中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車にかかる諸費用と手数料を理解する|手続きのタイミングなど

更新日:

車を処分する際には廃車手続きをおこないますが、この際さまざまな手数料が必要です。廃車には費用がかかりますので、いくらくらいかかるのかを事前に把握しておかなければなりません。費用は廃車の方法によって異なりますし、高くつくこともあれば安く済ませられる場合もあります。 また、それぞれの手続きの手順を理解することも大切です。廃車にかかる費用や手続きの進め方を知って、スムーズに廃車を完了させましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車にかかる費用と手数料について

マイカーローン

廃車にはさまざまな費用が必要であり、手数料だけでも複数の種類があります。スムーズに廃車をおこなうためには、まずは何にお金がかかるのかを知っておくことが大切です。廃車にかかる手数料を理解して、全体の費用をイメージしておきましょう。

廃車登録の手続き手数料

廃車登録は業者に依頼しておこなうことができ、代行を依頼する場合には手続きの手数料がかかります。廃車手続きを依頼できるのは、自動車販売や中古車販売、解体業者などです。業者ごとに手数料の設定金額は違いますし、手数料は取らずに無料でおこなう業者もあります。依頼先で費用が異なりますので、複数の業者を比較検討することが大切です。

廃車引取り費用

廃車を業者に引き取ってもらうには、車の運搬にかかる費用が必要になります。これはレッカー車などを利用した場合にかかる費用であり、自身で業者に持ち込めばお金はかかりません。移動距離などによって費用は異なりますが、基本的には1万円程度かかりますから、自走可能なら自分で持ち込むようにしましょう。

廃車の引き取りには費用がかかる場合も多いですが、実は無料で引き取ってもらうこともできます。どうすれば廃車に費用をかけずに済むのか、その方法を知って、お得に愛車を処分しましょう。
→【廃車の無料引き取りの方法】手続きや注意点などもご紹介

陸運局への抹消登録の費用

廃車は陸運局でおこないますが、抹消登録にも費用がかかります。廃車時の申請書代として約100円、登録申請手数料350円です。これらは自分でおこなった場合でも必要な費用であり、業者に依頼しなくても最低限これらの出費が必要なことは覚えておきましょう。 また、登録申請手数料については、一時抹消登録をおこなった場合のみ必要で、永久抹消登録の場合は無料です。

リサイクルを伴わない車体部分の解体費用

廃車に伴い解体をおこなう場合は、解体費用も必要になります。車の購入時に解体費用の一部としてリサイクル料金を支払っていますが、リサイクルを伴わない部分については、再度支払いが必要です。また、購入時にリサイクル料金を支払っていない場合は、それも上乗せして必要になるので注意しましょう。

すべて代行してもらう場合の費用と手数料

廃車手続きは面倒なことも多く、ある程度の知識がなければ自分でやるのは難しいようです。そこで考えたいのが廃車手続きの代行であり、業者に依頼すれば面倒な手続きもすべて代わりにおこなってくれます。廃車にはいろいろな手続きがありますし、一部を業者、一部は自分でやるということもできますが、面倒ならすべて任せてしまっても良いでしょう。 ただし、業者にすべての手続きを依頼した場合は、廃車時にかかる費用は高くなります。費用がいくらかかるのかも理解した上で、業者に依頼すべきか自分でおこなうべきかを考えましょう。

ディーラーや中古車販売店に依頼する場合

ディーラーや中古車販売店に依頼する場合は、車の買い替え時に一緒に廃車手続きができますので、非常に便利です。別の業者に依頼する場合は、廃車手続きの代行を依頼し、買い替えの車については別の業者で探すと手間がかかります。 ディーラーなどの場合は、すべての手続きを一カ所でおこなますし、廃車の依頼と買い替えを考えているのであれば、利用がおすすめです。

費用と手数料の相場は約1万円~2万5千円

ディーラーや中古車販売店に廃車を依頼した場合、費用と手数料の相場は約1万円~2万5千円かかります。業者によって費用は異なりますが、他のやり方と比較すると支出が1番多いことは覚えておきましょう。買い替えの手続きまでまとめておこなますので便利はいいですが、その分廃車にお金をかけなければなりません。 費用面を考えればおすすめできる方法ではありませんので、費用を取るか利便性を取るかを考えて、利用を検討しましょう。

専門業者で廃車にする場合の費用と手数料

廃車を依頼できる業者は他にも存在し、廃車専門業者や解体業者なども選択肢のひとつです。これらの業者の場合は、廃車のみをおこないますので、買い替えを希望するなら別の業者で新しい車を探さなければなりません。 しかし手間はかかる分、費用面などは優れていますし、利用するメリットもさまざまあります。専門業者で廃車にする場合の費用や手数料を知り、特徴を理解していきましょう。

車の解体業者や廃車の専門業者に依頼する場合

車の解体業者や廃車の専門業者に依頼する場合は、業者によって費用は異なりますが、手数料が0円の業者もあります。そもそも廃車にはそれほど費用はかかりませんし、廃車にする車にはさまざまな価値があります。価値のある車を引き取ることで廃車の費用を相殺し、無料としている業者は多く、コストだけで考えれば利用がおすすめです。 しかし、無料だからといって、必ずしも自身のメリットになるわけではなく、実質的に考えれば損をすることもあります。無料とうたっていても、実際に手続きをすればさまざまな手数料を提示されることもありますし、利用する際には慎重に業者を選ぶことが大切です。

費用と手数料の相場は0円~約1万円

専門業者に廃車を依頼した場合の費用と手数料の相場は、0円~約1万円です。業者ごとに費用は異なりますが、それだけではなく廃車にする車種によっても違いがあります。基本的に費用が安く済みやすいのは軽自動車であり、大型の車になるほど費用は高くなる傾向にあります。 もちろん、業者によっては車種に関係なく一律の料金を定めていたり、すべて無料で手続きを代行してくれたりする場合も多いです。専門業者の場合は、廃車費用については無料になることが多いため、利用する業者をしっかり見極めることが大切です。

場合によっては戻入金が発生することがある

専門業者に廃車を依頼した場合は、単に処分するのではなく、買取をしてもらえる可能性もあります。そのため、場合によっては戻入金が発生することがあり、費用がかからないどころかプラスになる可能性もあります。買取の金額は車の程度によって異なりますが、車としてだけではなく、部品なども買取の対象になりますし、いくらかの値段がつくことが多いです。 また、パーツが全く使い物にならない場合でも、解体業者であれば金属資源として買い取ってくれますし、廃車にも価値が残されていることは理解しておきましょう。廃車にするからといって、車の価値がなくなるわけではありません。価値を見出してくれる業者もありますので、手続き時に買取を依頼することも大切です。

自分でおこなう場合の費用と手数料

廃車手続きは自分でおこなうことができ、すべてを自分でやれば費用も安く抑えられます。廃車時にかかる費用のほとんどは、業者への代行手数料ですから、廃車登録自体にはそれほどお金はかかりません。自分でおこなう場合は手間がかかりますが、その分費用は削減できますので、費用の相場を知って、自分で手続きをするメリットを知りましょう。

自分で申請手続きをおこなうことができる

廃車はある程度の知識があれば、管轄の運輸支局で簡単に手続きができます。廃車に必要な書類を集め、方法に応じて車を処分し、後は書類を提出するだけで手続きとしては完了です。運輸支局は平日の日中しか空いていないため、平日に仕事をしている人は日程を合わせるのが難しいですが、委任状を作成すれば代理人による手続きも可能です。家族や友人などを代理人に立てれば手数料はかかりませんし、全体の費用を安く抑えることができます。

永久抹消登録手数料と解体届の手数料は0円

抹消登録の登録手数料として350円が必要ですが、これは一時抹消登録に限ったことで、永久抹消登録の場合は不要です。また、一時抹消登録後に解体届をする場合も、手数料は0円です。申請書に40円かかりますが、これはHPで無料でダウンロードできますし、やり方次第では全くお金をかけずに廃車が可能です。自分でおこなう場合は、基本的には登録手数料や書類代のみですので、数百円で廃車ができます。

解体のみを解体業者に依頼できる

永久抹消登録をする場合は、事前に解体が必要ですが、車の解体については業者に依頼しなければなりません。車の解体は国から認可を受けた解体業者でなければおこなうことができず、個人でおこなうのは違法です。 解体には手数料が必要ですが、これも部品や金属資源として買取をしてもらえば、相殺できたりプラスになったりすることもあります。車専門の解体業者であれば、解体時に買取をおこなってくれることも多いので、利用する業者も工夫しましょう。

自走できない車は引取り手数料を考慮する

廃車予定の車が自走できない場合は、レッカーの利用が必要ですので、引取り手数料については考慮しておきましょう。一時抹消登録で名義だけを消去し、自宅で保管するなら問題はありませんが、車ごと処分してもらう場合はレッカー代は必須となります。 また、抹消登録後は、車が動いたとしても自走はできません。先に廃車を済ませてから業者に引き渡すとなれば、自走できても引取りを依頼しなければならないので注意しましょう。

廃車を考えたらその時期にも注意する

廃車の方法を決めれば、いつおこなうかも考えましょう。廃車は手続きさえすればいつでも可能ですが、時期によっては手間が増えることもあります。廃車するタイミングとしてはいつがふさわしいかを知り、スムーズに手続きを完了させましょう。

自動車税の支払時期を考慮する

廃車の時期は、自動車税の支払時期を考慮することが大切です。毎年4月1日時点での車の所有者に、自動車税はかけられ、1年分をまとめて支払わなければなりません。廃車すれば、年度内で残った納付額については、月割計算で還付されますが、1年分を支払ってから還付を受けるのは非常に面倒です。 3月の年度ぎりぎりで廃車を考えているのであれば、手間を減らすためにも、3月いっぱいで廃車手続きを完了させることが大切です。4月になれば自動車税が課税されてしまいますし、余計な手間を増やさないためにも、素早く廃車をおこないましょう。

車検の残存期間が1カ月以上の場合は重量税の還付も考慮

永久抹消登録で廃車にする場合は、車検の残存期間に応じて重量税の還付を受けることができます。重量税の還付は、廃車の翌月か車検の有効期限までを計算して金額が決定するため、最低でも1カ月以上の残存期間が必要です。 還付金は日ではなく、月単位で計算されるため、月末に廃車をおこなう場合は翌月にまたがらないよう注意しましょう。月を1日でもまたいでしまうと、還付金も1カ月分減額されるため、余裕を持って手続きを進めることが大切です。

自動車税の還付についての注意点

廃車すれば年度までの期間に応じて自動車税が還付されますが、これは普通自動車の場合のみです。軽自動車の場合は、どのタイミングで廃車にしても自動車税は還付されません。そのため、4月をまたいで自動車税を支払ってすぐに廃車にすると、1年分丸々損をするので注意しましょう。また、軽自動車でも永久抹消登録をすれば重量税については還付が受けられます。

廃車費用は自分に合ったものを選択する

廃車の方法はさまざまであり、どれを選ぶかによって費用は異なります。費用がかかるのが悪いわけではなく、お金をかければその分手続きを簡素化でき、面倒なく廃車ができます。反対に費用を削減しようと思えば、自分でやらなければならないことも多く、手間と時間をかけなければなりません。 どちらを求めるかは個人の自由ですので、費用と相談しながら、自分に合った方法で廃車をおこないましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2022 中古車買取カーネクスト