中古車売却 中古車買取 コラム

電卓と車のカギ

廃車

車の処分料は総額でいくらになるの?お得に廃車にする方法まで紹介

更新日:

車は資産ですが、反面保有し続けるにはコストがかかります。名義を持ったままなら毎年自動車税がかかり、廃車にしても場所を取って邪魔になることが多いため、不要なら早めに処分しなければなりません。車を手放す際に気になるのが処分料で、方法次第では高くついてしまうこともあります。 不要な車を処分するだけで、高いお金をかけるのは非常にもったいないです。車を処分するにはいくらくらいの処分料がかかるのか、料金節約の方法も含めて知りましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車の処分料の目安とは

お得に車を手放すためには、まずは車の処分料の目安を知っておかなければなりません。目安の金額を知らないと、実際にかかった金額が高いのか低いのかが分からず、損をしていても気づけない場合があります。 相場以上に費用をかけ過ぎないためにも、目安を正しく把握して、処分料が高くなりすぎないようコストをチェックしておかなければなりません。

車の処分料の内訳

車の処分料の内訳は、主に以下のものが挙げられます。

  • 運搬料
  • 解体費用
  • リサイクル料
  • 廃車登録の手数料
  • 廃車手続きの代行費用

運搬料は動かない車を処分する際に必要で、レッカーを利用するなら大体1万円程度はかかります。特殊なレッカー車を必要とする車だったり、運搬の距離が長くなったりすると、さらにコストアップする可能性があるため注意が必要です。 自走できる車で、自身で走行して処分先まで持っていけるなら、運搬料はかかりません。解体費用は車をスクラップする際にかかる費用で、軽自動車、普通自動車ともに数万円程度です。業者によって少しずつ料金が違うため、依頼先の選定は念入りにおこなわなければなりません。 リサイクル料はスクラップ処分する際に必要な費用ですが、購入時や車検時に支払っていることが多いです。支払いがまだなら処分の際に必要ですが、すでに払っているなら料金はかかりません。廃車登録の手数料は、廃車の方法によって費用が異なります。代行費用も業者ごとに費用が違うため、依頼先は慎重に選びましょう。

車種や装備よって処分料は変わる

処分料は処分の方法だけではなく、車種や装備によって変わります。軽自動車と普通自動車でも若干の違いはあり、大型の車になるほど費用が掛かりやすいことは理解しておきましょう。また、装備も多くついているほど費用が高くなりやすいため、通常よりも装備が多い改造車の処分は注意が必要です。 装備は後から取り付けたパーツはもちろん、最初から内蔵されているエアコンやエアバッグによっても変わります。初期搭載の装備も、後付けのものと同様に数が多いほど処分料は高くなると考えましょう。

自分で廃車の手続きをして処分料の節約

廃車手続きは「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の2種類に分けられますが、それぞれ自分でおこなうことで処分料は節約できます。そもそも廃車手続き自体の手数料は非常に安く、永久抹消登録なら無料、一時抹消登録は350円で行えます。 高く付くのは業者に依頼した場合の代行手数料やスクラップにする際の解体費用、車両の運搬料などです。永久抹消登録の場合は解体が必須ですが、業者によっては無料で解体、あるいは買取によって対処してくれることもあります。 解体処分でも費用をかけるだけではなく、反対にお金がもらえる場合があることは覚えておきましょう。廃車手続きの代行手数料は業者によって違いますが、大体1万円程度であることが多いです。自分で廃車すると、少なくとも代行手数料分は安く済ませられるため、処分料全体を引き下げることができます。 廃車手続きは平日の昼間しかできませんが、手続き自体はそれほど難しくないため、時間が取れるなら処分料節約のために自身で行うのもおすすめです。

車の処分料で得をするなら廃車の買取

車の処分料は方法次第で節約できますが、さらに得をするなら廃車買取の利用がおすすめです。廃車買取なら処分料を格段に抑え、かつ不要な車もスムーズに手放すことができます。廃車買取がおすすめの理由を知り、お得に車を処分しましょう。

車の処分で廃車買取を選ぶメリット

廃車買取を選ぶ最大のメリットは、処分に費用がかからず、むしろ買取金額によってプラスが出る点にあります。通常車を処分するには少なからず処分料がかかりますが、廃車買取なら費用が全く発生しないことも多いです。 それどころか車の状態によっては、高値の査定をつけてもらえることもあり、大きく得をすることもあります。廃車買取は、単に不要な車を引き取ってもらえるだけではなく、買取と並行して廃車手続きまで代行してもらえます。 業者によっては無料で廃車代行をしてくれることもあり、選び方さえ間違えなければさらにお得に利用できるでしょう。加えて、レッカー無料サービスを実施している場合もあるため、自走できない車でも運搬料を節約して処分できます。 どれだけボロボロの車でも、少しは値をつけてもらえることが多いため、まずは買取査定に出すのがおすすめです。

廃車買取の査定ポイント

廃車買取の査定で見られるポイントは、主に以下の通りです。

  • 年式
  • 走行距離
  • 故障箇所
  • 自走の可否
  • 市場での需要

基本的には年式が新しく、走行距離が短いものほど、高値で買い取ってもらいやすいです。加えて、故障箇所も少ないほうが良く、自走できるかどうかで査定が大幅に違ってくることも理解しておきましょう。市場での需要も金額を左右するポイントで、人気車種ほど高値で取引されます。 複数の要素で査定額が決定するため、一見状態が悪いように見える車でも、思わぬところが高額査定の対象になる可能性があることは理解しておきましょう。

車の処分料は廃車買取で節約できる

車を手放す際には、どうしても処分料がかかってしまいます。節約することも可能ですが、方法を間違えると高額な処分料が発生することもあるため、注意しなければなりません。 お得に処分したいなら、廃車買取を選択するのがおすすめです。より好条件で買い取ってくれる業者を探し、費用をかけずにプラスを出してお得に愛車を処分しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2022 中古車買取に関するコラム | カーネクスト