中古車売却 中古車買取 コラム

購入

【中古の事故車を購入するリスク】ポイントを知っていい買い物を

更新日:

中古の事故車は安く買えることが大きなメリットですが、当然デメリットも存在しています。値段の安さばかりにつられてしまうと失敗する可能性が高いので注意が必要です。中古の事故車を買うデメリットを知って、購入の検討に役立てましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

中古の事故車を購入した場合の問題点

中古の事故車を購入するデメリットを考える上では、購入後の問題点を知っておきましょう。事故車は新車とは違ってなんらかの欠陥を抱えていますので、購入後にトラブルの発生する可能性が高いです。どのような点が問題になりやすいのかを知り、中古の事故車を買うデメリットの大きさを理解していきましょう。

事故の影響がいつ表れるかわからない

中古の事故車を購入する問題点としては、事故の影響がいつ表れるかわからないことが挙げられます。事故車といっても販売されている以上修理はされていますが、修理で完全に修復されたとは限りません。修理した箇所が将来的に不具合を起こす可能性も高いですし、それがいつ起こるのかも予測できないため急なトラブルに見舞われる可能性があります。

人身事故を起こしている可能性

事故車を売る場合、販売業者は修復歴の有無しか告知する義務がありません。そのため事故の詳細については知ることができず、場合によっては人身事故を起こしている車を気づかずに購入してしまう可能性があります。 人身事故を起こしているからといって、特別に大きな不具合があるわけではありませんが、それでも嫌な気持ちになる人は多いです。こればかりは多少の運もあるので、気にしすぎるのはよくありません。

次の売却時に高く売れない

事故車を購入した後に売りたくなった場合、値段がつかない場合もあるので注意が必要です。これは購入後であっても同じで、過去に修復歴があるというだけで市場価値は大きく下がってしまいます。車の状態や車種によっても異なりますが、通常の買取価格を下回ることは確かですので、それは覚えておきましょう。

中古の事故車の見分け方

販売業者は修復歴の有無を告知する義務がありますので、購入時に聞けば事故車かどうかは分かります。しかし事故車と一口にいっても故障理由はさまざまですし、理由次第では車の状態の良し悪しも変わってきます。事故車を購入するならよりいい状態のものを見分けることが大切であり、じっくりと吟味してから購入しましょう。中古の事故車の見分け方にはポイントがありますので、それを知っておくことが大切です。

外装の塗装や歪みをチェックする

中古の事故車を見分けるにあたり、まずは外装の塗装や歪みをチェックしましょう。塗装の色合いに変化はないか、ボンネットやバンパーなどの隙間に歪みがないかを目で見てよく確認することが大切。塗装の色合いに変化があれば、塗り直している証拠です。 またボンネットやバンパーの隙間が歪んでいる、均一になっていない場合も修理が完璧でない可能性が高いので注意が必要です。

予備タイヤを確認する

見落としがちなポイントが予備タイヤ。本体の確認はもちろん重要ですが、事故車を見分けるにあたっては予備タイヤの確認も重要ですので覚えておきましょう。予備タイヤにサビや泥がついている場合は、冠水車の疑いがあります。 冠水車は事故車の中で最も避けるべき車ですし、最悪の場合は購入してすぐ故障する可能性もあります。冠水車は電気系統に不備がありますし、絶対に選ばないためにも予備タイヤまで入念にチェックしておきましょう。

事故車を購入したい場合の選び方

事故車の購入にはデメリットやリスクがありますが、絶対に購入していけないわけではありません。中古の事故車を購入するメリットもさまざまありますし、デメリットやリスクと天秤にかけてメリットが上回るなら購入もおすすめです。 事故車を購入する場合は、どの車を買うかしっかり選んで決めなければなりません。事故車といっても故障の具合は一定ではありませんし、じっくり考えてから購入しましょう。

値下がりが著しい

事故車を購入する場合は、値下がりが著しい車を選ぶのがおすすめです。急激に値段が下がっていると怪しいと感じる人も多いですが、乗りつぶすつもりで事故車の購入を検討している場合は、とにかく値段の安い車を選択した方がいいです。 事故車でも値段の高い車はありますが、値段に関係なくどれも故障のリスクはあります。どうせリスクを取るなら安いに越したことはありませんし、値段の安さを一つの指標にしてみましょう。

足回りに影響のない故障理由

事故車を選ぶ際には、故障理由にも注目しましょう。事故車は修復歴のある車を指しますが、故障理由は車によって異なります。たとえばヒョウで故障してしまったなど、走行性能には影響しない理由で修復歴ありになった車を選べば事故車でも長持ちします。 いかに安いとは言え、買ってすぐに壊れたのでは意味がありません。ある程度は乗れなければ損をしますので、故障理由もチェックして決めましょう。

リスクを理解した上で事故車の購入を決めよう

中古の事故車の購入には多少なりともリスクがありますが、それをきちんと理解していれば購入しても問題ありません。損をしないためにもリスクを正しく理解して、お得に事故車を購入しましょう。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト