中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車買取方法の比較|どの業者に頼めば相場が高いのかを調べよう

更新日:

愛車を処分する方法としては廃車が挙げられますが、実は廃車にする場合でも買い取ってもらうことはできます。廃車の買取の場合、方法によって買取金額の相場が違ってくるので注意が必要です。方法別の廃車の買取相場を比較して、どの方法がもっともお得に買い取ってもらえるかを考えましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車を買取してもらう方法と買取相場

廃車=車を処分するだけと考える人は多く、実際に買取に出したとしてもほとんど値が付かないのではとイメージする人は多いようです。どれくらいの値が付くかは車の状態によっても異なりますが、廃車を考える状態であればまったく値が付かなかったり、場合によっては買取拒否をされることもあります。しかし廃車にする車がすべて価値がないわけではありません。車にはさまざまな価値がありますし、廃車であってもそれは同じです。廃車の買い取ってもらう方法を知って、それぞれどのくらいが相場なのかを知っておきましょう。

廃車の買取3つの方法とは

廃車を買い取ってもらう方法は自動車解体業者(スクラップ業者)、中古車買取店、廃車専門の買取店への依頼の3つに分けられます。自動車解体業者は、車を金属資源として買い取ってくれますので、どんな状態でも値をつけてもらえます。 中古車買取店は、通常の買取方法と同じですので、車の状態次第では値がつかなかったり、買取拒否をされることもあるので注意しましょう。廃車専門の買取店は、文字通り廃車にする車を専門に取り扱っていますので、ここも車の状態に関係なく値段をつけてもらいやすいようです。

自動車解体業者の廃車買取相場は

自動車解体業者に買い取ってもらう場合は、買取の相場は地域やその時の鉄の時価によって変動します。解体業者は自動車を買い取るというよりは、金属資源を買い取ると考えられますので、車の状態は買取金額には影響しません。 そのため新車であっても、廃車寸前のボロボロの車でも、基本的には同じ値段で買い取られると考えましょう。状況によって買取相場は変動します。金属部分が多いほど買取金額も上がりますので、車両が大きいほど買取金額もアップします。

廃車の買取相場の実情

廃車の買取に関しては、実は明確な相場がありません。廃車といっても車の状態は場合によって違いますし、綺麗な状態で廃車にすることもあれば、ほとんど動かない状態で廃車にすることもあります。同じ廃車の買取でも、より高値で買い取ってもらえるのは当然綺麗な状態の車ですし、明確な基準がないのでまずは実際に査定を受けることが大切です。 査定を受ければ愛車にどれくらいの値が付きそうなのかが分かりますし、複数の業者に見てもらえばそれぞれの査定額を比較して、より正確な相場を見抜けます。

廃車をより高く買取してもらえるコツ

廃車をより高く買い取ってもらうためには、繁忙期を避けたり、自分で業者に車を持ち込むなどの方法が考えられます。繁忙期だと他の車の買取も多いですし、業者としても無理に廃車を高値で買い取る必要はありません。閑散期であれば、業者としても少しでも在庫を仕入れておきたいし、廃車であっても積極的に買い取ってもらえる可能性が高いようです。 また車を自分で業者に持ち込めば、輸送費がかかりません。レッカーなどで移動する場合は輸送費がかかりますし、買取金額から費用を引けば結果的に手元に残るお金は少なくなるので、可能な限り自分で持ち込みましょう。

車の廃車買取に関するよくある疑問

廃車については扱いがよく分かっていない人も多く、そもそもどのタイミングで廃車にすべきなのか、どのように廃車すればよいのかを知っておくことが大切です。廃車買取における基本的な知識が備わっていないと、場合によっては損をすることもありますし、スムーズに買い取ってもらえない可能性もあります。上手に愛車を買い取ってもらうためにも、廃車買取についてさらに理解を深めていきましょう。

愛車を廃車にする目安

愛車を廃車にする目安ですが、これにはさまざまな基準があります。廃車のタイミングとしては、走行距離や新車登録からの乗車年数が挙げられ、走行距離は5万、10万キロ、乗車年数は5年、10年がひとつの節目です。 またこれらに関係なく重度の故障を抱えていたり、修理しても直らない、あるいは修理費用があまりにも高すぎる場合なども廃車のタイミングです。廃車にする目安は人によって違いますが、乗れなくなる、買取の価格が下がる前などが一般的でしょう。

動かない車を廃車にするには

廃車の際には業者に車を引き取ってもらう必要がありますが、基本的には自身で業者に持ち込みます。しかし事故車や不動車、車検切れなど動かせない状態で廃車をすることもあります。この場合は業者にレッカーなどを依頼して引き取ってもらう、あるいは自分でけん引して業者に持っていくかどちらかの方法を取ります。 けん引にはある程度の技術が必要ですし、一般的なのはレッカーによる移動です。基本的にはレッカー代がかかりますが、業者によっては無料サービスで引き取ってくれることもあります。

廃車買取でよくあるトラブルの対処法

廃車であっても買い取ってもらえるならそれに越したことはありませんが、買取時にはさまざまなトラブルが起こってしまうこともあります。トラブルに巻き込まれると面倒ですし、場合によっては損をする可能性もあります。どんなトラブルがあるのかを把握し、その対処法を知っておきましょう。

買取金額に関するトラブル

廃車買取の際には、まず査定をしてもらいますが、査定で出された見積り額と実際の買取金額が異なるケースは多いようです。最初に提示された金額で売却契約を進めていたものの、後からさまざまな費用を差し引かれたり、故障箇所が見つかったなどの理由で減額されることがあります。 売却の契約を結ぶにあたっては、費用などを差し引いて買取金額は決定しているのか、見積りの金額から減額されることはないのかをきちんと確認しておくことが大切です。

税金の還付のトラブル

廃車にする場合は、税金が還付されるケースがありますが、この還付金をめぐってトラブルになることもあります。買取金額を提示されれば、その中に税金の還付分は含まれているのか、そもそも還付金はどちらが受け取るのかを確認しておきましょう。 還付金については業者から知らせる義務はありませんので、事前に話し合ってどちらがもらうのかを決めておくことが大切です。

名義変更に関するトラブル

廃車の際には名義変更が必須であり、これが正しくされていないと、翌年に自動車税の請求書が届くこともあります。自動車税は4月1日時点で名義を持っている人に課税されますので、その近辺で売却をする場合はとくに注意が必要です。業者に車を引き渡せば、必ず廃車した証拠となる書類を受け取りましょう。

廃車の買取相場を知るには複数の業者に査定をしてもらう

廃車の買取相場は明確に決まっているわけではありませんので、まずは査定に出してみることが大切です。査定に出す場合でも、複数の業者を利用すれば愛車の本当の価値が分かります。必ず複数の業者を利用して、愛車の適切な買取価格を知り、納得できる金額を提示した業者に買い取ってもらいましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト