古い車、車検切れ、動かない車、走行距離の多い車の買取ならカーネクストにお任せ!

  1. 古い車買取カーネクスト ホーム
  2. 知ってトクする廃車の豆知識
  3. 査定額を上げるポイント

査定額を上げるポイント

長年乗ってきた愛車を手放すなら、できるだけ好条件で手放したい思います。例えばかすり傷などは、査定に出す前に、ご自身の少しの手間と知識で補修すると買取金額が変わってくるかもしれません。
また手放すタイミングも買取金額が大きく変わってまいります。こちらでは愛車の売却をお考えの方に少しでもお力になれたらと思い、要点を数点ご紹介いたします。 

売却を考えた時が売り時

車の査定額は日々変化しますが、基本的には下がっていくことが多いです。
その理由としては、時間の経過によって年式が古くなり、その間に利用すれば走行距離も増えてしまうからです。例えば大切に車を使っていたとしても、新車購入時から10年以上経過した低年式車や、10万km以上走行しているような過走行車は、日本の中古車市場においては価値がないものとされます。
よって売却時も査定額がつかなかったり、最悪の場合は処分費用を請求されてしまうことになります。

  • 年式が低いことや、走行距離が多いことは、査定額を大きく下げる要因です。

なるべく綺麗にする!

売りたい車のコンディションは、査定において重要です。なぜなら中古車を買うユーザーにとって、購入する車が綺麗かどうかというのは重要なポイントの一つであるためです。
新車購入と違い、前所有者にどのような乗り方をされてきたかわからない中古車にとって、内装・外装が綺麗であるということは、大切に乗られていたと考える判断材料になります。そのため中古車を買うユーザーによっての安心感に繋がり、中古車を販売する側にとっても売りやすい良い商材とされます。よって査定額も高くなりやすいのです。

大きな傷やヘコミなどは、修理しなければ綺麗にすることができない場合もありますが、かすりキズなどご自身で修理することが可能なケースもあります。
業者に修理を依頼するのとは違い、ご自身で作業すれば工賃もかかりませんし、非常に安く済みます。内装についてもタバコの焦げやシートの汚れ、臭いなどは査定額をマイナスされる要因となりますので、普段から気をつけておく必要があります。タバコの焦げ跡はついてしまった後はどうしようもないのですが、汚れはウエットティッシュやクロスで綺麗にできますので、出来るだけ綺麗にしてから査定してもらいましょう。
臭いについては、ついてしまった臭いをすぐに解決することはできないので、日頃から換気をしたり脱臭剤などを使えば、他人からも気にならないレベルを保てると思います。

業者に頼まなくてもできること

軽いキズなどを修理で依頼すると結構なお金がかかりますよね。しかもキズを放置していると錆になります。車のボディーは塗料で防錆加工がされており、それが剥がれて放置していると錆びがひろがっていきます。ただ修理に出すほど大きい傷でもないし。。。ここでは軽度な修理をご自身でもアイテムと知識があれば、業者に頼まずご自身でも行うことができます。こちらでは車の補修アイテムをご紹介させていただきます。
※修理は自己責任となりますので、補修を行う前に使い方など、お調べになってからご使用ください。

コンパウンド
学校の授業で紙やすりを使ったことがあると思います。表面がザラザラしており、磨くとピカピカになる道具です。コンパウンドはそのざらざらした粉状の研磨剤をペースト状にしたもので、凹みのない浅いキズでしたら、研磨して表面をごくわすか削り取り、平らにすることで目立たなくなります。
タッチペン
キズのついた塗装面に同じ色の塗料を塗布して補修いたします。注意していただきたいのが色です。間違った色を塗布すると逆効果になります。
では自分の車のカラーどこで確認できるか?ですが、エンジンルームの中にあるプレートでご確認いただけます。またディーラーやメーカーにお問合わせいただければ、車のカラーを知ることができます。
スプレータイプの塗料
国産車の純正色と同じ色もありますので、非常に使いやすいです(ご自身の車の色を把握したうえでご利用ください)
ただスプレーを吹き付けるだけで補修できるわけではないので、ご利用になる前に処置をしっかりと行いご使用ください。
  • 内装・外装が綺麗であるということは、大切に乗られていたと考える判断材料になるため、中古車を買うユーザーによっての安心感に繋がります。そうすると中古車を販売する側にとっても売りやすい良い商材ということになるため、査定額も高くなりやすいです。

純正のパーツはそのままに

純正のオプションは基本的にプラス査定になることが多いです。
カーナビはオプションですが、ダッシュインタイプのカーナビを取り外してしまうと、ダッシュボードの中央部分がすっぽりと空いてしまうため、マイナス査定になる可能性があります。
パーツがあることを前提に査定してもらっているのに、その前提条件を崩してしまうのは問題です。オプションでマイナスになることはあまりないのですが、過度なドレスアップはマイナス査定とされることもありますので、注意しておきましょう。

  • 事前に車を買取ってくれる業者に、外したいパーツがあるということを相談しておきましょう。もし査定をだしてもらった後でパーツを取り外してしまうと、詐欺のような行為ですので、問題になってしまいますので、ご注意ください。

付属品は大切に保管しておく

購入時に付属していた「整備手帳」「保証書」「スペアキー」「取扱説明書」などは大切に保管しておいてください。「整備手帳」「保証書」などは高い年式の車であれば、ディーラーの保証を次の購入者に引き継ぐことができるため、非常に重要です。

  • 付属品はあってしかるべきものですので、付属品が紛失している場合はマイナス査定とされてしまう可能性があります

古くなった車は売れない?

一般的に、日本国内においては10年以上経過した低年式車は、中古車市場において無価値とされます。
その為、売ろうとしても査定がつかないばかりか、廃車処分費用を取られてしまうことも珍しくはありません。
しかし、カーネクストなら海外への販売ルートを持っています。海外では走行距離が10万km以上の車や年式が10年前の古い車であっても需要がありますので、査定額を高くつけることができます。

  • 日本国内の業者に買い取ってもらえなくても、諦める前にカーネクストにお問い合わせください!!

愛車の価格を20秒カンタン査定。査定のプロにお任せ相談!!

車に関する情報

メーカー
車種
年式
走行距離

お客様に関する情報

お名前
電話番号
営業時間は8:00~22:00で年中無休で対応します
通話無料・年中無休で受付。TEL:0120-301-456