中古車売却 中古車買取 コラム

車と男性と書類

買取・売却

故障車は中古買取がおすすめ。価値のある車の特徴や売却のコツ

更新日:

故障車は処分しか方法がないと考える人も多いでしょうが、実は買取に出すことも可能です。買取による処分はおすすめの方法であり、試す価値はあります。故障車にも価値は残っているため、まずは査定に出して、いくらで買い取ってもらえるか確認しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

故障車を買取に出すのをおすすめする理由

故障車を買取に出すのがおすすめなのは、金銭的なメリットが大きいからです。通常車を処分する場合、「解体費用」や「廃車代行手数料」がかかり、さらに故障車なら業者に引き渡すために「レッカー代」が必要になることが多いです。 業者に依頼しない場合でも、解体費用やレッカー代は必要になるため、これだけでも数万円がかかります。買取で処分する場合、これらの費用は不要であり、査定額に応じてお金を受け取ることが可能です。処分に費用がかからず、買取金が出るため、可能な限り廃車ではなく買取で処分したほうが、得られるメリットは大きいでしょう。

故障車を買い取ってもらえるのはどうして

故障車を買取に出して処分すると、お金がもらえて得をしますが、そもそもなぜ故障車でも買い取ってくれるのか、疑問に思う人も多いでしょう。査定額が低い場合でも、買取をする以上、業者は費用をかけて故障車を引き取ることになります。 買取をするにしても故障していない、状態のよい車のほうがよいのではないかと考える人も多いでしょうが、実は故障車にも利用価値があります。業者が故障車でも買い取るのは、単純に利益があるからなのです。どのような面から利益が得られるのかを知り、故障車買取の背景を理解しましょう。

海外需要があるため

業者によって買い取られた故障車は、海外に輸出して売却されることが多いです。海外では日本車は人気が高く、多少故障していても需要が高いため売却することができます。軽度な故障ならそのまま売却でき、自走できない場合でも少し手を加えて走りさえすれば、買い手はつきます。 国内ではまったく値が付かない車でも、海外なら高値で取引される可能性はあるため、海外への輸出を目的に故障車を積極的に買い取る業者は多いのです。

部品に価値があるため

故障車=まったく使い物にならないとは限らず、解体すれば使える部品が残っていることは多いです。自走できず、車としての機能を失っている場合でも、部品の価値を見出して、買取をおこなう業者は多いです。部品を多く回収できる場合は買取額も高くなります。 また、回収できる部品が少なくても、珍しい車種なら部品の価値も高いため、高額査定も期待できるでしょう。

廃車同然でも鉄くずとしての価値があるため

故障車の中には廃車同然で、すべての部品が壊れているものもあります。完全に車として機能しない場合でも、鉄くずとしての価値は残っているため、買取は可能です。車は大部分が鉄でできているため、スクラップにしてリサイクルすることで、業者は利益を得られます。 また、鉄以外でもリサイクル可能な部分は多く、完全に故障して使えない部品も、素材としての価値は残っています。素材の価値は車がどれだけ損傷しても失われることはないため、状態に限らず買取は可能と言えるでしょう。

高価値があるとされる故障車の特徴

故障車でも買取は可能ですが、査定額は車の状態によって大きく左右されます。故障車の中でも優劣はつくため、どのような特徴を持っていると、高価値になるのか知っておきましょう。

人気車種である

人気車種は故障車であっても価値が高く、高値で取引されることが多いです。人気車種なら海外に輸出した場合も、高額で売却でき、部品として再利用する場合でも価値は十分に高いです。人気車種は流通量が多いため、故障によって部品が必要になる可能性が高いため、部品の需要も高いと言えます。 特に純正パーツが残っている場合は、高額査定が期待しやすく、部品として買い取ってもらう場合でも利益が出やすいでしょう。

エンジンの状態が良い

車の部品でもっとも価値があるとされているのはエンジンであり、エンジンがきれいな状態で残っていると高価値がつきやすいです。極端に言えば、エンジン以外の場所が完全に損傷していても、エンジンさえ無傷なら買取価格はアップします。 車種によっても価格は違いますが、エンジンは数十万円単位で取引されることも多いため、不人気車でもエンジンの状態次第では高値で売却も可能です。

故障車を売りに出す際のコツ

故障車を買取に出す際にはコツがあり、コツを踏まえて売却することで、より有利な条件で買い取ってもらえます。買い取りは可能とは言え、通常の中古車よりは不利な状態にあるのは確かなため、売却方法は工夫することが大切です。

故障車専門の買取業者を選ぶ

買取業者はジャンルが広く、おすすめなのは「故障車専門」の買取業者の利用です。故障車専門の業者なら、通常の買取業者ではまったく値がつかない車でも、価値を見出して買い取ってくれます。また、故障車専門の業者の中でも、海外に販売ルートを持つ業者を選ぶことがポイントです。 販路を広く持つ業者なら、売却の選択肢も広がるため、どのような状態の車でも買い取ってもらいやすいです。

売る前に修理に出さない

故障車は買取において不利になることが多く、きれいな状態の車のほうがより高値で売却できます。しかし、わざわざ売る前に修理をする必要はなく、修理費分を損する可能性が高いため注意が必要です。故障箇所を修理することで、査定額がアップするのは確かですが、それは微々たるものであり、修理費のほうが大きくなることがほとんどです。 修理費と査定額のアップは釣り合わず、出費が多くなることで手元に残る金額も減ってしまうため、どれだけ故障していても手を加えずに売りましょう。

故障車の買取を検討してみよう

故障車だからといってすぐに諦めて処分する必要はなく、買取を検討するのもおすすめです。故障車でも積極的に買い取る業者は多いため、業者の選び方を間違えなければ、有利な条件で売ることも可能です。まずは査定に出して、好条件を提示してくれる業者を探し、故障車も売却でお得に処分しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト