中古車売却 中古車買取 コラム

買取・売却

車の下取りと買い取りの違いは何か。それぞれのメリットを知ろう

更新日:

車を売るためには、おおまかに二つの方法があります。それは、「下取り」と「買い取り」です。それぞれ同じようなものだと思っている人は少なくありませんが、それぞれは違った車の手放し方であり、各々にメリットがあります。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車の下取りと買取の基本的な違いは

「下取り」と「買い取り」の意味を知りましょう。それぞれ車を手放すという意味では同じですが、担当する業者や活用方法、手数料、代車の有無などさまざまな点で相違がありますので、理解を深めてください。

担当する業者が違う

下取りと買い取りでは、そもそも担当業者が異なります。まず下取りは、ディーラーが担うものです。ディーラーとは、特定の自動車メーカーの車だけを販売している店舗です。「サブディーラー」と呼ばれる販売店とは異なる形態ですので、覚えておきましょう。 ひとつのメーカーを販売している場合、他社の商品を取り扱うことができません。買い取りは、買取専門店が担当しています。下取りとは異なり、車をそのまま買い取ってくれる店舗です。

活用方法が違う

下取り、もしくは買い取りで車を手放した際、それぞれの活用方法が異なります。下取りであれば、新しい車をディーラーで購入することが基本になり、手放した車は、新車の頭金となります。 車がいらない人であれば、下取りは避けるべきです。買い取りは、車を売ることになり、現金と変えることができます。買い取りのほうが自由なお金を手に入れることができるでしょう。

発生する手数料が違う

ディーラーと買い取り専門店に車の引き取りをお願いする際、それぞれで手数料が異なるのも相違点です。まず引き取りをディーラーに頼んだ際、査定料金がかかる可能性があります。 買い取りを専門店に頼むケースでは、お金がかからずに査定してくれることがほとんどです。査定料金が多額になるとは考えにくいですが、こうした手数料の有無もおさえておきましょう。

代車を借りることができるかの違い

代車の有無も相違点です。下取りであれば、新しい自動車を購入することになるのは前述した通りですが、ディーラーから車が納品されるまで代車をレンタルすることができます。 一方、買い取り専門店では、代車のレンタルが困難な状況だといえるでしょう。もし代車が必要であれば、レンタルサービスを提供している店舗をみつけるしかありません。

車を下取りしてもらうメリット

車の前で握手
ディーラーに下取りしてもらうメリットをピックアップします。まずは、新しい車を購入すれば、下取りの金額が上がることです。また、新車の手続きも手短にできますので、時間的な節約もできるでしょう。こうしたメリットについて深堀りしていきます。

新車購入で下取り価格がアップする

下取りのメリットとして挙げられるのは、新しい車を購入する際、下取りした分だけ新車の値段を下げてくれることです。「下取りに出した後は、次は高級車に乗ろうと考えている」という人であれば、割引サービスは嬉しいものです。注意点としては、下取りは同じメーカーの車を購入してもらうために行っているものであり、他社商品を選んだ際は、高額の下取りは望めないことでしょう。

手続きが楽になる

その他のメリットとしては、手続きが楽になることです。高価な商品でもある自動車は、手続きが簡単だとは言えません。しかし、ディーラーに下取りを出せば、新しい車の手続きと同時進行できますので、各店舗を回るなど休日にムダな時間を過ごすことはないでしょう。「同ブランドの車に買い替える」という目的があれば、下取りをおすすめします。

車を買取してもらうメリット

続いて、買い取りのメリットについてみていきましょう。買い取りは、新車同然であったり人気のある自動車であれば、とても高い買い取り価格が実現可能で、年式などが影響することもあるようです。また、さまざまな業者に依頼して、査定価格を比較することもできるため、高値での売買も期待できます。こうした買い取りのメリットを具体的に説明します。

人気車なら買取価格がアップする

買い取り店では、人気車や少ない走行距離である場合、下取り以上に高い価格で取引することが可能です。需要のある装備などが買い取り価格に影響されることもあります。 業者によっては、特定の車に高値をつけることもありますので、事前に「輸入車だけ」、「○○というメーカーのみ」などの専門店をチェックしておくと賢く売買できるでしょう。

複数の業者に査定してもらうことができる

買い取りでは、ひとつの店舗で査定するだけではなく、何店舗も回り、買い取り価格を比較することができます。そして、一番高い金額を提示してきた店舗に買い取りをお願いすればよいのです。 業者ごとに買い取り価格を争うことで、さらに高価格を実現することもできるでしょう。しかしながら、買い取りに関しては、売却する時期などをはっきりさせておかないと価格が低くなってしまうリスクがあります。それさえ理解していれば、下取り以上の価格を目指せるでしょう。

自分に合った方法を選択しよう

下取りと買い取りには、それぞれに異なったメリットがあります。同ブランドの新車を購入するのか、あるいは自動車を現金化したいのか、目的に合わせて選ぶようにしましょう。それぞれの違いを知らなければ、損してしまうリスクがあります。メリットだけではなく、デメリットについても見識を深めておけば、間違った方法を選ぶことはありません。高額である自動車の売買は、正しく賢く行いましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト