中古車売却 中古車買取 コラム

故障・修理

ナンバープレートが破損したら、修理は可能?交換にかかる費用とは?

更新日:

事故を起こせばいろいろな部分が故障する可能性がありますが、注意が必要なのがナンバープレートの破損です。公道を走るにはナンバープレートは必須であり、これが破損していると、つけていないとみなされ違反となります。破損した場合はどうすれば良いのか、対処法を知っておきましょう。

※なお、事故により車を処分される場合は、事故車の買取もできるカーネクストでお手続きされれば、ナンバープレートが無い状態でも手続きが可能ですので、その点はご安心ください。

カーネクストでの査定額をWEBで確認
高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

ナンバープレートを事故で破損した際の対処法

ナンバープレートは、破損した状態で公道を走ると違法になるため、素早く対処しなければなりません。対処法はいろいろありますので、自分に合った方法を選ぶことが大切です。どの方法で対処するかによって、何をすれば良いのかは異なります。それぞれの方法を知って、どのように対処するのかを把握しておきましょう。

普通自動車の場合

ナンバープレートの破損の対処方法は、車種によって異なります。普通自動車の場合は、大きく3つの方法が考えられますので、それぞれの方法を理解しておきましょう。

ナンバープレートを新しく交換する方法

ナンバープレートが破損した場合、現行のナンバーを使うのではなく、新しいものを再交付することが可能です。運輸支局か自動車検査登録事務所に行けば、ナンバープレートの再交付が可能であり、それを取り付ければ公道を走れるようになります。 ナンバープレートを再交付するには、車を持ち込まなければなりませんが、破損した状態ではこの間の移動も違法となるので注意しましょう。車の移動はレッカーを使って輸送してもらう、あるいは仮ナンバーを取得して、持ち込むのどちらかになります。

同じナンバープレートを再作成する方法

破損したナンバープレートと同じナンバーで再作成する場合も、運輸支局か自動車検査登録事務所で申請をおこないます。申請には自動車登録番号標再交付申込書、車検証と返納するナンバープレートが必要です。必要書類と再作成されるナンバープレートの代金を支払えば手続きは終了です。 再交付は当日中に新しいナンバーがもらえますが、再作成の場合は受け取りまでに時間がかかります。約1週間程度かかりますので、すぐに使用を再開したいのであれば、再交付か仮ナンバーを取得するなどで間を繋ぎましょう。

ナンバープレートの修理を依頼する方法

ナンバープレートは、ほかの故障箇所と同様、修理工場で直してもらうことができます。修理の場合は再交付、再作成のように書類の提出が必要ありませんので、業者に連絡して修理してもらうだけで済みます。ただし業者に依頼して引き取ってもらう場合は、レッカー代がかかる可能性があるので注意が必要です。 運搬費をかけたくないなら、無料引き取りの業者を探すか、仮ナンバーを取得して自身で修理工場まで持ち込みましょう。工場の混雑具合にもよりますが、修理期間は数日と考えなければなりません。すぐに車が必要でないなら、修理に出すのがおすすめです。

軽自動車の場合

軽自動車の場合は、普通自動車とナンバープレート破損時の対処法が少し違っているので注意が必要です。修理工場に依頼する場合は軽自動車も変わりませんが、ナンバーの再交付、あるいは再作成については細部が違っています。軽自動車ならではのポイントを理解して、普通自動車の方法と混同しないよう注意しましょう。

ナンバープレートを新たに交換する方法

ナンバープレートを再交付する場合は、軽自動車は軽自動車検査協会で申請します。申請場所が普通自動車とは違っているので、間違えないよう注意しましょう。ナンバープレートの再交付には、車検証、ナンバープレート、印鑑が必要です。 また、軽自動車税申告書、自動車検査証記入申請書も必要ですが、これらは当日窓口で入手できます。再交付の場合は、普通自動車同様、当日の受け取りが可能です。

同じナンバープレートを再作成する方法

同じナンバープレートを再作成する場合も、軽自動車検査協会で申請をおこないます。申請には車検証、ナンバープレート、印鑑、さらに窓口で入手する番号標再交付申請書が必要です。再作成の場合も、普通自動車同様に申請から受け取りまで1週間程度かかりますので、その間に車が必要な場合は、仮ナンバーを取得するなどで対処しましょう。

ナンバープレートの交換にかかる費用

ナンバープレートの作成には費用がかかり、これは再交付や再作成の場合でも同じです。また修理の場合も同様に修理代金がかかりますので、それらの費用を把握しておきましょう。必要な費用は、方法や車種によって異なります。

普通自動車の場合

普通自動車の場合、ナンバープレートは再交付、再作成ともに約2,000円程度です。これは都道府県やナンバープレートの種類によって金額が変動するので注意が必要です。また再作成の場合は、前面のみなど1枚の作成で済む場合は、費用は安く済みます。

軽自動車の場合

軽自動車の場合は、ナンバープレートの種類によって費用が大きく違ってきます。ペイント式であれば約750円、字光式だと約2,400円、希望ナンバーだと約2,100円程度かかります。またこれは1枚あたりの金額であり、前後両面を変える場合は、さらに倍の金額がかかるので注意しましょう。 もっとも高額になるのは、希望ナンバーで字光式のものです。この場合、1枚で約3,300円程度かかりますので、費用を安く済ませたいならペイント式がおすすめです。

修理を依頼した場合

修理の場合は、料金は業者によって異なりますが、3,000~5,000円程度であることが多いです。これは普通自動車、軽自動車ともに共通しています。業者ごとの値段の設定は異なりますし、作業のスピードや入庫、納車などのサービスも違うため、料金だけではなく、手厚いサービスで楽に修理できる業者を選びましょう。

自分にあった対処法を選択しよう

ナンバープレートが破損した場合の対処法はいろいろあり、どれを選ぶかは自由です。どの方法であっても、きちんとナンバープレートが備え付けられていれば問題はありません。ナンバープレートが破損すると、公道を走れず不便ですので、自分に合った方法で素早く対処しましょう。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2022 中古車買取カーネクスト