中古車売却 中古車買取 コラム

手続き

車売却に必要な書類の一覧|普通自動車と軽自動車による違い

更新日:

車を処分する際には、解体や譲渡だけではなく、売却するのもひとつの方法です。売却を選択することで、費用をほとんどかけずに愛車を手放すことができ、かつ値段がつくなら利益も得られます。 少しでも得をするために、売却による処分を考える人は多いでしょうが、スムーズに行うには契約時に必要な書類を知っておかなければなりません。 車売却時に必要な書類は多く、それらが揃っていないと手続きが滞ってしまいます。手間をかけずに売却するためにも、必要書類を正しく理解しておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車を売却する時に必要な書類について

車を売却する際には複数の書類が必要ですが、普通自動車と軽自動車で必要書類は異なるため注意しなければなりません。それぞれ同じだと勘違いしていると、スムーズに手続きが進められなくなってしまいます。特に普通自動車を売却する際には注意が必要で、軽自動車よりも集めるべき書類は多いです。 普通自動車の売却に必要な書類を集めて、軽自動車の売却が可能な場合はありますが、その反対はありません。普通自動車のほうがより必要書類が多く、売却に手間がかかることは理解しておきましょう。手間がかかるからこそ、早めから準備を進めておかなければなりません。 必要書類がないとそれだけで売却の手続きはストップするため、滞りなく手放すためには車の区分にあった必要書類を揃えることが大切です。

普通自動車の売却に必要な書類とは

車の売却をスムーズに進めるためにも、まずは普通自動車の売却に必要な書類から理解を深めましょう。普通自動車の場合は必要書類が多く、条件が付いている書類も存在するため注意しなければなりません。 売却で使用する書類を集めることはもちろん、書類を使用できる条件や紛失した場合の対処法まで知っておくことが大切です。

自動車検査証

自動車検査証は、車検証とも呼ばれる書類です。車検を通し、保安基準に適合していることを証明する書類であり、売却時には必ず必要なため必ず持参しましょう。売却時には、車検の有無や残存期間が査定額を左右することも多く、車検証を見て詳細な状態を確認します。 仮に車検を更新したばかりでも、車検証を紛失していると保安基準に適合していることが証明できず、査定額を下げられる可能性もあるため注意が必要です。万が一紛失してしまった場合は、運輸支局で再発行が可能です。 再発行には少し時間がかかるため、紛失しているなら売却よりも早めに申請しておきましょう。車検証は日常的にチェックするものではありませんが、常に車に携帯しておかなければなりません。触ることは少なく、ダッシュボードに保管している人も多いため、見つからないならまずはそこを探してみる良いでしょう。 車検証は売却時だけではなく、事故や検問などの際に警察に提示を求められることもあるため、紛失しないよう大切に保管しておかなければなりません。

自動車税納税証明書

自動車税納税証明書は、毎年4月1日時点で名義を持っている人が課税される、自動車税の支払いを終えたことを証明する書類です。自動車税の支払いは必須であり、長期間滞納していると売却できない場合もあるため注意しなければなりません。 正しく支払っていることを証明するためにも、自動車税納税証明書は必要で、紛失した場合は各都道府県の税事務所で再発行してもらいましょう。また、自動車税納税証明書は、紛失した場合だけではなく、そもそも支払いを済ませていないと手元にありません。 税事務所に行っても、未払いなら当然発行はしてもらえないため、きちんと税金を納めることが大切です。自動車税は車の使用の有無に関係なく、名義の有無で課税され、なかには全く乗っていないのに支払いが必要になることもあるでしょう。 使っていないのに税金を払うのはもったいなく感じるでしょうが、支払いが滞るとペナルティが付き、余計に金額が大きくなります。同じ支払うなら罰則がつかないうちに払い、自動車税納税証明書を確実に手に入れておきましょう。

自賠責保険証明書

自賠責保険に加入していることを示す、自賠責保険証明書も売却時には必要です。自賠責保険は強制加入のため、車に乗るには必ず加入しなければなりません。自賠責保険の更新は車検と同時期になるため、車検の有効期間が残っているなら、基本的には自賠責保険も残っているはずでしょう。 紛失した場合は保険会社に連絡が必要です。連絡から再発行まで1週間程度かかることが多いため、紛失しているなら早めに連絡することが大切です。

実印と名義人の印鑑登録証明書

普通自動車は資産のひとつに数えられるため、売却時には実印と名義人の印鑑登録証明書も用意しなければなりません。印鑑登録証明書は、役所の窓口で発行でき、1枚350円程度です。紛失した場合はもう一度費用を払い、再発行してもらいましょう。 印鑑登録証明書は、日常生活ではほとんど使用することがないため、事前に発行して書類を保存し、必要になって使うということはまずありません。 そもそも契約時に使用できるのは、発行から3カ月以内のものに限られます。売却の手続きの段階で発行するため、保管にさえ気を付けているなら紛失もないでしょう。印鑑は認印ではなく、実印でなければならないため、間違えずに用意することが大切です。

住民票の写し

住民票の写しは車売却時に絶対に必要なわけではなく、車検証に記載されている氏名や住所が、印鑑登録証明書に記載されているものと異なる場合に必要です。また、引越しによって住所が変わっている場合、何度引っ越したかで必要書類が違ってきます。 車検証の住所から1回だけ引越しをした場合は、住民票の写し、2回以上引っ越している場合は戸籍の附票が必要です。ただし、2回以上の引越しでも、それらが同一市区町村内での移動なら、住民票の写しで対応できます。 あくまで市区町村外への引っ越しが複数回あった場合に必要書類が変わるだけで、同一区間内なら何度引越しをしていても住民票の写しだけで問題ありません。

譲渡証明書と委任状

車売却時には譲渡と廃車登録の2つの手続きが必要で、これらを行うために譲渡証明書と委任状を用意しなければなりません。ただし、これらは両方とも業者発行となるため、基本的にはサインや押印だけで良いと考えましょう。 業者で記入してそのまま提出することも多く、紛失する心配もありません。仮に紛失しても業者に依頼して再発行してもらうことは可能です。業者準備の書類ですが、車売却時に扱うことは覚えておきましょう。

自動車リサイクル券の預託証明書

自動車リサイクル券、あるいは預託証明書も車売却時には必要です。自動車リサイクル券は、リサイクル料金を支払ったことを証明する書類です。リサイクル券は車の購入時に一緒に払っていることが多いため、その時にもらった書類を用意しておきましょう。 購入時に支払うのが基本ですが、それ以外の場合だと車検時に支払っていることが多いです。どのタイミングで払うにしても、支払い後は自動車リサイクル券が発行されています。また、未払いの場合は売却時に支払い、発行してもらいましょう。 仮に紛失している場合は、再発行は不要で、自動車リサイクルシステムのホームページから、預託状況を検索して、その画面をプリントアウトして代用しましょう。画面をプリントアウトしたものが預託証明書と呼ばれており、それを自動車リサイクル券の代用書類に使用できます。

軽自動車の売却に必要な書類について

軽自動車売却の際にも、いくつかの書類が必要なため事前に準備しておかなければなりません。普通自動車より必要な書類は少ないものの、複数集めなければならないことは確かで、正しく理解していないと手続きも滞ってしまいます。普通自動車とはやや異なる点もあるため、違いにも注意しながら素早く集めることが大切です。

自動車検査証

自動車検査証は、普通自動車と同様軽自動車の売却時にも必要です。内容は同じですが、再発行の場所が違うため注意しましょう。車検証を紛失したなら軽自動車の場合は、運輸支局ではなく軽自動車検査協会での再発行が必要です。

軽自動車税納税証明書

軽自動車の場合は税金の区分が少し違い、自動車税ではなく軽自動車税の支払いを求められます。支払うと軽自動車税納税証明書が発行されるため、これも売却手続き時に持参しましょう。紛失した場合は、市町村の役所で再発行が可能です。

認印

軽自動車売却の際にも印鑑は必要ですが、普通自動車のように実印である必要はなく、認印で構いません。ただし、シャチハタは認められていないため、それ以外のものを用意しましょう。

自動車リサイクル券の預託証明書

自動車リサイクル券、あるいは預託証明書も軽自動車売却時には必要です。書類の扱いは普通自動車と同じため、紛失しているなら自動車リサイクルシステムから預託状況画面をプリントアウトして代用しましょう。

住所を証明する書類

住民票や印鑑登録証明書など、住所を証明できる書類も必要です。住所さえ明らかにできるなら何でも良く、原本である必要もありません。

車の売却に必要な書類は普通自動車と軽自動車で異なる

車売却時には複数の書類が必要ですが、普通自動車と軽自動車で必要な書類は異なります。それぞれ混同してしまうと、手続きが滞ってしまい、余計な手間がかかります。スムーズに愛車を売却するためにも、車の区分ごとの必要書類の違いを理解し、正しく書類を集めて手続きを完了させましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-手続き
-

© 2022 中古車買取に関するコラム | カーネクスト