エンジンの異音をはじめ、オイル、プラグの状態、改造パーツの有無、修復歴の有無などが確認されます。エンジンをオーバーホールしたり、載せ替えたりしている場合、申告をすることで査定価格が上がることもあります。

 

車は下取りよりも買取りがお得な理由

結果的に、車は下取りに出すよりも買取にしたほうが良い傾向にあります。懇意にしているディーラーなどがいない限り、買取に出したほうが断然おすすめです。 この項目では、その理由を解説していきます。

中古車相場の動きをリアルタイムに取得できる

新車販売のディーラーは、市場動向をリアルタイムに把握することはとても難しいです。市場動向を把握していない場合、高額で買取することがリスクになってしまうため、査定が低くなってしまいます。 その点、中古車販売会社は市場動向をとてもシビアにチェックしています。例えば、人気ボディカラーだったり、冬季や雪国では4WD車が人気だったりなど、車種、季節、地域のトレンドが買取価格にも反映するため、高額で買取することができるのです。

販路が多いからすぐに売却できる

ディーラーの多くは下取りした車を展示場に展示して販売します。その為、販売するまで時間がかかってしまい、市場動向を価格に反映することが難しくなってしまいます。 その点、中古車販売会社はオークション販売、自社店舗販売等の販路が多く、買取後直ぐに販売することが可能です。在庫をしていないため、市場動向をすばやく買取価格に反映することができます。

低年式や走行距離が長くても高く買い取ってもらえる

ディーラーに下取りに出す以外にも、低年式や走行距離が長くても買取をしてくれる業者はたくさんいます。また事故車や修復歴のある車両でも廃車にするのではなく、買取してくれる業者を探すことで売ることができます。低年式車や走行距離が長い車を売るならこちらのサイトがおすすめです。

 

まとめ

今回は愛車を少しでも高く売る方法をご紹介しました。ここで紹介した秘策を実践して、愛車を少しでも高値で買取してもらいましょう。 その上で注意して欲しいのが、「自動車買取は信頼関係の上になりたっている」ということです。買取担当者も人間なので、隠し事やマナーに反することをすると、チェック項目に無くても査定に影響してしまいます。その点をしっかりと踏まえて、価格交渉に挑んでください。

-買取

Copyright© 中古車買取に関するコラム | カーネクスト , 2020 All Rights Reserved.