中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

車を廃車にするには?必要書類やおすすめの方法を紹介

不要な車を処分するには、廃車の手続きをしなければなりません。しかし、車を廃車にするにはどのような手続きが必要なのかが分からず、困っている人も多いでしょう。 廃車の方法は複数あり、自分に合ったやり方を選ぶことが大切です。廃車手続きの基本的なやり方を知って、スムーズに愛車を処分しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車の手続き方法はひとつではない

まず知っておきたいのが、廃車の方法はひとつではないということです。廃車は大きく分けても2種類あり、どちらを選ぶかで廃車後の車の扱いが違ってきます。廃車とはそもそも車の名義を取り除く手続きであり、方法によって名義がどのように消去されるかが異なると考えましょう。

永久抹消登録

永久抹消登録は、解体処分を伴う廃車方法です。車の名義を永久に取り去る方法で、廃車後は二度とその車に乗ることはできません。手続きをするには先に車を解体しなければならないため、完全に処分したい人におすすめの方法です。 また、事故や災害などで車がスクラップになった、あるいはなくなってしまった場合も、永久抹消登録で廃車手続きを行います。

一時抹消登録

一時抹消登録は車の名義を一時的に消去する廃車方法で、解体なしで手続きができます。廃車完了後も車は残るため、名義を復活させて使用を再開することも可能です。 一時抹消登録をしておくと、自動車税が課税されないため、長期間使用する予定がない場合に用いられることが多いです。また、車体が残るため売却や譲渡も可能で、廃車後に車を活用する場合も、一時抹消登録を選びます。

業者に依頼して廃車にする場合

廃車は業者に依頼して代行してもらうことが可能で、費用がかかる分、スムーズに手続きを終えられます。業者に依頼する場合は、まずは利用する業者を探し、廃車の方法を選択します。永久抹消登録なら車を引き渡し、一時抹消登録なら書類上の手続きだけを済ませて、廃車の手続きを進めてもらいましょう。 業者が代行して廃車手続きをする場合は、必要な書類を渡すだけでやることは終わります。業者に依頼する際に必要な書類は、主に以下の通りです。

  • 車検証
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • ナンバープレート前後2枚

必要書類を提出した後は、業者から廃車完了の報告を受けるまで待ちます。廃車完了の証明書は、事前に申し出ておかないともらえない場合もあるため、必要な場合は伝えておきましょう。廃車完了後は還付金の受け取りも済ませ、手続きは全て終了です。

自分で廃車にする場合

廃車は業者に依頼するだけではなく、自分で行うことも可能です。業者に依頼すると代行手数料がかかる場合もあり、1万円程度が相場です。自分で行うなら、代行手数料分は確実に抑えられるため、全体的なコストは安く済ませやすいでしょう。 一見難しく思える廃車手続きですが、流れを知っているなら難しくはありません。一時抹消登録と永久抹消登録で手続きの流れは若干違うため、それぞれの違いを把握しておきましょう。

一時抹消の流れ

一時抹消登録を行う場合は、必要書類を持って運輸支局に行き、窓口で提出するだけで完了します。主な必要書類は以下の通りです。

  • 車検証
  • 印鑑証明書
  • ナンバープレート前後2枚
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

ナンバープレート前後2枚までのものは、全て自身で用意します。手数料納付書以下の書類は、当日運輸支局で手に入るため、窓口で入手し、記入後提出しましょう。記入の方法は窓口でも教えてもらえるため難しくはありません。一時抹消登録の手数料は350円であり、窓口で印紙を購入して、書類と一緒に提出しましょう。

永久抹消の流れ

永久抹消登録の流れも、基本的には一時抹消登録と同じで、必要書類を持って運輸支局の窓口で手続きを行います。違うのは必要書類の内容と、事前に解体が必要な点です。永久抹消登録は解体した車の名義を抹消する手続きのため、先に解体を済ませておかなければなりません。必要な書類は、主に以下の通りです。

  • 車検証
  • 印鑑証明書
  • ナンバープレート前後2枚
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書
  • 自動車税、自動車取得税申告書
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き

必要書類の細部は違いますが、事前に集める書類はほとんど同じです。窓口で入手する書類の種類が違うため、それだけ間違えないように注意して手続きを進めましょう。永久抹消登録は、手続きに手数料がかからないため、書類を提出するだけで申請は完了します。

自分で廃車するのに必要な費用

廃車するのに費用がかかりやすいのは永久抹消登録であり、これは解体費用や業者への車の引き渡しに費用がかかるからです。廃車手続き自体は無料なものの、解体費用で1~2万円程度、車の引き渡しでも1万円程度はかかります。 業者によってはそれぞれ無料で行うこともあるため、コストを抑えたいなら利用先の業者をじっくり選定することが大切です。一時抹消登録の場合は、手数料350円だけで、基本的には他に費用はかかりません。

廃車専門業者へ依頼するのがおすすめな理由

廃車は専門業者に依頼するのがおすすめで、特に買取と廃車手続きの両方をやってくれる業者を選びましょう。専門業者なら廃車手続きを代行してもらい、かつ車を買い取ってくれます。通常処分には費用が掛かりますが、買取なら費用はほとんど発生せず、買取金額と相殺して、プラスになることも多いです。 業者によっては、車の引き取りから廃車手続きまで無料で行うことも多く、好条件で買い取ってもらえる場合もあるため、おすすめ度は高いです。

自分に合った方法で廃車にしよう

車を廃車するなら、ただ手続きを完了させることを考えるだけではなく、自分に合った方法を選びましょう。方法を工夫することで、よりスムーズかつお得に廃車が完了します。どの方法が良いかは人によって異なるため、状況に合わせて適切な手段を用いて廃車を完了させましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト