中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

【廃車の無料引き取りの方法】手続きや注意点などもご紹介

更新日:

廃車の引き取りには費用がかかる場合も多いですが、実は無料で引き取ってもらうこともできます。どうすれば廃車に費用をかけずに済むのか、その方法を知って、お得に愛車を処分しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車を引き取りしてくれるところはどこ?

廃車を無料で引き取ってもらうためには、まずはどこでなら引き取りをしてもらえるのかを知っておきましょう。廃車引き取りは様々なところで可能であり、方法は一つではありません。どの方法で引き取ってもらうかによって、お得になるかどうかは違いますし、手続きの手間なども異なります。 廃車の手続きは面倒なことも多いですし、どこに依頼すれば簡単かつお得に引き取ってもらえるのかを知っておきましょう。

ディーラー、中古車販売店と買取専門業者ではどちらが良いのか

廃車引き取りを依頼する先としては、ディーラー、中古車販売店、買取業者のどれかを利用するのが一般的です。それぞれで廃車引き取り自体は可能なものの、費用などの違いがあるので注意必要です。ディーラーの場合、中古車として売れない車なら、廃車費用を請求されるケースがほとんどです。下取り査定がいくらかついたとしても、手数料と相殺され、損をしてしまうことの方が多いです。 中古車販売店に関しても、基本的にはディーラーと同様に考えておきましょう。買取業者の場合、廃車専門の引き取り業者なら、引き取った車の部品や車両そのものを海外に輸出して利益を出しているので、国内では流通できない車でも買取をすることが可能です。そのため最低でも廃車処分の費用は無料になることが多いです。

廃車引き取りが無料な理由とは

解体業者やスクラップ業者、廃車専門の買取業者は廃車であっても無料で引き取ってくれます。それは廃車自体に価値があるからです。廃車といっても完全に故障しているとは限りませんし、状態さえ良ければ少しメンテナンスをすれば動かすことができます。 そのまま使用できない場合でも、分解すればパーツの使用は可能ですし、それを売却すればお金になります。またスクラップにした場合でも、車からは大量の鉄くずが取れますので、金属資源としての価値もあります。廃車=価値がないわけではありません。

自分でやると廃車にする費用は高額になる

廃車手続きは中古車販売店やディーラーなどに代行してもらうのが一般的ですが、業者ごとに代行手数料に差があるので注意が必要です。中古車販売店やディーラーは手数料が高い傾向にありますので、代行してもらうなら廃車専門の買取業者などがおすすめです。 また廃車手続き自体は個人でも可能ですが、手続きは非常に面倒なのでできれば業者に依頼した方がいいでしょう。自分でやろうと思って失敗し、結局業者に頼むことになれば二度手間ですし、費用も余計にかかってしまうので注意が必要です。

廃車引き取りまでの流れ

廃車引き取りといっても、廃車にする車を業者に引き渡せばその時点で手続きが完了するわけではありません。廃車にするためにはさまざまな手順を踏まなければなりませんし、やるべきことは多いです。どのような手順を踏めば廃車引き取りの手続きが完了するのかを正しく理解しておきましょう。

引き取り業者の選定する

まずは廃車を引き取ってくれる引き取り業者の選定をします。選ぶ際の一番のポイントは、国で認定している解体工場を所有しているかどうかです。解体して廃車にする場合は、自動車税などの税金が還付されますが、還付を受けるためには解体証明書が必要です。 悪質な業者ではこの解体証明書を発行してくれない場合もあり、それでは税金の還付を受けることはできません。きちんと解体したかを証明できなければ、トラブルの原因になりますので、国から認定を受けている、信用できる業者を選びましょう。

必要な書類の用意する

廃車の際には必要書類がたくさんあります。廃車を業者に依頼した場合に必要な書類は、車検証、リサイクル券、印鑑登録証明書、実印です。車検証やリサイクル券については、基本的には車の中に保管されているはずですので、探してみましょう。印鑑登録は役所で発行できます。 車検証がない場合は再発行が必要です。車検証は自分の車のナンバーを管轄している運輸支局で再発行ができますので、廃車前に必ず再発行しておきましょう。リサイクル券に関しては、紛失しても再発行の必要はありません。

廃車の引き渡し

廃車の書類などを業者に提出すれば、車の引き渡しとなりますが、基本的にはレッカー車が、希望日時に引き取り場所まで取りにきてくれます。業者によってはレッカー代を負担してくる場合もありますが、自分で払うこともあるので、費用については必ず確認しておきましょう。 また自走可能な車であれば、自身で業者に持ち込むという方法もあります。この場合はレッカー代の費用などは不要ですので、費用を少しでも抑えることができます。

登録抹消手続き

廃車をする際には永久抹消登録と一時抹消登録の二通りありますが、スクラップにして廃車にする場合は、永久抹消登録です。一時抹消登録の場合は一時的に車の名義を外すことであり、車両のスクラップを伴う必要はありません。 スクラップにしている場合は、永久抹消登録となります。業者に依頼した場合はこれらも引き受けてくれますが、自分で廃車にする場合は抹消登録まで自身でおこなわなければなりません。

自動車税や自賠責保険等の払い戻し

自動車税と自賠責保険料は先払いしているので、廃車にすれば未経過分が返金してもらえます。また重量税についても、車検の残存期間に応じては返金の対象となります。廃車にすれば税金は返金されますが、業者によっては返金分を自社の利益にしてしまうこともあるようです。 買取の見積りなどを出された場合には、税金の返金分も含まれているのかを必ず確認しておきましょう。税金について質問してもきちんと説明してくれない場合は、怪しい業者の可能性がありますので、利用は控えた方が無難です。

費用をかけないバイク廃車引き取りのコツ

廃車引き取りは自動車だけではなく、バイクでもおこなわれています。バイクでも廃車引き取りをしてもらうと費用がかかりますが、これも安く抑えることができます。廃車の方法次第で費用は高くなってしまうこともありますし、しっかり工夫して安く抑えることが大切です。 普通に廃車した場合と工夫して廃車した場合では、費用も大きく違ってきますので、少しでも安く抑えるためにはどのような点に注意すればいいのかを知っておきましょう。

お金をかけないバイク廃車処分の方法

バイクを自分または業者に頼んで処分する場合は、廃車費用が発生します。費用かけないためには、バイク買取業者や販売店に売却しましょう。廃車にするといっても状態はさまざまですし、大きく故障していなければ高値で買い取ってもらえる可能性もあります。 買取額を高めるためには普段からのメンテナンスが重要であり、細部まで手入れが行き届いていれば査定額も上がりやすいです。また故障している場合は、故障個所によっても減額される金額は違っています。売却時期にも工夫が必要で、1~2月などに売ると売れる傾向にあります。 これは3~4月から新生活が始まるにあたって、バイクを購入する人が増えるからです。少しでも高く売るためには、日頃から丁寧に使い、状態が悪くならないうちに売ってしまうことが大切です。

自分でするとバイクの廃車費用はどのくらい

バイクの廃車の流れですが、まずはナンバープレートを取り外し、廃車手続きをおこなって、バイク本体を処分して終了となります。またバイクの廃車手続きや費用は排気量によって異なります。125ccの場合は廃車の手続きは市区町村の役所で、126~250ccまでの場合は陸運局・運輸支局で、251cc以上の場合は陸運局でのみ手続きが可能です。 廃車の費用は永久抹消登録の場合は無料で、一時抹消登録の場合は中型二輪は500円、大型二輪は350円です。またバイクの解体費用ですが、バイクの排気量によっても違いますが、3千円台から2万円程度で、排気量が多いほど費用も高くなると考えましょう。業者に依頼する場合は合計で1~3万円程度が相場ですが、自身でおこなうなら場合によっては無料になることもあります。

原付バイクの廃車引き取りのポイント

原付

バイクにもさまざまな種類がありますが、その中でも原付の場合は、廃車処分する際にはいくつかのポイントがあります。ポイントを踏まえて処分すれば、お得に引き取ってもらえますので、どのような点に注意すればいいのかを知っておきましょう。

原付バイクの処分方法

原付バイクの処分方法は自分でおこなう、あるいは代行業者に廃車を依頼をするどちらかになります。代行業者に依頼すれば費用が発生しますが、中古バイク販売店などに持っていくと無料で引き取ってくれることもあります。自分で手続きをするのが面倒な場合は、中古バイク販売店に持ち込むのがおすすめです。

廃車にする原付バイクを買取してもらうには

専門の買取業者なら、廃車にする原付バイクでも買取で引き取ってくれる可能性が高いです。バイクの状態によっても異なりますが、大抵の場合であれば少なからず値がつきます。またどうしても買取が無理な場合でも、無料で引き取ってくれることがほとんどです。

原付バイク廃車の流れ

原付バイクの廃車は、役所での手続きと解体業者への持ち込みが大きな流れになります。これらの作業は自分でもできますが、原付バイクの引き取り業者に代行してもらうと手間が省けます。もちろん代行手数料がかかりますので、費用をかけたくないのであればすべて自分でおこないましょう。

動かない原付(不動車)の引き取り

原付の不動車であっても、引き取りをしてくれる業者はありますが、引き取りの手数料がかかる可能性があります。手数料が高い場合は、面倒でも自分の手で押して業者に持ち込んだり、そのまま廃車手続きを済ませた方がいいでしょう。 一方で不動車であっても、新しい高年式の原付だと買取してくれることもあります。不動車の場合はまずは買取が可能か、業者に相談してみましょう。

原付バイク廃車にするときの注意点

原付を他人に譲渡したり、業者に引き取ってもらう際には廃車証明書が必要です。証明書を受け取れば失くさないように大切に保管しておきましょう。廃車証明書は原付の名義が自分にないことを示すためのものです。証明書がなければ名義などをめぐってトラブルに発展する可能性もありますので、大切に保管しておかなければなりません。

失敗しない自転車処分のポイント

自転車の処分方法としては、リサイクルショップに持ち込んだり、販売店や廃品回収など専門業者に引き取ってもらうなどの方法が挙げられます。費用をかけたくないのであれば、リサイクルショップで売るのがおすすめです。状態にもよりますが、場合によっては数千円程度で買い取ってくれる可能性もあります。 販売店では自動車の下取りのように、新車に買い替える際に無料や格安で引き取ってもらえることもあります。ただし、すべての店舗で引き取ってくれるわけではありませんので、下取りをしてくれるお店を見つける必要があります。 廃品回収に依頼する場合は、1,000円~3,000円程度費用がかかる場合も多いですが、そのぶん楽に引き取ってもらえます。時間を指定すればその時間に自宅まで回収にきてくれますし、防犯登録も抹消してくれます。費用がかからない方法もありますが、その場合の防犯登録は自分で抹消しなければならないなど、面倒なことも多いです。

廃車を上手に引き取ってもらえる方法を探そう

車やバイク、自転車と廃車にする場合には費用がかかるケースがほとんどです。しかし、工夫次第では費用をかけずに処分できますし、場合によってはプラスの利益が出ることもあります。廃車の方法をよく理解して、お得に愛車を処分しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト