中古車売却 中古車買取 コラム

車とカギ

買取・売却

事故車や不動車を買取してもらうには。上手な業者の選び方

更新日:

廃車寸前の「事故車」や「不動車」は、価値がなく、処分するしかないと考える人も多いでしょう。しかし、これらの車にも価値は眠っており、買取に出してお金に換えることも可能です。事故車や不動車でもお金になるため、すぐに処分せずにまずは買取査定に出しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

事故車や不動車を買取してもらえる理由

事故車や不動車でも買い取ってもらうことはできますが、なぜ買取が可能なのか疑問に思う人は多いでしょう。買取業者は当然ボランティアでやっているわけではないため、車を買い取るなら利益が出なければなりません。 つまり、業者がお金を出してでも事故車や不動車を買取するのは、それが利益に繋がるからです。業者がどのように利益を得ているのかを知り、事故車や不動車の価値を知りましょう。

海外で需要があるから

国内では廃車寸前の車は価値がないとされていますが、海外では走りさえすれば需要があるため、多少状態が悪くても売却できます。特に日本車は海外で人気が高く、事故車や不動車といったいわくつきの車でも、高値で取引されることが多いです。 これらの車は国内で安く仕入れ、海外で高く売れるため利幅も大きく、海外輸出によって大きな利益を得ている業者も少なくありません。

解体して部品として売ることができるから

修理をしても動かない、あるいは修理に費用がかかりすぎて直すメリットがない車でも、解体して部品を取り出せば、それを販売して利益を出すことが可能です。事故車や不動車といっても、すべての部品が故障しているとは限らず、使えるパーツが残っていることも多いです。 走行できず車としての価値を失った場合も、個々の部品で見れば価値は十分に高く、使える部品が多いほど買取金額も高くなります。完全に壊れて使えない部品でも、リサイクルで素材にして再利用も可能なため、どのような状態の車でも完全に価値がなくなるわけではありません。

純正パーツに価値があるから

「ボディ」や「バンパー」など、純正パーツが綺麗な状態で残っている場合は、価値が高いため買取が可能です。純正パーツは質の高い修理をするには必須の部品であり、パーツそのものの価値が高いです。加えて手に入りづらい珍しい車種なら付加価値がつくため、一部のパーツだけでも高値で取引されることもあります。激しく損傷している車でも、純正パーツが綺麗に残っているなら、高額査定が期待できる場合もあります。

事故車や不動車の買取をしている業者

事故車や不動車を売却するには、これらを買い取ってくれる業者を探さなければなりません。ディーラーや通常の中古車買取店では値がつかなかったり、買取を拒否されたりすることも多いため、車の状態に合わせた適切な買取業者を選びましょう。

スクラップ工場や自動車解体業者

スクラップ工場や自動車解体業者は、鉄くずや部品の値段で買い取ってくれます。自走できるかは問題ではなく、「金属部分が多いか」「再利用できるパーツが多いか」によって価格は決定します。鉄くずとして売る場合は、車の重量によって金額は決まり、軽自動車なら1万円未満、普通車で2万円未満程度が相場です。 鉄の相場価格も影響しますが、変動はそれほど大きくないため、買取に出す時期はそれほど考えなくてよいでしょう。鉄くずとして売る場合は、車の状態はほとんど関係しないため、極端に言えば廃車寸前でも新車でもほとんど同じ買取価格です。

事故車専門の買取店

買取業者の中には、「廃車専門」「事故車専門」があり、これらの買取店なら通常値段を付けてもらえない車でも、買い取ってもらえる可能性があります。少なからず金額を付けてもらえるのはもちろん、車種や状態によっては高値で買い取ってもらえることもあります。 車の状態に買取金額が左右されやすいため、少しでも高値で売りたいなら、解体業者ではなく、買取業者に出すのがおすすめです。

事故車や不動車の買取業者を上手に選ぶには

事故車や不動車を上手に売却するには、買取業者の選び方が重要です。同じ状態の車でも、業者ごとに買取金額は異なります。より有利な条件で売却するためにも、業者の選び方のポイントを知っておきましょう。

海外との取引のある業者を選ぶ

少しでも高値で買い取ってもらうには、海外との取引のある業者を選ぶことが大切です。海外への輸出ルートを持っていると、国内では売れない車でも売却できる可能性があるため、買取はしてもらいやすく、高値になる可能性も高いです。 販売ルートの広さは、そのまま買取の可能性の高さに繋がるため、国内外に広く販路を持つ業者を選びましょう。

無料で出張査定してくれる業者を選ぶ

自走できない車を売却する場合は、無料で出張査定してくれる業者を選びましょう。出張査定をおこなう業者は多いですが、出張料や査定料が別途かかる業者もあるため注意が必要です。出張査定に費用がかかると、買取が成立しなくてもお金を払わなければならず、もったいなく感じることで不利な条件でも妥協して売ってしまう可能性があります。 出張無料の業者なら気兼ねなく断ることができ、出張だからといって持ち込みの場合と査定額が変わるわけでもありません。レッカーを使って業者に持ち込むのも費用がかかるため、自走できないなら無料の出張査定がおすすめです。

異様に高い査定額を出してくる業者は避ける

同じ買い取ってもらうなら、少しでも高値で売れたほうがよいですが、異様に高い査定額を提示する業者には注意が必要です。高い査定額に飛びつき契約すると、契約後に問題が見つかったと文句を付けられ、当初の査定額から大幅に減額されることもあります。 高い金額で釣って、後から査定額を下げて安値で買い叩こうとする悪質な業者もいるため、不自然な金額設定には注意が必要です。トラブルを回避して売却するには、相場価格を知ることが大切なため、複数社に査定してもらい、それぞれを比較して納得できる金額を提示した業者を選びましょう。

事故車や不動車を賢く売ろう

事故車や不動車も買取に出すことは可能であり、業者の選び方によっては高額査定を期待できる場合もあります。処分するだけが方法ではないため、諦めずに査定に出し、少しでもよい条件で、愛車を売却しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-,

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト