中古車売却 中古車買取 コラム

故障・修理

メンテナンスで古い車の故障を防ぐ方法|点検項目もご紹介

更新日:

思い入れのある愛車であれば、長持ちさせたいと考える人は多く、少しでも長く使うためには日頃のメンテナンスが大切です。どれだけ丁寧に使っていたとしても、劣化は避けられませんし、古い車ほど故障のリスクも高くなります。 長く使っていれば故障のリスクが高まるのは仕方のないことですが、日々のメンテナンス次第で、リスクを下げることはできます。自分でも簡単にできるメンテナンスはたくさんありますので、日頃から手入れをきちんとおこない、少しでも長く愛車に乗りましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

洗車の際にチェックするメンテナンスポイント

日常的な手入れとしては、洗車が挙げられ、定期的に愛車をピカピカにしている人も多いでしょう。念入りに車を洗い、綺麗にするのは大切なことですが、もう一段階上のメンテナンスをおこなうなら、洗車時に車の状態を細かくチェックしておきましょう。 洗車では車の全体を洗いますし、その際に車の状態をチェックしておけば、効率的にメンテナンスがおこなえます。チェックすべきポイントはさまざまありますので、それらを把握して、日々の手入れにさらに力を入れましょう。

ボディ外回りのチェック

洗車時に一番見えるのがボディの外回りであり、ここではボディの傷やミラーやライトの破損の有無などをチェックしておきましょう。丁寧に運転しているつもりでも何かの拍子に傷つけてしまうことはありますし、ほかの車からの飛び石などで傷がつくこともあります。 小さな傷でも放っておくと錆の原因にもなりますし、ミラーやライトが破損していれば、危険でもあるため、発見すればすぐに対処することが大切です。さらに細かく見るなら、ワイパーなどもチェックし、ゴムが劣化していないかなども定期的に確認しておきましょう。

ボディ足回りのチェック

ボディの足回りは目立たない部分であるため、洗車時にも注意深くチェックしておくことが大切です。傷の有無はもちろん、錆や腐食、オイル漏れはないか、各種パーツの破損はないかを確認しておきましょう。足回りの不具合は故障に直結することも多いため、念入りに確認しておかなければなりません。 また、ボディだけではなくタイヤの状態もチェックしておきましょう。溝はすり減っていないか、傷がついていないかなど、正常な状態かを見極めることが大切です。

エンジンルームのチェック

普段の手入れからエンジンルームのチェックまでできている人は少ないですが、ここも重要なチェックポイントです。エンジンルームでは、ウォッシャー液やラジエーター液の補充の必要はないか、エンジンオイルの汚れや漏れなどがないかなどを確認しておきましょう。 エンジンルームは走行性能に大きく関わる部分のため、こまめに点検しておくことが大切です。オイルのにじみや部品の欠落など、気付きづらいポイントも多いため、特に注意深く確認しておきましょう。

おかしいなと思ったら専門家に相談を

洗車時に点検をしていて、少しでもおかしいなと感じれば、すぐに専門家に見てもらうことが大切です。故障なども早期に発見すれば簡単に直せますし、事故のリスクも減らせます。車の故障は仕方のないものですので、それをいかに早く見つけ、対処できるかが重要です。 故障があっても早期に修理できれば問題はありませんし、二次被害も防げるため、古い車でも長持ちします。ディーラーや整備工場など、車を見てくれる業者はたくさんありますので、信頼できる業者を見つけて、不具合を見つければ詳しく点検してもらいましょう。

古い車のメンテナンスの注意点

古い車を少しでも長持ちさせるためには、こまめなメンテナンスが必要ですが、実際に整備をする際にはさまざまな注意点があります。注意点が守れていないと、整備しているつもりが、状態を悪くしてしまう可能性もあるため、ポイントを守って正しい方法でメンテナンスしましょう。

エンジンは必ず切ってからメンテナンスを

どんな箇所でも、メンテナンスをおこなう際は、必ずエンジンを切っておきましょう。エンジンをつけっぱなしにしていると、やけどなどのリスクが高くなるため危険です。古い車の場合は、エンジンに熱がこもることも多いため、エンジンを切ってしばらく置き、完全に冷めたのを確認してからメンテナンスを開始しましょう。

ウォッシャー液は専用品を

ウォッシャー液は単なる洗剤ではなく、専用の液体が使われていますので、ほかの物で代用しないようにしましょう。家庭用洗剤などを入れてしまうと詰まりの原因になりますし、真水を入れると冬場は凍結する恐れがあります。また、夏場は腐敗の原因にもなりかねませんし、必ず専用のウォッシャー液を補充しましょう。

自己流は危険!説明書を読もう

どの部分のメンテナンスをする場合でも、自己流でおこなうのは危険です。間違った方法でメンテナンスをすれば、状態を悪くしてしまう可能性があり、場合によっては故障にも繋がります。説明書を読んでからメンテナンスをおこない、無理だと感じれば業者に依頼するなど、自分でできる限度を知ることも大切です。

交換する必要がある部分は業者に依頼を

ブレーキパッドやエンジンオイルなど、交換が必要が部分は業者に依頼をするのが無難です。これらは車の走行性能を支える重要な部分であり、特に注意してメンテナンスをしなければなりません。少しでも間違えると車の性能は極端に下がり、事故のリスクも高くなります。 古い車は消耗品の交換箇所も多く、お金はかかりますが、業者にまとめてやってもらったほうが無難でしょう。

日頃のメンテナンスで愛車を長持ちさせよう

愛車を少しでも長持ちさせるためには、日頃のメンテナンスが大切であり、どれだけ丁寧に手入れをしているかによって、車の状態は違ってきます。古い車になればなるほど、故障のリスクは高くなるため、さらに力を入れてメンテナンスが必要です。 新しい車が発売されれば、そちらに目が行くことも多いですが、古い車でも長年乗った愛車の魅力にはかないません。手をかければかけた分、車も応えてくれますので、日常的にしっかりメンテナンスをして、愛車を少しでも長持ちさせましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2022 中古車買取カーネクスト