中古車売却 中古車買取 コラム

買取・売却

車をお得に売るために知っておくべきことは何か。売却方法と注意点

更新日:

愛車を処分する方法はさまざまありますが、もっともお得に処分できるのは買取です。廃車処分でスクラップにしたり、業者に引き取ってもらうこともできますが、処分には費用がかかり、かさむばかりで損をすることは多いです。 また、スクラップにして処分した場合でも、鉄くずとしての代金はもらえるものの処分の費用と相殺されることがほとんどで、手元に残るお金はわずかしかありません。車を少しでもお得に処分するのであれば、廃車手続きや引き取りなどの費用も相殺でき、かつ手元にお金も残りやすい買取がおすすめです。 中古車であっても積極的に買い取ろうと考えている業者はたくさんありますし、場合によっては高値で買い取ってもらえる可能性もあります。買取で高値がつく車にはさまざまな特徴がありますが、高価買取を目指すためにはいくつかのポイントもあります。 同じ車でも売り方次第で買取金額は異なりますし、少しでも高値で売るには工夫が必要です。愛車を手放すのであれば、買取がもっともおすすめですので、上手に買い取ってもらうための方法やポイントを知っていきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

Contents

車はどこに売るべきか

車が売れる場所はさまざまありますが、どこで買い取ってもらうかによって価格は大きく違ってきます。同じ車でも売る場所次第で買取価格は異なりますので、まずはどこで売るべきかを考えなければなりません。車の買取をおこなっている業者はたくさんあり、それぞれで利用するメリットは違っています。業者ごとのメリットや違いを正しく理解して、どこで売るともっともお得になるのかを考えましょう。

買取業者に買い取ってもらう

車を売るのであれば一番イメージされやすいのが、買取業者への売却です。買取業者は中古車の買取と販売の両方をおこなっている場合もあり、高値で買い取ってもらいやすいです。また、業者によっては買取専門でおこなっている場合もあり、その場合でも高価買取を実現しやすいのでおすすめできます。 業者によっては廃車専門、事故車専門で買取をおこなっていることもありますので、愛車の状態に合わせてどの業者を利用するか選ぶことが大切です。買取業者は中古車を高値で買い取ってくれやすいですが、業者ごとの買取金額は大きく違います。 そのため業者の選び方が難しく、利用する業者はしっかり吟味して選ばなければ、損をする可能性もあるので注意しましょう。

買い替えなら下取りに出す

単に愛車を売るだけではなく、買い替えも考えているのであれば、ディーラーに下取りに出すのもおすすめです。下取りは新車の購入を前提として車を引き取ってもらう方法であり、下取りに出した車の査定金額を新車購入代金にあてて値引きをします。 また下取り限定の値引きなどをしてもらえる場合もありますし、お得になる可能性は高いです。下取りと買取で比べれば、査定額は買取の方が高い傾向にありますが、値引きと合わせれば実質高値で売れますし、下取りが損というわけではありません。 加えて下取りであれば、車の売却から新車の購入までをひとつの店舗ですべておこなえますし、手間も大幅に省略できますので、買い替える場合は下取りがおすすめです。

友人や知人などに個人取引で売る

車を売る方法としては業者に売却するのではなく、個人間で友人や知人などに売るという方法もあります。車は資産ですので、売るとなれば譲渡証明書の発行や名義の変更など雑多な手続きは多いですが、取引相手が信頼できるのであればリスクは小さいです。 信頼できない相手に売却するのは非常に危険ですし、持ち逃げなどのトラブルに巻き込まれる可能性もあるので注意しなければなりません。個人でやりとりをするなら業者から代行手数料を引かれることはありませんし、買取金額はすべて自分のものになります。

ネットオークションやフリマで売る

車を個人で売却する場合は、ネットオークションやフリマで売るという方法もあります。この場合でも仲介手数料がかかりませんので、売却金額はすべて自分のものとなります。ネットオークションの場合は出品手数料などが必要な場合も多いですが、それも微々たるものですし、それらを差し引いたとしてもかなりの金額が手に入る可能性も高いです。 ネットオークションやフリマでの売却はハードルが高いですが、車を売買するための十分な知識と行動力があれば特に問題はありません。売買に関する手続きをすべて自分でおこなえる自信があるなら、この方法を選びましょう。

車をより高く売るために知っておこう

車を高く買い取ってもらうためにはさまざまな工夫が必要であり、知っておくべきことがたくさんあります。ただ車を買い取ってもらうだけであれば、業者に連絡して車をみてもらうだけでよいですが、少しでも高値で買い取ってもらいたいなら売りに出す前の事前準備が重要です。 高く売るための知識を身に付けることも、事前準備のひとつであり、非常に大切なことです。少しでも高く売るためには何を知っておけばよいのか、高価買取を目指すコツを把握しておきましょう。

売ると決めたらすぐ売ろう

少しでも高値で売りたいのであれば、売ると決めたらすぐ売ることが大切です。高値で売れる車の条件はさまざまありますが、その中のひとつとして車の状態が挙げられます。車の状態は、きれいであればあるほど高値がつきますし、一方、汚れや、消耗していると査定額は下がります。 いつ売ろうか迷っているうちにも車はどんどん古くなり、消耗してしまいます。思い立ったが吉日でもありますし、悩んでいるうちに好機を逃してしまう可能性もありますので、よりよい状態のうちに売りに出しましょう。

相場を知ると高値と安値が見えてくる

愛車を売る前には、まずはいくらくらいで売れそうなのか、相場を知っておくことが大切です。ネットで調べれば買取相場は調べられますし、事前に必ずチェックしておきましょう。相場を確認しておくことで、いくらぐらいで売れそうなのかが分かり、その車における最高値と最安値がみえてきます。 相場を知らないままで売りに出してしまうと、安値で買い叩かれて損をする可能性もありますので、適正価格を知ることは非常に大切です。相場を理解し、いくらで売れそうか大体の見当をつけてから業者が提示する見積り査定額を確認して、その業者に売るかどうかを決めましょう。

査定は相見積もりで高値の業者を選ぶ

車を買い取ってもらう際には、まずは査定に出しますが、査定の方法もさまざまです。ひとつの業者だけに査定をしてもらう場合もあれば、複数の業者に同時に査定をしてもらうこともあります。複数業者が同時に査定をすることを、相見積りといいますが、これをすることで納得できる金額を提示してもらいやすいです。 ほかの業者と一緒に査定をしてもらえば不当に安い金額は出しづらくなりますし、業者間で競争が生まれるため見積りの金額も高くなりやすいです。相見積りをしない場合でも、必ず複数業者から査定を受け、それぞれの見積り金額を確認した上で、もっとも高値を出してくれる業者に売りましょう。

車を売る時期で買い取り額がかわる

車を高値で買い取ってもらうためには、売りに出す時期もポイントです。車の買取価格がもっとも高くなるのは、車の需要が伸びる時期であり、特に1月~2月がおすすめです。3月や4月などは春からの新生活に向けて車の需要が伸びるため、この需要で売り逃しをしないためにも、業者は事前に在庫を確保しようと考えます。 加えて3月は決算期ですし、この月までに少しでも業績を上げたいと業者は考えます。業者にとっては3月での車の販売が勝負になりますので、その準備期間である1月、2月に売ることがもっとも高値で買い取ってもらいやすく、おすすめです。

地域による見積額の違いがある

物価が地域によって違うように、車の買取価格の相場も地域によって違います。車の需要が多い地域ほど買取価格は高くなりますし、反対に需要がない地域では人気車であっても高値で買い取ってもらえない可能性があるので注意しましょう。 基本的には都市部になるほど買取価格は高くなりますので、可能な限り都市部で売るようにし、それが無理なら地域ごとの特徴を理解した上で、もっとも需要が高い地域で売りましょう。

車のボディカラーと見積額

車のボディカラーも、査定の見積額に大きく影響します。人気色の車ほど高く買い取ってもらいやすいですし、反対に不人気色の場合は査定でもプラスに働かないことが多いです。基本的に人気なのは白、黒、グレーの3色であり、これは世界的にみても同じことがいえます。 これらのカラーは無難な色であり、年代を問わずに需要があるため査定でもプラスになりやすいです。反対に緑や黄色など、派手で好き嫌いが分かれるカラーの場合は、プラスに働かないことがほとんどです。不人気色だからといってマイナスになるわけではありませんが、プラスの要素にならないことは覚えておきましょう。

車を高く売りたいときに注意すべきこと

車を高く売るためにはさまざまな工夫が必要であり、事前にやっておくべきことはたくさんあります。しかし、やっておくべきことがたくさんある反面、すべきでないことも多いです。事前準備を念入りにおこなおうと考えるあまりに失敗してしまうこともありますし、注意点も理解した上で準備をすることが大切です。損をすることなくお得に車を売却しましょう。

車検は通さない

査定額に影響する要素はさまざまあり、車検の残存期間もそのひとつです。車検切れの車でも買い取ってはもらえますが、車検が残っている方が査定額は高くなりやすいですし、残存期間が長いほど査定の増額も期待できます。 しかし、車検が切れている、あるいは更新日が近づいているからといって、車検を通してから査定に出すのはNGです。確かに車検を通せば査定額は上がりますが、それも微々たるものですし、車検の費用はまったく回収できません。車検の費用ばかりがかさんで必ず損をしますので、車検は通さずに査定に出しましょう。

車の内外を洗車する

査定額を少しでも上げるためには、車をきれいな状態にしておくことが大切です。そのため事前に洗車をしておき、車内も清掃するなどしておきましょう。車の状態は査定にも影響しますし、きれいな状態であればあるほど印象がよく、査定額の増額対象になりやすいです。 また、売却すれば車内に残っている私物は原則処分されますし、忘れ物の確認にもなります。売却が決定すれば最終的な忘れ物のチェックもしなければなりませんし、それをおこなう意味でも事前にきちんと清掃してから査定に出しましょう。

傷やヘコミは直さない

査定に出す前には車はきれいな状態に戻すことが大切ですが、傷やヘコミは修理しなくて構いません。修理してから出せば査定額は増額されますが、修理費の方が高くつきますし、基本的には損をします。また自分で修理をした場合でも少なからず費用はかかりますし、場合によっては修理箇所が目立ってしまい、減額対象になる可能性もあります。 プロ並みの腕前で完全に修理できるのなら別ですが、少しでも自信がなければ修理せず、そのままの状態で査定に出すことが大切です。

オプション品は純正に戻す

オプションが付いている場合は、それも査定の対象になります。基本的には純正が高く評価されますので、可能であればオプションはすべて純正品に戻しておきましょう。オプションを戻すのに費用や手間がかかるならそのままでも構いません。 また、社外品でも業者によっては高値が付く場合もあります。オプションはどれが高く評価されるのか業者によって違いますので、取り外しなどの手間が少しでも面倒に感じるなら、そのまま査定に出しても問題ないでしょう。

スペアキーはつけておく

査定では車の状態はもちろん、車の付属品も評価の対象です。付属品として評価されるものはたくさんありますが、その中のひとつとしてスペアキーがあります。スペアキーがなければ若干の減額対象になりますので、持っているのであれば必ず用意しておきましょう。 紛失している場合は作り直す必要はありません。スペアを作る方が費用がかかってしまうこともありますので、基本的にはある場合のみ準備すると考えましょう。

スタッドレスタイヤをつけて車を売る

地域によって買取価格の相場が違うように、地域の特色次第では付属品が高く評価されることもあります。雪国ではスタッドレスタイヤがついていればプラスに働く可能性も高いので、あれば必ずつけて査定に出しましょう。 スタッドレスタイヤは高価な製品ですが、基本的に評価されるのはそれが必要な地域のみです。一般的には査定には影響しませんので、その地域の需要に合わせて準備することが大切です。また地域に関係なく、スペアのタイヤがあれば評価されますので、これは必ずつけておきましょう。

車を売るために必要な書類

車を業者に売るためには買取契約を結ばなければならず、この契約を完了させるためにはさまざまな書類が必要です。必要書類をきちんと集めておかなければ、手続きは完了しませんし、買取もストップしてしまいます。スムーズに買い取ってもらうためには、事前に書類を準備することが大切ですので、買取の際には何が必要なのかを知っておきましょう。

普通乗用車の場合

普通乗用車の場合、業者に買い取ってもらうためには以下のものが必要です。

  • 自動車検査証
  • 印鑑登録証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 実印
  • 振込口座情報
  • リサイクル券

必要な書類はさまざまありますが、特に重要なのは実印です。実印は印鑑登録証明書に登録しているものでなければならず、登録した印影と違うものを準備しても使用できません。印鑑登録証明書は発行から3カ月以内と期限も決まっていますし、有効期限と実印と印影が一緒かを確認して準備しましょう。 また、自動車納税証明書も必須書類のひとつですが、これは地域によっては省略できる場合もありますので、業者に確認が必要です。

軽自動車の場合

軽自動車の買取に必要な書類は以下の通りです。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車納税証明書
  • 印鑑(認印可)
  • 振込口座情報
  • リサイクル券

基本的には普通乗用車の場合と同じですが、軽自動車の場合は印鑑は実印ではなく認印でOKです。そのため印鑑登録証明書も不要であり、必要書類はやや少なめです。また、軽自動車納税証明書も普通乗用車同様に地域によっては不要ですので、業者に確認しましょう。

委任状について

業者に買い取ってもらうための書類はさまざまありますが、買取に伴って廃車手続きなどもおこなってもらう場合は、さらに委任状が必要です。委任状とは簡単にいえば廃車などをはじめとした法的な手続きを他人に依頼する場合に必要な書類であり、業者に依頼する場合にはこれは必須です。 委任状は国土交通省のホームページでダウンロードできますので、それを印刷して使用しましょう。また軽自動車や軽二輪車の場合は委任状ではなく、申請依頼書という用紙を使用します。

必要書類を紛失した場合

買取をしてもらうためにはさまざまな書類が必要であり、これらを紛失している場合は再発行が必要です。車検証を紛失した場合は運輸局で、自賠責保険証は契約している保険会社に依頼して再発行します。納税証明書は管轄の県税事務所に問い合わせれば、再発行が可能です。 これらの書類はひとつでも欠ければ手続きは進められませんので、紛失すれば素早く再発行しなければなりません。また、再発行には時間がかかる場合もありますので、売却までに余裕を持って手続きをしておきましょう。

リサイクル券について

必要書類のひとつとしてリサイクル券がありますが、これはリサイクル法に基づいてリサイクル料金を納付している証明です。リサイクル法とは、車をリサイクルする際にかかる費用を車の持ち主にも一部負担させるというものであり、リサイクル料金を支払っていなければ廃車時に別途納付が必要です。 リサイクル券はリサイクル料金を支払っている証明ですが、これは紛失しても再発行の必要はありません。リサイクル料金を支払っているかどうかは、サイトで検索でき、その預託画面を印刷すれば代用できます。紛失した場合は預託画面を印刷して、その他の書類と一緒に提出しましょう。

車を売る際のお役立ち情報

車を売る際には知っておくべきことがたくさんあり、知っておくことでスムーズに買取を進められる情報も数多くあります。役立つ情報は知っていて損はありませんので、それらも把握して愛車を上手に売却しましょう。

ローンのある車を売る場合

ローンが残っている場合は、車の所有者は自分ではありませんので、勝手に売ることはできません。車を売れるのは所有権者だけであり、勝手に売ってしまうと犯罪になるので注意しましょう。ローンが残っている車を売る場合は、まずは所有者と交渉して所有権の解除をしてもらう必要があります。 車を売った際の買取金額でローン残債が相殺できる、あるいは大部分を支払いにあてられるなど説明した上で、売却してもよいか依頼します。所有者からOKが出れば委任状などを書いてもらい、買取の手続きを進めます。

自分名義以外の車を売りたい場合

自分名義以外の車を売りたい場合も、基本的にはローンが残っている場合と同じです。名義がある=所有権があるということですので、自分名義以外のものを勝手に売るのは犯罪です。自分名義以外のものを売りたいのであれば所有権を解除してもらう、あるいは名義者本人に売却を依頼しなければなりません。 人の物を勝手に売るのは犯罪になりますので、所有権者と相談してから、売却してもよいかを確認し、所有権の所在を明らかにした上で手続きを進めましょう。

事故歴のある車を売りたい場合

事故歴のある車でも買い取ってもらうことは可能であり、業者によっては高値を提示してくれることもあります。そもそも事故歴とは、事故によって故障した、あるいは災害などによって故障した車を指します。事故歴だけでは査定額が大幅に減額することはなく、大幅な減額があるのは車の骨格部分を修理したことがある修復歴のある車です。 事故歴と修復歴は別物ですので、事故歴だけであれば高値で買い取ってもらえることもあります。また修復歴車でも、業者によっては値段をつけてくれますので、事故車専門買取業者などを利用するとよいでしょう。

動かない車を売りたい場合

自走できない不動車であっても、買い取ってくれる業者はありますので、まずは業者に相談しましょう。不動車の場合は出張査定をしている業者を選び、査定をしてもらいます。見積り金額に納得がいけばそのまま買取となりますし、業者によってはそれなりの金額で買い取ってくれることもあります。不動車の場合も、事故車や廃車専門の買取業者を利用するとよいでしょう。

走行距離の多い車を売るときは

査定の基準として過走行車という評価基準はありますが、走行距離が長い=査定価格が安いわけではありません。走行距離は評価項目のひとつですが、それ以外にも評価ポイントはさまざまありますし、その他の要素次第では高値で買い取ってもらえる可能性もあります。 また、海外に販路を持っている業者であれば、走行距離に関係なく高値での買取を期待しやすいです。日本車は海外で人気ですし、海外では走行距離はそれほど重要視されませんので、販売ルートを確認して業者を選びましょう。

古い年式の車を売るときは

年式も査定の評価基準のひとつですが、古いからといって売れないわけではありません。走行距離同様に年式が古くても売れますし、これも海外では人気が高いです。走行距離が長く、年式が古い車でもあっても、海外では高値で売れることが多いので、業者をきちんと選べば高値で買い取ってもらえる可能性はあります。

車の部品を売りたいとき

車の故障箇所が多く、本体としては売れない場合は、分解して部品を売るという方法もあります。車の部品を売りたいときは、オークションに出品したり、部品専門業者などに依頼しましょう。複数の業者から査定してもらえば買取価格の相場は分かりますし、部品だけでも売れます。車はパーツとしての価値もありますし、ボロボロになったとしても買取を諦める必要はありません。

車を売った後にやっておくこと

買取の契約が済めばようやく一段落ですが、これですべての手続きが終わったわけではありません。車を売った後にもしておくべきことはたくさんありますし、それができていないとトラブルに発展する可能性もあるので注意が必要です。車を売った後には何をすべきかを知って、最後まで油断せずに買取の契約を完了させましょう。

振り込まれた金額の確認

車を売れば当然お金が支払われますが、それが本当に支払われたかを確認しなければなりません。車の買取代金は事前に指定した銀行口座への振り込みになりますので、契約時にいつ頃振り込まれるのか確認しておきましょう。 聞いていた日時を過ぎても振り込みがない場合は業者に確認しなければなりませんし、そのまま放置しないように注意しましょう。場合によっては持ち逃げをされることもありますので、振り込みはきちんと確認しておかなければなりません。

自動車保険の処理

自動車を売れば自動車保険は不要ですので、自賠責保険や任意で加入している民間保険などは解約しなければなりません。自動車を持っていないのに保険料を支払い続けるのはもったいないですし、素早く解約手続きを進めましょう。 また新しく買い替えた場合は、各種保険も切り替えなければなりません。任意保険は特に切り替えの連絡は必須ですので、車を購入した旨を伝え、今後の保険料なども確認しておきましょう。

車を売ると税金の還付がある

車を売った場合は、廃車の方法に応じて税金の還付があります。売却後名義だけを抹消する一時抹消登録であれば自動車税が、車をスクラップにする永久抹消登録であれば自動車税と重量税が還付されます。自動車税は、廃車翌月から3月までの期間を月割計算し、重量税は車検の残存期間に応じて還付金が決まるため、場合によっては還付金がないこともあるので注意しましょう。 還付金は買取金額に含まれているのか、別途還付してもらえるのかなど、買取契約時に業者に確認することが大切です。

代車の手配など生活の足の確保

車が不要になって売却するだけであれば問題はありませんが、売却後に買い替えをする場合は、代車を手配して生活の足を確保しなければなりません。売却と買い替えた車の納車のタイミング次第では代車が必要になる場合もありますので、生活に不自由しないためにもこれは必ず手配しておきましょう。 短い期間でも車がなければ不便になることは多いですし、通勤などで必要な場合は素早く手配しなければなりません。

車を高く売るために事前に調べておこう

車を売る方法はさまざまありますが、どの方法で売るかによって買取金額は違ってきます。また、同じ方法でも売り方次第で金額は異なりますし、少しでも高値で売りたいのであれば、しっかり工夫することが大切です。愛車を手放すのであれば、少しでも高く買い取ってもらうに越したことはないので、安く買い叩かれて損をしないように注意しなければなりません。 しっかり工夫すれば車は高く売れますし、反対に何も考えていなければ安くしか売れません。高値で売れれば買い替えの資金にもなりますし、買い替えが不要でも今後の生活資金として役立ちます。お得に売るためには何を知っておけばよいのか、必要な知識を事前に身に付けておき、できるだけ愛車を高値で買い取ってもらいましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト