車 乗り換え タイミング

乗り換えのタイミング

新生活の開始に合わせて、家族構成が変わったなど、車を買い換えるタイミングというのは人生で何度か訪れることになります。
ここでは自分にあった車の買い替え・乗り換えのタイミングについて説明します。買い替え・乗り換えの際に旧車を処分する際は、是非カーネクストにお問い合わせください。
カーネクストは、高額査定・諸費用完全無料・自動車税還付対応可ですので、かなりお得です!

就職・社会人になった時

生活環境の変化という面で見れば、一番変化が大きいのは就職し、社会人になった時です。学生の頃とは収入も支出も桁が変わり、ローンを組んだり、1~2年貯金をすれば車を購入することも難しいことではありません。就職してすぐの場合はまだ貯蓄額も低いと思われますので、ローンを組んで買うか、コストパフォーマンスに優れた中古車を探すのが良いでしょう。

もし、通勤など毎日車を使うのであれば、走行距離は短期間のうちに膨れ上がり、ガソリン代は馬鹿にできない出費となります。そこで選びたいのはハイブリッドカーなど、低燃費の車です。ハイブリッドカーは燃費に優れているものの、普通のガソリン車よりも車両価格が高く、あまり車に乗らない場合は逆に損をしてしまいます。およそ10万~15万kmを走行すれば、浮いた燃費がハイブリット搭載有無の差額になるそうです。
しかし、毎日車を利用するような場合は、累計走行距離が10万kmを超えることは珍しくありません。ハイブリッドカーを選べば燃費の良さからガソリン代がかなり節約できるため、総出費としてはハイブリッドカーを選んだ方が安くつきます

将来結婚をするつもりがあれば、お金を自由にできるのは独身時代の特権なので、燃費は気にせず単純に自分の好みで自動車を選ぶのも良いかもしれません。

結婚・同棲を始めた時

結婚すれば多くの人は同棲し、二人での新生活が始まります。子供をいつ頃から考えるかによって購入する車を検討するのが良いでしょう。
子供がすぐ欲しい場合は、子供が産まれた後も継続して乗ることができる車を選択しましょう。
すぐには子供を作らないということであれば、二人が乗れるだけのクーペ・スポーツカーでも良いでしょう。
または子供ができるまで費用を抑えるために安い中古車を利用し、子供ができたら再度車を買い換えるという選択肢もあります。

出産・家族が増えた時

子供ができれば、人数に合わせた車を選択する必要が出てきます。
4人家族までであれば軽自動車でも問題ありませんが、5人以上になる場合は普通車を選ぶ必要があります。
軽自動車の場合は軽トールワゴンタイプに、普通車の場合はトールワゴン・ミニバンなどにすれば、チャイルドシートの乗せ降ろしも楽です。

また、軽自動車でも普通車でも、スライドドアの車種を選択することをオススメします。
スライドドアの方が開口部が広く、チャイルドシートの乗せ降ろしが楽になりますし、通常のヒンジ式のドアは子供が乗り降りの際に隣に駐車している車にドアをぶつけてしまう可能性があるため、スライドドアの方が安心です。

セカンドカーが必要になった時

5~7人家族で全員一緒に乗れるようにミニバンタイプの車を購入していても、常に全員が乗車するわけではなく、スーパーなど近所での買い物や子供の送迎などの日常利用ではミニバンであるメリットは全く活かせず、燃費が悪く、小回りもききにくいデメリットが目立ちます。

また、車のタイプによらず仕事でご主人が車を毎日使う場合、奥さんが買い物などの日常利用ができなくなってしまいます。
そういった、車一台では不便なことを解決するための手段として、「セカンドカー」という選択肢があります。
セカンドカーの利用目的は、少人数の日常利用ですので、燃費がよく小回りもきく小型の車が適切です。
その要件を満たすのは軽自動車やコンパクトカーになるのですが、セカンドカーを買う世帯の多くは既に一台は比較的大型の車両(=維持費が高い)を所有しているため、二台目としては維持費が最も低くて済む軽自動車がセカンドカーとして人気があります。

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中