中古車査定なら中古車買取の実績多数・年中無休の「カーネクスト」

中古車買取に関するコラム | カーネクスト

オススメの車買取方法

売却 買取

【状態別】オススメのお得な車の売却方法 2019年11月

投稿日:

車の売却を考えた場合、やはり目標として高く売る事を設定される方がほとんどでしょう。

実際、高く売る方法と検索すればネット上で多くの情報を見かける事ができます。

しかし、実際問題、車を高く売るためには事前に売ろうとしている車の状態を把握しておく必要があるのです。

車の状態によって、オススメできる車の売却方法も異なってきますので、今回はそのことについてご紹介いたします。

高年式で状態良好な車におすすめの方法

高年式車

まずは、高年式(新しい)で、なおかつ状態の良い車のオススメの売却方法について。

こういった車は、基本的に中古車買取店が少し無理して高値で買い取ったとしても、需要が高い状態の車ですので再販してから新しい買い手が現れるまでの期間が短く、中古車店としても買取リスクが低い車なのです。

基本的にどこに売っても同じ

そんな在庫リスクが少なく売りに出しても直ぐに買い手がつく高年式車ですので、再販される際には新車価格に近い金額で売られる事がほとんどです。

しかも、高年式車は各社ともに査定にブレが出にくい車ですので、正直なところどこで売却しても査定額に大きな違いは出ないのです。

注意ポイント

車の買取サービスは、オリコン調べでランキング付けされていますが、これは特に買取価格が高いランキングではなくサービスの質などに対するランキングですので、お得に買取ができるという意味ではないのです。

小規模すぎる業者は注意

ただし、この内容はある程度の取引量の多い買取業者に対する話となりますので、小規模すぎる買取業者の場合は話が異なります。

というのも、中古車の買取業者は車の仕入れ(買取)で支払った金額を再販で売れた金額から引いて、その差額から人件費や店舗の賃料などをまかないます。

取引量の多い買取業者の場合は、人件費や店舗の賃料の合計はかなりの金額になりますが、代わりに全国から絶え間なく車の買取・車の再販を行なっているので、薄利多売で多くの利益を確保できているのです。

対して小規模な買取業者の場合は、人件費や賃料は少なくて済むものの、買取の機会が少なく利益を得られる回数が劣るのです。

そのことから、大・中規模の買取業者では査定額もギリギリの高い金額を提示する事ができるのですが、小規模な買取業者の場合はある程度保険を効かせた金額(安めの金額)での買取となってしまうのです。

ディーラーは除く

なお、車の買い替えに伴う買取の場合は、ディーラーへの下取りという選択肢も出てきますが、お得に買取に出す事を目的とする場合は除外する事になります。

というのも、ディーラーでの下取りは同じ店で車の引き取りと、新車の購入を同時に行う事が出来ますので、手間という面ではかなり楽な方法ではあります。

しかし、ディーラーの本業は中古車を買い取って、その再販による差額で利益を得ることではなく、あくまでも新車の販売による利益を増やす事を目的としたビジネスモデルなのです。

なので、下取り価格を上げてしまうと新車販売の利益を自ら削ってしまう事になりますので、中古車買取店と比べて安めの買取額に設定される事が多いのです。

海外で人気の車種の場合

高年式車は、大手買取業者であれば基本的にどこも査定額は変わらないとお話ししてきましたが、これには例外も存在します。

それは、海外で人気のある日本車です。

日本車は海外の車に比べて丈夫で長持ちで、なおかつ高級車に位置付けられており、日本車に乗っているだけでステータスとして見られるようになっています。

そんな日本車のしかも発売から間もない車ともなれば、人気車種であれば日本市場向けの中古車としての査定額よりかなり高値がつく事がありますのです。

実際にあった例で言えば、日本市場向けの査定額よりも20万円以上高く買い取られた例もあるほどなのです。

ただ、これが適用できるかどうかは、以下の2つの条件を満たしておく必要があるのです。

海外向けに高値で売れる条件

  • 海外販路を持っている買取業者である事
  • そのタイミングで人気の車種である事

海外販路を持っている業者という条件は、弊社カーネクストのような業者が存在しますので簡単にクリアする事ができるのですが、その時期に人気の車種かどうかは残念ながら運次第となるのです。

しかも、国によっても人気の車種が異なりますので、これを確認するには一旦査定に出すしか確認方法がないのです。

>>カーネクストの無料査定フォーム

 

古く状態の悪い車におすすめの方法

低年式車

続いては、中古車として売られる機会が多い低年式車(古い車)で状態の芳しくない車の売却について見ていきましょう。

車を売る状況としては、恐らく長い間乗り続けた車から新しい車に乗り替える場合や、故障などで泣く泣く手放す方の方が割合的に圧倒的に多い事でしょう。

なので、多くの方にとっては、ここからご紹介する内容の方が重要な内容になるでしょう。

大手ではお得に売却するのは望み薄

こういった古い車の場合は、高年式車とは反対に大手の中古車買取業者ではお得に売却できる可能性は低くなります。

というのも、基本的に高年式車は中古車としての需要も少ないので、買取をするとその費用の回収(売却)までの期間が長くなりますので、キャッシュフローが悪くなります。

そうなると、その車の保管場所の確保もそれだけの期間必要になりますので、在庫リスクも高くなります。

更にあまりにもボロボロの車を販売してしまうと、ブランドイメージが悪くなってしまうことから、そもそも買取自体を敬遠される傾向にあるのです。

こういった理由から、高年式車の売却先に大手の買取業者を選択するのはオススメできない方法なのです。

中古車として判断されるかも重要

続いて、低年式車の売却の場合、その車が中古車として扱えると判断されるかどうかも非常に重要になってきます。

「中古車として扱えるか」とは、すなわち少しでも需要があるか、売りに出して購入してくれる人がいるかどうかといい点が最も重要になります。

購入者が現れない限り、単純に買取業者が買取額分の金額を損してしまっている状態ですので、純粋な赤字となるのです。

なので、中古車買取店に査定に出したものの、中古車としては売れないと判断された場合、買取額をもらえるどころか反対に処分費用の請求をされる事になるのです。

車としての価値がない場合は廃車買取がおすすめ

処分費用がかかってしまう場合、車の手放し自体は行う事が出来ますが、出費が発生してしまっている時点で「お得に売却」という本来の目的から大きくかけ離れた内容となってしまうのです。

なので、中古車として売る事ができない車の場合は、中古車買取に出すのではなく廃車買取に出す方法に方向転換する必要があるのです。

廃車買取業者の場合は、そもそも中古車買取とビジネスモデルが異なりますので、車としての役割を果たせない鉄の塊であっても買取を行ってくれるのです。

 

中古車か廃車かの判断

比較

ここまでの内容から、綺麗で高年式の車に関しては海外販路持ちの中古車買取業者への査定を、低年式で中古車としての需要がない車に関しては廃車買取業者への査定がオススメの方法であるとご紹介してきました。

自分の車がどちらに該当するのか判断し、適切な方法で買取に出す事で出費を出さずに車の買取してもらう事が可能となります。

が、ここである疑問が発生する可能性があるのです。

それは「自分の車はどちらに該当するのか」という問題です。

中途半端な車の売却はどちらがオススメ?

どちらの方法で車を売却する方がいいかの判断ですが、発売から1年以内だったり、走行距離10万キロオーバーといったような明らかに判断できる状態の車であれば問題はありません。

しかし、走行距離8万キロだったり、製造から7年目といった高年式と低年式の条件の中間に位置する車だった場合、どちらの方法で売ってしまうのが適切なのかは非常に難しい判断となります。

しかも、こういった中途半端な条件の車となると、買取業者ごとの判断というよりも査定を行う査定員によってかなりのバラ付きが出てしまう案件ですので、一概にどちらが良いとは言えないのです。

廃車と中古車の両方を扱う業者がオススメ

このような車の場合の一番確実な方法としては、中古車買取の業者と廃車買取の業者の両方に査定を申し込みして、それぞれで車を見て判断してもらうという方法です。

この方法であれば、どちらに転んでも両方の条件が揃ってから選択する事ができるので、安全に申し込みする事が可能になるのですが、両方に申し込みし、両方の査定の対応を行う必要があるので、面倒くさいという新たな問題が発生するのです。

特に訪問査定時の際には、営業マンによる「今日、売買契約をしてください」攻撃に付き合う必要があるので、それなりに疲弊してしまう事でしょう。

なので、こういった中途半端な車の場合に関しては、中古車買取も廃車買取も両方とも可能な業者に申し込みしてしまう事で解決する事が可能です。

この方法であれば、1回の申し込み、1回の訪問査定の対応で中古車として価値がある場合はそのまま中古車買取として売却する事が可能です。

逆に、査定を行なった上で価値がないと判断された場合は、廃車買取に切り替えてそのまま買取を行ってもらえるのです。

 

両方の買取が可能な業者は少ないですが、かなりのメリットがありますので、是非とも参考にしていただければと思います。

もちろん、弊社カーネクスト中古車と廃車の両方の買取が可能で、なおかつ訪問査定を行わずに査定額の提示が可能ですので、手間も最小限に抑える事が可能です。

ご検討の方は、無料で査定も可能ですので、ぜひご利用ください。

>>無料査定フォーム

-売却, 買取
-,

Copyright© 中古車買取に関するコラム | カーネクスト , 2019 All Rights Reserved.