中古車売却 中古車買取 コラム

ジープラングラー

買取・売却

ジープ・ラングラーのリセールバリューが高い理由は?高く売る方法もご紹介

更新日:

ジープ・ラングラーは、1987年からアメリカのジープブランドで販売されている本格クロスカントリーカーです。ワイルドでクラシックな唯一無二の外観や、優れた悪路走破性を持つジープ・ラングラーは、オフロード車の代名詞とされており、発売以来支持され続けているロングセラーモデルです。そんなジープ・ラングラーは、リセールバリューが非常に高い車としても知られています。
こちらでは、そんなジープ・ラングラーのリセールバリューがどれくらいなのかや、ジープ・ラングラーのリセールバリューが高くなる理由、ジープ・ラングラーをより高値で売却するコツなどをご紹介します。ジープ・ラングラーの売却を考えている方はもろん、購入を検討している方もぜひ参考にしてみてください。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

ジープ・ラングラーのリセールバリューは?

ジープラングラー2

では、実際のジープ・ラングラーのリセールバリューがどれくらいなのかを見ていきましょう。

リセールバリューとは?

リセールバリューとは車を売る際、その車が市場でどれくらいの価値があるのかを示す数字のことです。中古車の相場は株式と同じく、市場の需要と供給によって変動し、中古車市場での需要が高く、流通台数が少ない車がリセールバリューの高い車となります。
車の一般的なリセールバリューは、新車購入から3年後、3万キロ走行程度で新車価格の40~55%であると言われています。つまり、この数値よりも高いリセールバリューを持つ車を購入することで、売却時、車を高値で売ることができます。

ジープ・ラングラーのリセールバリュー

年式が新しい車であればあるほど、リセールバリューは高くなります。では、ジープ・ラングラーのリセールバリューは、年式によってどの程度変化するのかを見ていきましょう。リセールバリューはグレードによっても異なりますが、下記は全グレードの平均値となります。

経過年数 ラングラーのリセールバリュー
3年落ち(平成30年式) 89%
5年落ち(平成28年式) 79%
7年落ち(平成26年式) 54%

ジープ・ラングラーは、平成30年11月にフルモデルチェンジを実施しています。通常、フルモデルチェンジを実施すると旧モデルのリセールバリューは大きく下がる傾向にありますが、ジープ・ラングラーは旧モデルであっても驚異的なリセールバリューを維持する異例の車種となっています。

ジープ・ラングラー アンリミテッドのリセールバリュー

ジープ・ラングラーには、ショートの3ドア4人乗りモデルの他に、ロングの5ドア5人乗りモデルである「アンリミテッド」が存在します。アンリミテッドのリセールバリューは、3ドアモデルのラングラーとどの程度異なるのでしょうか。

経過年数 アンリミテッドのリセールバリュー
3年落ち(平成30年式) 91%
5年落ち(平成28年式) 79%
7年落ち(平成26年式) 70%

3ドアモデルのラングラーに比べ、5ドアであることで利便性が増し、より都会的なSUVとして使用することができるアンリミテッドの人気は高く、7年落ちでも70%という驚異的なリセールバリューを誇っています。

メモ

お笑いコンビ・パンクブーブーの黒瀬純さんが自身のYouTubeチャンネルで、380万円で購入した愛車の「ジープ・ラングラー アンリミテッド フリーダムエディション」を売却し、320万円の買取価格が出たことを報告しています。限定車ということも高価買取の理由となりましたが、ジープ・ラングラー アンリミテッドのリセールバリューがかなり高いことが分かります。

ジープ・ラングラーは輸入車トップクラスのリセールバリュー!

通常、輸入車は新車価格が高額であるにもかかわらず、国産車に比べると需要が少ないことや、維持費や修理費用が高くなるなどの理由からリセールバリューが低くなる傾向にあります。中でも特に、ジープなどのアメリカ車は車体や排気量が大きいため税金が高く、燃費も悪い上に故障しやすい…など、マイナスなイメージを持たれやすく、リセールバリューも低いのではと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、ジープ・ラングラーは、輸入車全体で見ても非常に高いリセールバリューを誇っており、アメリカの中古車相場情報に関して豊富なノウハウを持っている「ケリー・ブルー・ブック」の「2019年ベストリセールバリューアワード」では、トヨタのタコマに続き2位を獲得しています。

ジープ・ラングラーのリセールバリューが高い理由

ラングラー内装

非常に高いリセールバリューを維持し続けているジープ・ラングラーですが、リセールバリューが高くなる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。その理由を詳しく見ていきましょう。

日本での人気が非常に高い

SUV人気は15年以上に渡って続く世界的な流れとなっており、現在、自社のラインナップにSUVを持たないブランドはほとんどないほど普及しています。舗装された道がほとんどである日本では、オフロードよりもオンロードでの走りに重点を置いたモデルが多くなっていますが、国産SUVの中でも近年は、後輪駆動ベースの4WDを備えたジムニーなどの人気が高まっており、SUVの原点ともいえる、悪路走破性や野生的な外観に重点を置いた車種の人気が高くなっています。中でも、オフロード車の代名詞とも言えるジープ・ラングラーは、ジープ全体の販売台数の4割を占めているモデルであり、ジープ・ラングラーの国別販売台数では、実は日本が一位となっています。

旧型モデルに乗ることに抵抗がない

ジープ・ラングラーはモデルチェンジの時期が長く、モデルチェンジを実施しても外観が大きく変わらないという特徴があります。これにより、新型モデルが登場しても旧型モデルに乗り続けることに抵抗がなくなり、中古車の需要が高くなるため、旧型モデルでも高いリセールバリューを維持しています。2018年に行われた11年ぶりのモデルチェンジでは、FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長が「誰しもが一見してすぐに識別できるラングラーのシルエットをキープしつつ完全に最新化した」と新型モデルを紹介しました。ジープ・ラングラーは、長年変わることのないデザインやブランド力、優れた悪路走破性などで唯一無二の存在感を持ち、安定した人気を維持し続けているため、値崩れが起こりにくくなっているのです。

中古車の需要が供給を上回っている

非常に人気の高いジープ・ラングラーですが、販売台数が急増したのはここ数年のSUVブームが始まってからです。そのため、中古車流通台数は未だ少ない状況にあります。その一方で、ジープ・ラングラーは新車価格が500万円を超える高級車であるため、新車よりも安価で購入できる中古車の人気が非常に高い傾向にあります。中古車市場での需要が供給を上回ってしまうことで中古車の価格が高騰し、リセールバリューが高くなる要因となっています。

ジープ・ラングラーをより高く売るためには?

高く売る

ジープ・ラングラーを売却するのであれば、できる限り高い値段で売却したいですよね。こちらでは、ジープ・ラングラーをより高く売るためのコツについて解説していきます。

汚れはきれいにしてから査定に出す

悪路走破性に優れているジープ・ラングラーは、アウトドアな用途で使用されることも多く、泥が付いていたり汚れなどが目立つ…という方も多いかと思います。車の清潔度は買取価格に直結するため、こういった汚れなどはきちんと落としてから査定に出すことが重要です。洗車やワックスがけを行ったり、シートを市販のクリーナーで拭いておく、掃除機をかけておくなど、簡単に行える清掃で査定額がアップする可能性もあります。これは、中古車買取業者が買い取った車を清掃してから中古車として販売する際、清掃にかける時間や手間などを省くことができるためです。また、きれいな状態の車であれば、丁寧に乗られていたという印象を与えることができ、プラス査定に働くこともあります。

傷やへこみは修理せずに査定に出す

きれいな状態で査定に出すことが重要とお話ししましたが、傷やへこみなどは修理せずにそのまま査定に出すことをおすすめします。傷やへこみがあるとマイナス査定につながってしまうのでは、と心配になる方も多いかと思いますが、マイナス査定分よりも修理費用の方が高くなることも少なくありません。また、修理費用を抑えようと自分で修理をするもの危険です。これは、自分で修理したものの中古車買取業者が手直しが必要であると判断した場合、一から修理するよりも手間や時間がかかることが多く、マイナス査定につながる恐れがあるためです。傷やへこみがあると気になるかと思いますが、修理せずにそのまま査定に出すようにしましょう。

ジープ・ラングラーの買取実績が豊富な業者を選ぶ

ジープ・ラングラーはフルモデルチェンジの時期が長いものの、マイナーチェンジは通常の周期と同じく、1~2年周期で行われています。マイナーチェンジでは装備などの変更があり、モデルによって中古車市場での需要も異なります。そのため、中古車市場での価値をモデルごとに適切に評価できる、ジープ・ラングラーの買取実績が豊富な中古車買取業者を選ぶことが重要です。

まとめ

本格的なオフロード車として唯一無二の存在感を放つジープ・ラングラーは人気が高く、非常に高いリセールバリューを誇っています。そんなジープ・ラングラーをより高値で売却するためには、複数の中古車買取業者に査定を依頼し、査定額を比較することが重要です。
カーネクストは全国13,000社以上の自動車関連業者と提携しているため、ジープ・ラングラーが高く売れる販路をすぐに探すことが可能となり、高価買取を実現しています。カーネクストには実車査定がなく、お電話で査定から契約までの全てが完結するため、忙しい方でも気軽に利用していただくことができます。また、買取時の面倒な書類手続きも全て無料で代行させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-,

© 2022 中古車買取カーネクスト