中古車売却 中古車買取 コラム

買取・売却

ボロボロの車を売る方法|業者選びと買取の際のポイント

更新日:

ボロボロの車にいつまでも乗っていると周囲の目も気になり、早く処分したいと考える人は多いです。しかし車を処分するとなれば費用がかかりますし、手放すだけでお金をかけてしまうのは非常にもったいなくもあります。 そこで考えたいのが、単に処分するだけではなく買取に出すことですが、ボロボロの車はなかなか買い手がつきません。業者もできれば状態のいい車を買い取りたいと考えますし、ボロボロの状態だと買取に出しても高値が付きづらいのが現状です。 しかし絶対に買い手がつかないわけではありません。ボロボロの車にも必ず価値はありますので、価値を見出してくれる業者に買い取ってもらいましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

ボロボロの車は売れるのか

ボロボロの車でも買取に出したいと考える人は多いですが、問題は本当に売れるのかということです。どんな車でも買取に出すこと自体は可能ではあるものの、査定の結果値段がつくとは限りません。場合によっては査定額はゼロ、買取を拒否される恐れもあります。ボロボロの車は値が付きづらいですが、それでも買い取ってくれる業者はいろいろあります。

パーツや鉄くずとして売れる

ボロボロで車として機能していない場合でも、分解すればパーツとしての価値が生まれます。中古車のパーツを販売している業者であれば、どんな車でも買取の対象になり、自走できない車でも値が付くことが多いです。 またすべてのパーツが故障している場合でも、スクラップにすれば鉄くずとして資源になります。鉄の相場は変動しますが、全く値段がつかないということはありません。

海外へ輸出して転売する

ボロボロの車でも自走可能、あるいは修理すればまだまだ使えるようであれば、海外に販路を持つ業者に買い取ってもらえます。日本車は海外で高い人気があり、たとえボロボロでも走りさえすれば需要があります。日本の車検制度は世界的に見ても信用度が高いですし、一部でハイブランドとして扱われている車もありますので、海外に輸出すれば高値で売れる可能性も高いです。

ボロボロの車を確実に売る方法

ボロボロの車でも買い取ってもらうことは可能ですが、すべての業者が買取をしているわけではありません。業者によっては買取拒否をすることもありますし、どの業者に売却するかを選ぶことが大切です。優良業者を探すには手間がかかり、手当たり次第業者に持ち込み、査定をしてもらうのでは時間がかかります。どんな業者ならボロボロの車でも買い取ってくれるのかを知って、確実に売却できる業者を見つけましょう。

大手の買取店に売る

大手の買取店であれば海外に販路があり、販売ルートが豊富です。店舗も全国に展開されているため、海外だけではなく国内で販売できる可能性もありますし、ボロボロの車であっても買い取ってもらいやすいです。業者を選ぶ上では販路の広さは重要な指標であり、できるだけ多くの販売ルートを持つ業者を選びましょう。 販売ルートの数は、そのまま買取の可能性に比例しますし、大手でもさまざまな地域に出店している業者を選ぶのがおすすめです。

事故車・廃車専門業者に売る

買取業者にもさまざまな種類があり、事故車や廃車を専門に扱った業者もあります。これらの業者では車そのものの価値だけではなく、パーツとしての価値も見出してくれますので、他の業者よりも高値で買い取ってもらいやすいです。 下取りや他の買取業者で値が付かない場合でも、事故車・廃車専門の業者なら値が付くことも多く、業者の得意分野から選ぶのもおすすめです。

車の輸出業者や解体業者に直接持ち込む

ボロボロの車でも海外でなら需要がありますので、車の輸出業者に直接持ち込むという方法もあります。日本車が海外で人気といっても、人気の度合いは車種やモデルによって異なります。車の状態だけではなく、人気度によっても買取価格は異なり、需要の高い車ほど状態が悪くても高値で買い取ってもらいやすいです。 またどうしても値が付かない場合は、解体業者に持ち込むのもおすすめです。解体業者では車両の重さや排気量によって価格が決まります。鉄の相場によっても金額は変動しますが、車体が大きいほど買取価格も高くなりやすいとイメージしておきましょう

ボロボロの車でも安易な下取りは損な理由

新車への買い替えを前提にした下取りであれば、ボロボロの車でも引き取ってもらいやすいです。下取りに出せば新車の購入代金を割引にしてくれることも多いですし、お得に感じる人も多いですが、これには注意しなければなりません。 引き取ってくれるからといって、安易に下取りに出すのは危険です。下取りに出すことで損をする可能性もあるので、注意点を知っておきましょう。

下取り額と値引き額を調整してお得感を出す

下取りの場合は、引き取ってもらう車自体にほとんど値が付かない場合でも、新車の購入代金を少し割引してくれますのでお得感があります。しかし実際に計算してみれば、下取り額はほとんどゼロ、値引きについても微々たるものというケースは多く、お得感に騙されて相手の言い値になることが多いです。 下取りは車の引き取りと新車購入を同時におこなえるメリットはありますが、金銭面では損をすることが多いので注意しなければなりません。

下取り価格の基準が低い

そもそも下取りは価格の基準が低く、買取市場においても最低価格を提示されることが多いです。業者は下取りよりも車の販売に力を入れていますし、ボロボロの車に限らず下取りで高値を期待するのは難しいです。ボロボロの車はただでさえ値が付きにくく、最低価格になりやすい下取りとなれば、値が付かないことがほとんどなので注意しましょう。

ボロボロの車を売りに出す際の注意点

ボロボロの車を売りに出す際には、いくつか注意点があります。ボロボロだからといって、投げやりに売却せず、注意点を守って上手に売却しましょう。

自分の車の相場を知っておくこと

買取に出す際には、自分の車の買取相場を知っておくことが大切です。相場を知っていれば値段交渉の材料になりますし、不当な値段で買いたたかれる心配がありません。

即決せずに何社かから見積もりをとろう

ボロボロの車だと、少しでも値を付けてもらえればすぐに決めてしまいがちですが、買取において即断即決はNGです。他にも値を付けてくれる業者はありますし、場合によってはさらに高い値を付けてくれる可能性もあります。必ず複数社から見積もりを取り、もっとも高値を提示し業者に売却しましょう。

ボロボロでも諦めずに査定に出してみよう

車がボロボロだとどうせ値が付かないだろうと売却をあきらめる人が多いですが、実はそうではありません。ボロボロでも車には価値がありますし、買い取ってくれる業者は必ずあります。上手に探せば高値で買い取ってくれる場合もありますので、すぐにあきらめず、まずは査定に出して買取が可能か見てもらいましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト