中古車査定なら中古車買取の実績多数・年中無休の「カーネクスト」

中古車買取に関するコラム | カーネクスト

買取

故障車の引き取りはなぜ可能か|業者が引き取る理由とは

更新日:

故障車の引き取りは可能か

中古車であれば、業者に買い取ってもらうことは可能であり、場合によっては高値がつくこともあります。しかし故障車の場合は、引き取りが難しいとイメージされることが多く、処分するしかないと諦めてしまう人も多いでしょう。実は故障車であっても引き取りはしてもらえますので、諦めずに売却先を探しましょう。

 

故障車が引き取り可能な理由

故障車であっても引き取ってくれる業者はたくさんありますが、そもそもなぜ引き取りが可能なのかと、疑問に思う人も多いでしょう。故障車では処分するしか道がないと考える人は多く、これは価値がないと思ってしまうからです。 車の価値は走るか否かに関係なく、故障車であっても全く無価値ではありません。業者が故障車を引き取るのは、価値があるからなので、どんな価値を見出しているのかを知っておきましょう。

部品の再利用が可能

故障車といっても、すべての部品が壊れているとは限らず、分解すれば使える部品が出てくることがあるようです。これは自走できない場合でも同じで、すべての部品が使い物にならないほど故障するということは、ほとんどありません。 どんな故障車であっても使える部品は眠っていますので、分解して部品としての再利用が可能です。分解して得た部品はそのまま中古部品として販売されたり、他の車の修理部品として使用されたりと、他の用途に合わせて使用することが多いようです。

鉄やアルミの素材として利用する

稀なケースですがすべての部品が故障してしまい、分解しても使い物にならないということもあります。その場合でもスクラップにすれば、鉄やアルミとしてリサイクルが可能であり資源としての価値は残っています。 車は部品のほとんどが鉄などの金属資源でできており、リサイクルによってよみがえる部分もあります。分解した場合でも、使えない部品はスクラップに出してリサイクルされますので、資源的な価値があることも理解しておきましょう。

修理をおこなって中古車として再販する

故障車といっても、比較的軽度なものであれば、修理すれば走ることも多いようです。故障車を買い取って修理し、事故車、修復歴車として再販する業者は多く、この場合は高値で引き取ってもらえる可能性も高いです。修理したとしても何らかの不具合は残りますが、それでもきちんと走りますし、運が良ければ長持ちもします。 故障の程度や箇所によって不具合の出方は異なりますが、事故歴のついた車でも価格が非常に安いことから、一定の需要はあります。

海外に輸出する

国内で再販が難しい場合は、海外に輸出して売られることが多く、これも故障車でも引き取りが可能な理由のひとつです。海外では日本車の人気は高く、故障車であっても走りさえすれば、高値で取引されることも多いです。 海外では走行距離や年式などはそれほど気にされませんし、基本的な走行に問題さえなければOKとされています。日本車は人気なだけではなく、品質の信用度も高いため、故障車であっても信頼できるとして高い需要があります。

 

故障車を引き取ってもらうときのコツ

故障車であってもさまざまな価値はありますので、引き取ってもらうことは可能です。しかし、ひとくちに引き取るといっても、方法次第で金額は違ってきますし、上手に引き取ってもらうコツを知っておくことが大切です。 少し工夫するだけで、故障車であっても高値で引き取ってもらえる可能性はあります。コツを理解して、少しでもお得に故障車を引き取ってもらいましょう。

買取専門店に依頼する

故障車の引き取り先はいろいろありますが、おすすめなのは買取専門店に依頼することです。買取専門店の場合、ある程度在庫を抱えておかなければなりませんし、人気モデルであれば故障車でも高値がつく可能性があります。 また買取専門店にもさまざまな種類があり、おすすめなのは事故車専門、廃車買取専門などの業者です。これらの業者であれば、通常の買取店では引き取ってくれないものでも値段をつけてくれる可能性が高く、車の状態に限らず引き取ってくれます。

修理はしない

故障車と通常の中古車であれば、中古車のほうが買取金額が高くなるのが普通です。しかし買取金額が高くなるからといって、修理をする必要はありません。修理をすれば多少は金額もアップしますが、大幅なアップは期待できず、修理代のほうが高くなることがほとんどです。修理をすれば余計な費用をかけるだけで損をしますので、そのままの状態で引き取ってもらいましょう。

綺麗に掃除をする

故障車を引き取ってもらう際には、修理など手を加えないことが大切ですが、掃除に関しては別です。故障車でも汚いと印象が悪くなりますし、綺麗に掃除をしておくことが大切です。掃除をしておけば査定士からの印象も良くなり、買取額のアップが期待できます。 引き取ってもらう場合は、私物の整理もしなければなりませんし、整理と合わせて車内も綺麗にしておきましょう。

オプション品を外す

社外品のオプションを付けている場合は、外してから査定に出しましょう。オプションが評価されるかは業者によって異なりますが、基本的にもっとも評価が良いのは純正品です。純正品の部品があればそれに交換しておき、オプションは別で売却するか、次の車での使用を考えましょう。 もちろん、自分で取り外しができないものは、わざわざ業者に頼む必要はありません。オプションの取り外しには作業工賃がかかりこれは余計な費用ですので、自分で外せるもののみ外してから引き取ってもらいましょう。

 

まずは故障車の査定を依頼してみよう

故障車でも何らかの価値は残されていますし、まずは査定に出してみることが大切です。買取を諦めていた車でも、値段がつくことはありますので、すぐに処分せず、少しでもお得に引き取ってもらう方法を考えましょう。

-買取

Copyright© 中古車買取に関するコラム | カーネクスト , 2020 All Rights Reserved.