中古車売却 中古車買取 コラム

車のカギ

買取・売却

車の処分なら買取がおすすめ|買取ができる理由と高額査定のコツ

更新日:

車を手放すなら単に処分するだけではなく、買取に出すのがおすすめです。処分だけだと各種費用がかかり、マイナスが出てしまいますが、買取なら費用はほとんど発生せず、プラスを出して愛車を手放せる可能性が高いです。 処分で高いお金をかけるのはもったいないため、買取を上手に利用して愛車をスムーズかつお得に手放しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車寸前の車でも買取できるのはなぜ

車を処分するなら買取に出すのがおすすめですが、ボロボロの車でも買い取ってもらえるのかと疑問に思う人は多いでしょう。廃車寸前の車では、買取に出しても値が付かず、結局処分せざるを得ないと考える人も多いと思いますが、実はそうとも限りません。 廃車寸前のボロボロの車でも、買取を行ってくれる業者は数多く存在します。なぜ状態の悪い車でも値段をつけてもらえるのか、それにはいくつかの理由があります。

海外で需要があるから

日本車は海外での人気が高く、国内では再販できない車でも、海外でなら売れることが多いです。廃車寸前の車でも、自走が可能、あるいは簡単な修理で走れるようになるなら、海外に輸出して再販は可能だと考えましょう。 海外では車の考え方が日本とは異なり、年式や走行距離はそれほど気にされないことが多いです。極端に言えば、走りさえするなら問題ないと考える人も多いため、廃車寸前の車でも高値で取引されるケースが少なくありません。 また、ボロボロの車といっても、それは日本国内で考えた場合の基準であり、世界的な基準で見るとまだまだ使えるものも多いです。日本では廃車にする車でも、海外ではまだまだ使えると認識されることも、海外輸出が可能な理由のひとつでしょう。

パーツとしての価値があるから

自走ができず、車としての性能が失われていても、パーツ単位で見て価値があるなら買取は可能です。事故車や故障車であっても、分解すると使えるパーツが残っていることは多く、パーツ買取で査定を出してくれる業者も少なくありません。 綺麗な状態で残っているなら、簡単に処理してそのまま使いまわすことも可能で、多少の傷みがあっても修復して使用することもできます。 パーツの使い道は非常に多く、物によってはパーツひとつでも高額査定が期待できる場合もあるでしょう。自走できない=処分と諦めず、パーツ買取を期待してまずは査定に出してみることが大切です。

金属として再利用できるから

完全に故障し、パーツ単位で見ても使える部品がない場合でも、金属としての再利用を考え、買取をしてくれる業者はあります。車は大部分が金属でてきており、それらはスクラップにして再利用が可能です。金属の値段は時価で変動しますが、車1台分なら数万円程度になることは多く、買取をしても業者は利益を上げられます。 また、リサイクルできるのは金属部分だけではなく、ゴムや樹脂といった細部もリサイクルし、利益を上げることは可能です。車は処分しても無駄になる部分はほとんどないため、資源的な価値から買取が可能なことは覚えておきましょう。

処分したい車を高額買取してもらうには

車には幅広い価値が眠っており、廃車寸前の車でも買取は可能です。しかし、買取ができるといっても、必ずしも高額査定になるとは限りません。複数の観点から見て価値が低いと判断されると、ほとんど利益にならない場合があることは理解しておきましょう。 高額査定を期待するなら、少しでも状態が良いに越したことはありませんが、それだけではなく買取の方法を工夫することも大切です。同じ車でも、買取の方法次第で得られる利益が違ってくることはあります。少しでも高額で買い取ってもらうには、どのような点を押さえるべきか知っておきましょう。

キズは直さずそのままにする

キズがついていると査定時にはマイナス評価になることが多いですが、だからといって修理する必要はありません。細かい傷ならマイナス評価になっても減額は微々たるもので、ほとんど影響はないと考えましょう。修理に出すと、その分費用がかさんでしまい、結果的にマイナスになることが多いです。 綺麗な状態で買取に出すと、その分プラス査定になりますが、修理代を回収することはできないため、余計な手は加えずに、そのままの状態で買取に出しましょう。

時期を見極める

車は買取に出す時期も大切で、市場の需要が上がるタイミングを狙うのがおすすめです。一般的に車の需要が高まりやすいのは、新生活を目前に控えた2~3月です。業者はこの時期に向けて買取を強化する傾向にあるため、このタイミングを狙って買取に出すのが良いでしょう。 また、3月は決算期でもあるため、少しでも利益を上げようとして積極的に買取をおこなう業者も少なくありません。4月以降で市場の需要が落ち着いてしまうと、買取額も下がる可能性があるため、売り時を逃さないことが大切です。

車を上手に売却しよう

車を処分したいなら買取に出すのがおすすめで、売却による処分なら費用はほとんどかかりません。自走できない車だと、引き取りの際のレッカー代が必要になることもありますが、それでも出費は1万円程度です。 また、業者によってはレッカー代を無料サービスしてくれることもあります。より好条件で買い取ってくれる業者を見つけて、不要な車もお得に処分しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2022 中古車買取に関するコラム | カーネクスト