中古車売却 中古車買取 コラム

お金と電卓と車

故障・修理

車のへこみの修理代はどれくらいか。業者ごとの違いを知っておこう

更新日:

車のへこみは目立ちますし、悪化を防ぐためにもすぐに修理しなければなりません。簡単なへこみであれば自分でも修理はできますが、大きなへこみになると修理業者に依頼しなければならず、修理代がかかります。へこみの修理といっても、傷の具合によって直し方は違いますし、かかる費用も異なります。へこみを修理すればどれくらいの費用がかかるのか、ケース別で確認していきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車へこみの修理代の基本

car-yen-question

へこみの修理代を考える前に、まずは車全体で考えた場合の修理代について知っておくことが大切です。車の修理にはさまざまな種類がありますし、車傷もへこみだけではありません。擦り傷や線傷、腐食など車傷の種類によって修理方法は異なりますし、当然それぞれでかかる修理代も違っています。車を修理するとなれば、修理代がどのようにかかってくるのかを知っておきましょう。

修理する部位により修理代が変わる

車の修理を依頼すれば修理代がかかるのは当然ですが、費用については修理する部位によって異なります。これは傷の種類によっても違いますが、同じ傷でも修理箇所が違えば修理代も異なるので注意しましょう。 たとえば同じへこみでも、ドア部分であれば3万円前後、バンパー部分であれば4万円~5万円程度が相場です。傷の程度によっても金額の変動はありますが、修理箇所は大きな要素であることは覚えておきましょう。

修理メーカーにより修理代が変わる

修理代は傷の種類、程度、部位などさまざまな要素によって異なりますが、修理を依頼する業者によっても違ってきます。同じ車、同じ傷でも頼む業者を変えれば修理代は違ってきますので、複数の業者を検討することが大切です。また、業者によって修理の出来栄えなどが違ってくることもありますし、信頼のおける業者を探しておきましょう。

車のへこみの修理方法により修理代は変わる

車の整備道具

車のへこみを修理するといっても、修理方法は実にさまざまです。修理代金はどの修理方法を選択するかによっても違ってくるので注意しましょう。業者は傷の程度や場所に応じて適切な方法で修理してくれますが、小さなへこみでも傷の状況によっては修理代が高くつくケースがあることは覚えておかなければなりません。

部品交換で修理する

へこんだ部位が修理できない箇所にある場合は、修理ではなくパーツの交換となります。また大きな傷で修理できない、あるいは修理するよりもパーツ交換の方が安い場合も、交換となることが多いです。パーツ交換となれば費用はかかりますが、中古部品があると安くなる可能性もあります。

傷ついた部位を板金塗装する

へこみの修理方法としては、板金塗装が挙げられます。板金塗装の場合は板金を温めたり、冷やすなどして絞り、形を形成しながら傷ついた部分を変形させ、最後に塗装します。もともとのパーツはそのまま使用しますし、処置としても温度変化による再形成やパテで埋め込むなどですので、安くなる可能性が高いです。比較的軽度のへこみの場合には、板金塗装で修理することが多いです。

傷ついた部位をデントリペアする

デントリペアは、簡単にいえばへこんだ部分を吸盤のような器具を使って引っ張り上げ、へこみをもとに戻す修理方法です。パーツ交換や板金塗装だと、他の部分との塗装の違いが分かってしまうことも多いですが、デントリペアの場合はオリジナルの塗装のまま修理ができます。 修理代自体は安くなる可能性が高いですが、オリジナルの塗装を生かすため、塗装が剥がれているなど、状態によってはできないこともあります。

車へこみはどこで修理できるか

整備士

へこみの修理となれば修理業者に依頼することを考えますが、実はさまざまな場所でへこみの修理はやってもらえます。修理業者といってもさまざまですし、どの業者を利用するかによって仕上がりや修理代なども違ってきます。どこでならへこみの修理をしてもらえるのかを知り、それぞれの費用や修理の特徴などを理解しておきましょう。

ディーラーに修理を依頼する

ディーラーは新車の購入や下取りだけのイメージが強いですが、実はへこみの修理の依頼をすることができます。ただし、ディーラーに修理を依頼した場合は、修理ではなく部品交換が主体です。そのため、修理代としては高くなる可能性が高いです。

総合店に修理を依頼する

新車・中古車の販売や買取など、さまざまなサービスをおこなっている総合店でも、へこみの修理は可能です。総合店であればさまざまな分野に精通していますので、車について何でも相談できますが、これも部品交換が主体です。ディーラー同様に、修理代は高くなりがちですので覚えておきましょう。

小規模な店や専門店に依頼する

小規模な修理工場や専門店であれば、修理方法は部品交換よりも板金塗装がメインです。そのため、ほかの二つと比べれば修理代は安く済むことが多いです。ただし、業者によっては部品の取り揃えが少なく、いざ部品交換が必要になった際に、取り換えが出来ない可能性もあるため、注意しましょう。 また、板金塗装で直せる程度の傷であれば問題ありませんが、あまりにひどい傷だと対応してくれないケースもあります。

デントリペアを依頼したい

お金

へこみの修理はしたいものの、塗装を塗り替えたくない、元のパーツのまま使いたいと考える人は多いです。また修理代の安さなどを考えても、デントリペアでの修理は人気が高いです。デントリペアを依頼したい場合には、修理依頼の出し方にポイントがあります。ポイントを踏まえてスムーズに修理をしてもらいましょう。

デントリペアに店舗は必要ない

デントリペアは修理に必要な器具も限られているため、大掛かりな設備は必要ありません。そのため器具さえあれば店舗以外でも修理は可能です。デントリペアを依頼する方法としては、出張サービスを利用する、デントリペア技術者がいる店舗に依頼するの、二つのパターンが挙げられます。 また例外として、デントリペア技術者が店舗にいない場合でも、店舗が外注で技術者を呼んでくれるのであれば、デントリペアによる修理は可能です。

一人で出張でやっているところを狙う

デントリペアは出張サービスを依頼する、店舗に依頼するの大きく二つのパターンに分かれますが、修理代を安くしたいなら出張サービスの利用がおすすめです。 出張サービスの場合は個人でやっていることが多く、ほかの方法と比べると修理代は安い傾向にあります。出張サービスであれば修理工場まで車を持ち込む必要もありませんし、自宅で簡単に修理が受けられます。

車へこみの修理に車両保険を使う

へこみの修理は修理方法や傷の状況によって安く済ませることができますが、それでも数万単位でお金がかかることは確かです。少しでも負担を減らすために考えたいのが保険の利用であり、車両保険をへこみの修理にあてられれば、修理代はさらに安く抑えられます。へこみの修理に車両保険を使う方法や使用時の注意点なども知っておきましょう。

車両保険で車へこみの修理代が補償されるかも

結論からいえば、車両保険に加入していれば、へこみの修理でも保険がおりますが、これは加入しているプランによって異なります。車両保険の適用範囲は大きく4つに分けられており、補償される範囲が狭いほど保険料も安いです。 へこみの修理の場合は、車対車の事故や自損事故、当て逃げなどが該当し、これらすべての補償が受けられるプランだともっとも保険料の高い一般車両保険になります。ほかのプランでも保険がおりる場合はありますが、条件が限定されているため、確実に保険を使おうと思えば保険料の高いプランで加入しなければなりません。

保険を使うと保険料は高くなる

車両保険に加入し、適用範囲に該当する理由でへこみができた場合は、修理代に保険が適用されます。しかし、保険は使えば以降の保険料が高くなりますので、場合によっては損をする可能性もあります。 保険料が上がっても修理代を負担してもらうほうがよいのか、それとも修理代は自己負担にし、保険料はそのままにするのかを考えることが大切です。修理代が高額なら保険を使い、少額であれば自己負担で保険料の増額を抑えた方が無難でしょう。

まずは複数の業者に相談してみる

へこみの修理代は修理する部位や傷の程度、修理方法、依頼する業者などさまざまな要素によって変わります。中でも大きいのが業者による料金の違いですので、修理する際には複数の業者に相談してから決めることが大切です。 業者によっては修理ではなく、部品交換を勧められることもありますし、場合によっては普通に修理できたはずが、交換したことで修理代が高くつく可能性もあります。修理に迷ったときは複数の業者に相談して、もっとも納得のいく金額、内容の業者に修理を依頼しましょう。

車自体が古くなっている場合

へこみができてしまった車自体が劣化している状態にあります。そんな状態では、当然へこみ以外の部分でも修理やパーツ交換が必要な部分が出てくる事になりますので、ランニングコストが異常に膨らむ時期になります。

なので、修理をせずに車の買い替えを行った方が、長い目で見ればコスパが改善する可能性があるのです。もちろん、今の状態の車の査定額がいくらになるのか次第な部分となりますので、一度検討しておくべきでしょう。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト