中古車売却 中古車買取 コラム

車検

車検はどこで受けるのがおすすめか。方法別の特徴や魅力を理解しよう

更新日:

車に継続して乗るためには、一定期間ごとに車検を受けなければなりません。車検は手間も費用もかかりますし、面倒に感じている人が多いですが、実は方法はひとつではありません。車検にはさまざまな方法があり、やり方次第で問題が解決できる場合もあります。おすすめの車検方法を参考にしながら、自分に合った方法をみつけて、車検をスムーズに受けましょう。

【車検の基礎知識を身につける】全体の流れや費用・必要書類をご紹介

車に乗るためには車検が必要であり、これは一定期間ごとに更新しなければなりません。車検は車が安全に走れるか、環境に配慮しての走行が可能かを確認するものであり、国が定めた保安基準に従って検査がおこなわれま ...

続きを見る

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車検についての基本情報をおさらい

車検を受ける方法はさまざまありますが、それぞれの特徴を理解するためには、基本的な情報をおさらいしておかなければなりません。車検の方法ごとにメリット・デメリットはありますが、基本的な内容は同じです。車検をおこなう目的や内容については共通している部分も多いので、まずは基本的な情報から正しく身につけておきましょう。

そもそも車検とは何か

そもそも車検とは何かですが、簡単にいえば車の安全性を測るための検査です。車検とは国が定める保安基準を満たしているかを、一定の期間で検査することであり、基準に適合するかどうかで、車の安全性を確認しています。 車を安全に使用することは、使用者の義務であり、これができていなければ車に乗ることはできません。そのため車検切れの車=危険な車と判断されますので、公道を走ると違反になってしまいます。車検は、新車購入時は3年、以降2年ごとに更新が必要ですので、継続して乗るためには車検切れにならないよう継続検査を受けなければなりません。 また、車検は有効期間の満了1カ月前に受けるのがベストですので、満了日を確認して切らすことなく受けることが大切です。

車検費用の内訳

車検費用には費用がかかり、方法ごとに金額は異なりますが、内訳自体は共通しています。廃車にかかる費用は大きく3つであり、法定費用(どの業者でも同じ)、車検基本料(広告などに載っている、業者サービスにより違う)、整備費用(車の状態により違う)に分けられます。 法定費用は税金や保険料の支払いですので、業者の利用の有無に関係なく、絶対に必須の費用です。車検基本料は業者ごとに設定料金が違いますので、利用前に必ず費用を確認しておかなければなりません。整備費用は車を保安基準に適合させるための、整備、部品交換の費用です。これは業者ごとに大きく違いますので、見積もりを確認しながらいくらかかるのか、必ず確認しておきましょう。

車検が可能な場所

車検を受ける方法自体はさまざまあるものの、車検が受けられる場所については、実は固定で決められています。どの業者を利用する場合でも、最終的に車検を受ける場所は同じです。

整備と検査が可能な指定整備工場

整備工場を持っている業者は数多くありますが、その中でも車検が受けられるのは、国から指定を受けた指定整備工場のみです。指定整備工場では、車の整備と検査が可能なため、民間車検場とも呼ばれています。業者に依頼する場合は、指定工場を持っているかどうかを判断基準にするとよいでしょう。 自社工場で車検が受けられる場合は、車検までの流れもスムーズですし、必要日数なども他の業者よりも短い傾向にあります。

整備のみ可能な認定整備工場

国から指定を受けた指定工場の他に、認定のみを受けた認定整備工場というものもあります。認定整備工場で可能なのは整備のみであり、検査はできません。工場で整備をした後は、運輸支局に車を持ち込み、別途検査を受ける必要があります。 認定整備工場しか持っていない業者でも、検査まで代行しておこなってくれることが多いですが、この場合仕上がりに時間がかかることも多いです。

車検業者を選ぶポイント

車検業者は数多く存在し、どれを選ぶかによって得られるメリットは違います。車検に対して求めるものは人によって違いますし、どのようなサービスが受けたいかを考えて業者を選択することが大切です。業者の選び方次第で車検は変わりますし、ストレスなくスムーズに手続きができる場合もあります。 反対に業者の選び方を間違えてしまうと、余計な手間や出費がかかり、ストレスをためることになります。業者の選び方のポイントを知り、上手に車検を受けましょう。

安心で選ぶ

車の点検・整備の安心感で選ぶなら、ディーラーがおすすめです。ディーラーは長年の実績があり、知識豊富なスタッフがいます。自社メーカーの車に精通していますし、技術力も高く、丁寧な点検・整備が特徴です。 また、車検以外のサポートも充実しているため、車検後の車のトラブルや点検などでも利用でき、長く付き合うことができます。費用が高いのがネックではありますが、車検に安心を求めるならディーラーがおすすめです。

価格で選ぶ

車検には数万円、場合によっては10万円以上かかります。価格で選ぶなら、自分ですべての手続きをおこなうユーザー車検がおすすめです。ユーザー車検の場合は業者を利用しないため、法定費用のみで車検が受けられます。 車に詳しいのであれば、ユーザー車検がおすすめですが、知識に自信がなければ、車検専門チェーン店や整備工場を利用しましょう。これらの業者は車検に通すための、最低限の点検・整備をおこないますので、他の業者と比べると費用は格段に安いです。

スピードで選ぶ

とにかく素早く車検を受けたいのであれば、車検専門チェーン店がおすすめです。専門店では無駄を省いて検査をしますので、場合によっては1日で車検が終了することもあります。ただし、繁忙期である12月・3月には混雑する場合もあるため、早めに予約しておきましょう。 いかに早いとはいえ、混雑しているとどうしても時間はかかってしまいます。車検の満了日によっては閑散期を狙うことが難しいため、混雑しないうちに予約を取り、自分の車検を優先してもらうことが大切です。

車検費用が高額になった場合

車検の際に必要になる費用は点検費用と整備費用の2つがあります。点検費用は基本的にぶれる事はありませんが、整備費用に関しては車が古くなってくると一気に費用が膨れてしまう部分でございます。車がそういった期間に入ってしまった場合は、その後も修理やパーツ交換が続く事になりますので、車の買い替えを行ってしまった方がコスパが改善する事になります。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

意外とおすすめなユーザー車検

ユーザー車検は運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)に、自分で車を持ち込んで検査をおこないます。手続きはすべて自分でしなければならないので、多少面倒ではありますが、業者が介入しない分、費用は安く済みます。 また、検査も一発で合格すれば、30分程度で終了しますし、自分で点検・整備ができ、車の知識も豊富にあるならユーザー車検がおすすめです。

ユーザー車検の受け方

業者を利用しての車検であれば、業者に連絡を取り、車検日などを相談しながら決定しますが、ユーザー車検の場合は車検を受けるまでの手続きも自分でおこなう必要があります。ユーザー車検は難しいと考える人も多いですが、全体の流れさえ理解していればそれほど難しくはありません。 確かに事前の点検・整備などは難しいですし、場合によっては専門知識も必要ですが、単に検査を受けるだけなら誰でもできます。ユーザー車検の受け方を知って、車検の選択肢のひとつに加えておきましょう。

予約をする

ユーザー車検は自分で検査場に車を持ち込んで検査を受けますが、飛び込みで持ち込んでも検査は受けられません。検査を受けるには事前予約が必要であり、普通車の車検予約はインターネットからのみです。電話予約ができるのは軽自動車だけですので、間違えないように注意しましょう。

受付をする

予約した日に検査場にいけば、受付をおこない検査を受けます。受付時には車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書が必要なので、忘れずに持参しましょう。事前に24カ月点検整備をおこなっている場合は、整備点検記録簿が必要ですので、車内で保管しておく必要があります。また、受付の時点で検査手数料や税金などを支払います。

検査を受ける

検査官の指示に従って検査を受けますが、きちんと指示に従わないと合格しないので注意しましょう。保安基準を満たすだけの十分な整備ができていたとしても、検査でそれを示せなければ意味がありません。車そのものの状態だけではなく、検査の結果によって適合かどうかの判断がされますので、指示をよく聞いて動くことが大切です。

車検証とステッカーを受け取る

検査が終了し、合格となれば車検証とステッカーが発行されます。車検証は車に取り付け、ステッカーはすぐに車に貼りましょう。ステッカーの貼り替えを忘れる人は多く、貼っていない、あるいは期限切れのステッカーのまま公道を走ると違反とみなされるので注意が必要です。ステッカーは車検に通った証明になるので、もらえば忘れないうちに貼り付けておきましょう。

自分のニーズに合わせて車検を受けよう

車検の方法はさまざまであり、一概にどれがよいというものではありません。人によって車検に求めるものは違いますので、それぞれのニーズに合った方法で受けることが大切です。方法次第で車検は違ってくるため、自分に合った方法を選択して、上手に車検を受けましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト