中古車売却 中古車買取 コラム

車検

「車検費用の相場」はどのくらいか。内訳と安く抑えるコツをご紹介

更新日:

車検を受けるのにはお金がかかりますが、実際にいくらくらいが相場なのかを知らない人は多いです。車検の費用は高くついてしまうことも多いですが、相場を知っておかないと、実はお金をかけすぎているという可能性もあります。損をしないためには、どれくらいかかるのが普通かを知っておかなければなりません。車検費用の相場を理解し、安く抑えるにはどうすればよいのかを考えていきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

相場が分かる車検費用の内訳を知ろう

車検費用とひとくちにいっても、実際にはさまざまな費用によって構成されています。車検にかかる費用はひとつではありませんので、相場を知るためには、まずはそれぞれの内訳を理解することからはじめましょう。内訳別の費用の相場を知って、車検代への理解を深めていきましょう。

法定費用の内訳

車検を受ける際には、税金や保険料の支払いが必要であり、これは法定費用と呼ばれています。法定費用は絶対に必要な費用であって、これは削減できません。法定費用もさらに細かく三つに分けられますので、どのようなものがあり、どれくらいの金額がかかるのかを知っておきましょう。

自賠責保険について

自賠責保険とは、万が一人身事故を起こした時に、被害者を救済する保険のことです。これは、法定費用に含まれる保険料のひとつであり、車やバイクに乗るすべての人が加入しなければなりません。加入は任意ではなく、義務付けられているため、強制保険といわれる場合もあります。

自動車重量税について

法定費用は、保険料だけではなく、税金の支払いも含まれます。車検時に納付する税金としては、自動車重量税が挙げられ、これは自動車の重量によって決められた金額を支払うものです。車両の重量が重くなるほど金額も上がり、軽自動車など軽い車両であれば比較的安価で済みます。

検査手数料について

検査手数料は、検査場で実際に検査を行う際に必要な書類に貼る印紙の代金です。印紙代と呼ばれることもあり、これも税金のひとつとして法定費用に含まれています。印紙代は約1,000円程度ですので、法定費用の中ではこれがもっとも少額です。

車検基本料の内訳

車検代の内訳としては車検基本料があり、これは業者に依頼した場合に発生する費用です。車検は自分でおこなう場合もあれば、業者に依頼する場合もあり、業者に依頼すれば当然費用は高くなります。車検基本料もさまざまな種類に分けられますので、それぞれの内訳を確認しておきましょう。

24ヶ月点検にかかる費用

車検を通す際には、事前に24ヶ月点検が必要であり、これにかかる費用は車種によって異なります。また、相場は依頼する業者によっても違いますが、自動車ディーラーでおこなった場合は、軽自動車で16,200円、1,500ccクラスのコンパクトカーで21,600円、2,500ccクラスのミニバンで29,160円程度が目安です。

整備必要となった部品交換費用

車検を通すためには、国が定めた保安基準を満たさなければならず、車の状態によっては修理や整備などが必要な場合もあります。各種パーツの劣化やオイル漏れ、ブレーキパッドの摩耗、損傷など、整備が必要なときには部品交換費用がかかり、整備箇所によっては費用が高くなる可能性もあります。

代行手数料など

業者に車検を代行してもらう際には、代行手数料がかかります。代行手数料については業者ごとに内訳の細部は違いますが、基本的には車の往復労賃、書類手続、印紙代が含まれます。利用する業者によって、かかる手数料が違いますので注意が必要です。

車種ごとの車検費用の相場

車検の費用は車検の方法や利用する業者によって異なりますが、それだけではなく車種によっても違ってきます。同じ業者で同じ条件で車検を受けたとしても、車種が違えば費用は異なります。 基本的には、車のサイズが大きくなればなるほど、車検にかかる費用も高くなるとイメージしておくとよいでしょう。車種ごとの車検費用の相場を知って、愛車の車検にはいくらくらいかかりそうか、事前にイメージしておくことが大切です。

軽自動車の場合

軽自動車の場合、普通乗用車に比べれば車検の費用は安く済むことが多いです。車検では法定費用は絶対に必要ですが、軽自動車の場合は、自賠責保険料が25,070円、重量税が2,500円、検査手数料が1,100円で約3万円程度です。 重量税に関しては、エコカー減免制度適応車の金額ですので、対象でなければさらに数千円必要であることは覚えておきましょう。また、これはあくまで必須の金額であり、ここからさらに車検基本料や部品交換費用などがかさめば、費用はもっと増額されます。

小型乗用車の場合

1.0t以下の小型乗用車の場合、自賠責保険料は25,830円、重量税は5,000円、検査手数料は1,100円で、約3万円かかります。重量税については軽自動車同様エコカー減免制度適応車の金額ですので、対象でない場合はさらに費用は上乗せされます。 小型乗用車であれば、法定費用は軽自動車とほとんど変わりません。ここから車検基本料など各種費用が上乗せされますが、それらを加えても相場は6万円~8万円程度です。車検費用としては、かなり安いといえるでしょう。

中型乗用車の場合

1.5tまでの中型乗用車の場合でも、自賠責保険料と検査手数料に関しては小型乗用車と同じです。これらの費用については軽自動車か普通乗用車かによって違うだけですので、車のサイズに関係なく同じだと考えましょう。 車のサイズによって違ってくるのは重量税であり、1.5tまでの中型乗用車であればエコカー減免制度適応車で、7,500円かかります。エコカーでない場合は、重量税はさらに1万円程度上乗せされるので注意しましょう。全体費用の相場としては、7万円~9万円程度です。

大型乗用車の場合

2.0tまでの大型乗用車の場合、重量税はエコカー減免制度適応車で10,000円、対象でなければ32,800円程度かかります。そのため法定費用だけでも場合によっては5万円を超えますので、車検費用としてはかなり高く、相場は8万円~10万円程度です。 また、2.5tまでの場合は、重量税は12,500円~41,000円とさらに高額です。車両の重量が重くなるほどに車検費用は高くなりますので、購入代金が割高になったとしても、エコカーを購入した方が長期的にはお得になります。2.5tまでの場合、相場は9万円~11万円程度です。

外車や輸入車の場合

車検費用の相場については、基本的には法定費用を参考に考えればよいですが、外車や輸入車の場合は例外です。外車であっても法定費用については同じですが、部品交換などの費用が国産車よりも割高になることが多いです。 外車で部品交換となれば、パーツを海外から取り寄せる必要があり、輸送費や税金などが余分にかかります。また、車によっては専門知識を持った人しかメンテナンスができない場合もあり、作業工賃も国産車より高くなりますので、車検費用も高額になりがちです。

車検費用を相場より安く抑えるコツ

車検費用は高くなってしまうことも多いですが、これは工夫次第で安く抑えられます。車検代は受ける方法によって大きく違ってきますし、どの方法で受けるかが非常に重要です。車検代を安く抑えるコツを知って、お得に車検を受けましょう。

見積もりをする

車検を受ける際にはまずは見積りを受けますが、これは複数の業者から見積もりを受けることが大切です。車検にかかる費用は業者ごとに大きく違いますので、複数社の提示金額を比較し、もっとも安い額を提示した業者で受けましょう。

安さにこだわるならディーラー車検は選ばない

ディーラー車検は、点検整備がしっかりとしており、アフターフォローのサービスなども充実していますが、部品交換は純正品を使用するので交換費用が高くつきます。整備の質を求めるならおすすめですが、安さにこだわりたいなら避けた方がよいでしょう。

車検専門業者を利用する

車検が受けられる業者はたくさんありますが、費用を抑えたいなら車検専門業者の利用がおすすめです。車検専門業者は、設定されている車検費用が安く、車検作業も早めに終わるところが多いです。整備の質としてはディーラー車検には劣りますが、その分費用は安く抑えられます。

不要な部品を交換しない

車検を通すためには消耗品など、部品交換が必要になる場合も多いですが、業者にいわれるままにすべてを交換する必要はありません。見積りを出されたとしても、本当に交換が必要とは限りませんので、必須の部分だけを交換し、できるだけ費用を抑えましょう。

ユーザー車検を検討する

もっとも費用を安く抑えられるのは、自分で陸運局に車を持ち込んで検査を受けるユーザー車検です。ユーザー車検の場合、事前のメンテナンスの費用さえかからなければ、法定費用のみで車検を通すことも可能です。手間はかかりますが、その分費用はもっとも抑えられます。

車検費用をできるだけ安く抑えよう

車検費用は高額になってしまうことも多いですが、それも工夫次第で安く抑えることは可能です。車検を受ける方法はひとつではありませんし、どの方法で受けるかで必要な費用は全く違ってきます。同じ車を車検に出す場合でも、受け方次第で費用は高くも安くもなりますので、安く抑えるコツを覚えて、お得に車検を受けましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト