ローン残債 車売却

ローンが残っている場合

ローンで車を購入した場合

※ほとんどの場合であり、まれに債務者を所有者としている場合があります。

ローンで車を購入した場合、自動車検査証(車検証)に記載されている法的な「所有者」はローン会社になっていることがほとんどです。 そして、所有者の許可がなくては車を誰かに売る(所有権を譲る)ことはできません。

ローンがまだ残っている場合、もちろんローン会社としては残債を全て支払ってもらうまで、勝手に車を処分されてしまうのは困りますので、ローンを完済するまではローン会社の許可は得られないでしょう。

ローンが残っている車を売却したい場合、まずローンの残債をなくしてください。 ローンの完済が済んだら、所有者(変更前はローン会社)の変更手続きができるようするため、ローン会社に問合せて「印鑑証明書」「譲渡証明書」「委任状」などを取り寄せてください。

所有者の変更手続きなど、カーネクストでは車のお手放しに必要な全ての手続きを無料で代行しておりますので、カーネクストまでお問い合わせください。

稀に、ローン契約をしているにも関わらず、債権者(ローン会社)ではなく債務者(自動車の購入者)を所有者としているケースもあります。 その場合は所有者(自動車を購入した人)の判断で車を売却(=所有権を譲る)したり、廃車したりすることができます。 ただし、それにより返済義務が消失するわけではないため、ローンの返済はしっかりする必要はあります。

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中