中古車売却 中古車買取 コラム

買取・売却

古い車は買い取ってもらえる?おすすめの手段・業者と金額UPのコツ

更新日:

不要な車があれば引き取ってもらいたいと考えるものですが、古い車であっても引き取ってもらうことは可能なのでしょうか?もちろん古い車でも買い取ってもらうことは可能であり、動かなくなってしまった車ですら部品ごとに買い取ってもらえることがあります。 どのような手段で買い取ってもらうのか、どの業者に買い取ってもらうのかによって結果は大きく変わってきます。本記事では、さまざまある選択肢について紹介していきますので、それらを参考にし、自分に合った方法を選択するようにしましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

古い車を買取ってもらう手段

古い車を買い取ってもらう手段は、大きく分けて3つあります。ネットの買取業者、中古車販売店、中古車輸出業者もしくは解体屋に売るという方法です。それぞれの手段に特徴がありますので、それらを把握した上でもっとも自分に合った手段を選択していきましょう。選択を誤ると損をする可能性もあるため注意が必要です。それでは、手段ごとの特徴を詳しく見ていきましょう。

ネットの買取業者を利用する

古い車を買い取ってもらう方法として、ネットの買取業者を利用する方法があります。現在、ネット上にはたくさんの買取業者があり、ネット上で車の情報を入力していけば簡単に査定してもらうことが可能です。中には、全国に無料で出張査定を行っている業者もあります。たくさんの業者がありますが、手数料無料や買い取り実績の多い業者を選ぶのがポイントです。

中古車販売店に査定してもらう

中古車販売店に査定を依頼するという方法もあります。中古車販売店の中には古い車であっても買い取ってくれる業者はありますので、査定してもらうというのも一つの方法です。とくに次の車を中古車で購入したいと考えている場合、中古車を購入しようと考えいている販売店に相談するのもよいでしょう。次の車をその販売店で購入する場合、古い車を下取りしてくれる可能性が高いからです。 車によっては査定金額が低くなってしまう場合もあるので、中古車販売店に査定してもらう場合でも1社ではなく複数社に依頼して比較するのがよいでしょう。

中古車輸出業者や解体屋に売る

中古車輸出業者や解体屋に売るという方法もあります。日本では需要が少ない古い車であったとしても、海外では需要があるという可能性も考えられます。トヨタのワンボックスなど、海外で人気の車両は中古車としての需要も高いはずなので、輸出業者に直接問い合わせてみるのもよいでしょう。 解体屋に買い取ってもらう場合は、排気量の高い車ほど高い値段になることが多いです。とくに排気量が高い車だった場合には、相談してみるのもおすすめです。現地まで車を引き取りにきてくれるサービスなどもあるため、依頼するときに外せない条件も視野に入れておきましょう。

古い車を高く買い取ってもらうポイント

古い車を買い取ってもらうのであれば、少しでも高い金額で買い取ってもらうのがいいでしょう。ここまで紹介してきたように、手段や買取業者の選択によって買取金額は大きく変わってきますが、実はそれだけで最終的な金額は決まりません。業者に買い取ってもらうことが決定した後でも、少し工夫するだけで査定金額を上げることが可能です。それではその方法について、具体的に見ていきましょう。

車が高く売れる時期に売る

実は車は季節性のある商品です。ライフスタイルが変わる季節や長期休暇、旅行シーズンなどに合わせて車を購入する人が多いので、その時期に需要が高まります。具体的には、2月、5月、8月、11月が需要の高まる月であり、これらの時期に売ることで通常よりも高い買取価格になる可能性が高いです。 車種によっては特定の時期に需要が増えるものもあります。例えば、行楽シーズンにはワゴンの需要が高まるなどです。車が高く売れる時期も考慮し、少しでも買取価格が高くなるよう工夫しましょう。

純正パーツはつけたまま査定に出す

買取価格を高くするためには、純正パーツはつけたまま査定に出すようにしましょう。パーツも査定額に影響しますし、とくに純正パーツの場合はプラスの査定になりやすいからです。 もし純正パーツがない場合、中古車として売りに出す場合には余計な修理費用がかかってしまうことになるでしょう。純正パーツがついていればその分の費用がかからないため、査定額に跳ね返ってくることになるのです。車を査定に出す際には、ぜひ純正パーツはつけたまま出すようにしてください。

業者の見極め方

車を買い取ってもらう業者によっては、数十万円の差が生まれてしまうことがあります。業者ごとに重視している部品やポイントが異なるため、ある業者では価値がないと判断された車も、別の業者だと価値があると判断されるのです。 買い取ったあとに業者が売りさばくルートが国内か国外かでも大きく変わるようです。国外に買い取り後の販売ルートを多数持っている業者は大手が多い傾向があります。つまり、大手であれば古い車でも買い取ったあとに利益を生むことができるため、値段がつかないと思っていた自分の車でも買い取ってくれる可能性が高くなります。

古い車は買取で賢く処分しよう

古い車が買い取ってもらえるかどうか、不安に感じる人は多いでしょう。いくら古くても決して安くはない値段で購入したものを手放すのですから当然です。結論からいえば、古い車であっても買い取ってもらうことは可能です。 買い取ってもらう手段や業者は複数あり、どの方法、どの業者を選ぶかによって金額は大きく変わってきます。今はインターネットで複数の業者に手軽に査定を依頼することもできますので、ぜひ多くの情報を集め、自分にとってベストな方法で賢く処分するようにしてください。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2022 中古車買取カーネクスト