中古車売却 中古車買取 コラム

車検

【車検の比較!】依頼先で費用とメリットがどれくらい違うか。

更新日:

車に長く乗っていれば、2年毎に必要な車検を何度か受ける機会が出てくるでしょう。そして、その車検の受け方は「店舗で」や「ディーラーで」など実に様々で、どの方法で行うかによって費用や整備の質、かかる時間などはかなり違ってきます。車検をスムーズかつお得に受けるためにも、それぞれの方法を知ってどれがよいか比較検討していきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車検を受ける方法や店舗ごとの比較

冒頭でもある通り、車検の方法は様々で受けられる店舗も数多くあります。当然どの方法でも車検は更新できますが、受けられるサービスの質や費用などは均一ではございません。ただ単に「車検を更新出来れば良い」というだけでなら選択に迷われる必要はありませんが、少しでもお得に済ませたいのであれば、しっかりと比較して選択しなければなりません。車検の方法ごとの違いを知って、どれが自分が求めるものにもっとも適しているかを考えていきましょう。

安さと早さが売りの車検専門店

車検といえば、車検専門店をイメージする人が多いです。車検専門店は安さと早さが売りで、スピーディーかつお得におこないたい人にはおすすめです。安さの秘訣は最小限の整備であり、希望すれば車検を通すためだけの整備をしてくれます。 必要最低限だけの整備で済みますので、費用は安く抑えられます。また、ほとんどが予約制のため、混み合うことも少なく、整備もスムーズで早く仕上げられるのも特徴です。

車検専門店の特徴
メリット デメリット
・安さ
・速さ
・予約制
・車検に通すだけ
・関係ない部分は無整備

安心と信頼のディーラー

車検といえば、ディーラーを思い浮かべる人も多く、ディーラー車検は安全性や信頼性の高さが売りです。ディーラー車検だと費用は割高になりますが、その分整備やサービスは充実しており、安全に車に乗るための完璧な整備をしてくれます。他の車検方法と比べれば整備の質も高いので、費用よりも仕上がりの質を求めるのであれば、ディーラー車検がおすすめです。

ディーラー車検の特徴
メリット デメリット
・安全性
・高品質
・サービス
・高額になりがち

費用は安いが手間がかかるユーザー車検

車検の費用は方法によって違いますが、基本的には数万円から数十万円単位で費用が必要です。これは、業者に車検を依頼するからであり、車検の代行手数料や整備などに費用がかかっています。この費用を抑える方法としては、車検に関わる全ての手続きを自分でやるユーザー車検を行う必要があり、平日の陸運局に車を持っていき整備や立会検査なども全て自分で行う事で可能となります。そのため時間と手間がかかりますが、車検の方法の中で費用を一番安く済ませることができます。

ユーザー車検の特徴
メリット デメリット
・最安値 ・平日に時間が必要
・書類の準備は全て自力で

部品の調達がスムーズなカー用品店

カー用品店でも車検は可能であり、用品店ならではの部品調達のスムーズさが大きな特徴です。カー用品店であれば整備に必要な部品、消耗品などの在庫が豊富ですし、取り寄せとなった場合でも独自のルートで素早く入手できるだけではなく、セール品を使った整備なども可能で部品代も安く抑えられます。ただし、整備の質にムラが出やすいのがデメリットで、通常は常駐している整備士による車検がほとんどですが、アルバイトがサポートに回る可能性もあるため車検時の担当次第でサービスの質は大きく左右されます。

カー用品店での車検の特徴
メリット デメリット
・部品交換がスムーズ
・消耗品などの交換が安い
・取り寄せ対応の際も早い
・整備の質にムラが出る
(運要素が大きい)

近くて便利なガソリンスタンド

ガソリンスタンドはガソリンの補給だけではなく、車検も受けられます。ガソリンスタンドが家から近い場合は手軽に車検を受けられますし、車検費用も安く済ませる事ができ、ガソリン代の割引など別途特典が受けられるケースも多いです。ただし、整備士が常駐していない場合がほとんどのため、整備の質に不安があることがデメリットです。

ガソリンスタンドでの車検の特徴
メリット デメリット
・家から近い
・比較的安い
・割引特典の可能性
・タイミング次第では受けれない
・整備にムラが出る可能性がある

安くて手軽な車検代行業者

車検費用をとにかく安く抑えたいのであればユーザー車検がおすすめですが、平日に時間が取れない人も多いです。そこでおすすめなのが車検代行業者であり、代行手数料として1万円程かかる場合が多いですが、それでも費用はユーザー車検の次に安く済みます。車検の手続きのみ代行となりますので、整備などは事前に自身でおこなわなければなりませんが、手間をできるだけかけずに安く抑えたいならおすすめです。

車検代行利用の特徴
メリット デメリット
・最安ではないが安い
・平日に休めなくても可能
・代行手数料1万円前後が必要
・整備自体は自力で

車検の見積もりを比較する時の注意点

車検に出す際にはまずは料金を見積りしてもらい、その店舗で車検を受けるか決めますが、お得に受けるためには各社で比較することが大切ですが、この際にいくつかの注意点があります。その部分を見誤ると最終的に予想外のトラブルに見舞われる可能性もございますので、見積りの際は適切な比較方法を実施して、的確に車検の手続きを進めましょう。

点検費用の内訳を確認する

車検の見積り額には点検費用が記載されていますが、これはしっかりチェックしておかなければなりません。というのも、点検費用はその店舗の売上となるため、店舗ごとに値段の設定や検査の項目などは違っているのです。なので、店舗によっては不要な検査までおこなって費用を上げようとする場合もありますので、検査の必要性に関する説明をしっかり聞くように心がけ、不要なものは外してもらうことが大切です。

消耗品交換は自分で行う

車検時にかかる費用としては、保険料や税金などの法定費用、業者に依頼する場合の車検基本料に加え、整備や消耗品の交換などの費用がかかります。大規模な修理や整備の場合は業者に委託するしかありませんが、消耗品の交換はできる限り自分でおこなうことでコスト削減に貢献する事が可能となります。見積もりにワイパーやウォッシャー液など、消耗品を交換する工賃が含まれている場合は、これらは自分で交換する様にしましょう。なお、カー用品店では話は別で、消耗品の割引券などを特典として配布される所もございますので、そういったサービスがある場合に関しては割引額と工賃を比較して安い方を選択する様にしましょう。

外車やハイブリット車にも対応できるか

外車やハイブリット車を車検に出す場合は、これらの車の整備にも対応できるか確認しておかなければなりません。外車やハイブリット車は、整備に特殊な装置が必要になる場合もあるため、整備や車検の可否は業者に聞いておく必要があります。とはいえ、多くの場合は車検の見積もりの段階で気づくものですが、それこそ受付は知識の乏しい新人アルバイターなどが対応する場合は、いざ車検となったタイミングで対応できない事が発覚するケースも可能性としてはありえるでしょう。

支払方法の確認を忘れない

車検には当然費用がかかりますので、支払方法も確認しておくことが大切です。車検費用は方法に幅がありますが基本的には数万円単位でかかることが多く、場合によっては10万円を超す場合もあります。現金で一括で支払うのが難しい場合もありますし、クレジットカード払いを考える人も多いですが、すべての店舗でカードが使える訳ではありません。そう言った場合は、いざ支払のタイミングになって次の給料日までに車検費用を現金で用意できないなどのトラブルに見舞われる可能性がありますので、支払い方法に関しては事前に確認しておきましょう。

車検の期限に余裕を持って比較を実践しよう

車検の方法はさまざまありますので、どれが一番よいのか比較することが大切ですが、車検の期限には注意しなければなりません。車検切れとなれば車を動かせなくなりますし、業者に運ぶにしても面倒は増えます。しっかり比較するためにも、期限には余裕を持って、早めに車検の手続きを進めておきましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト