中古車売却 中古車買取 コラム

購入

中古車が10万円で販売されている理由。購入時のポイントなど

更新日:

中古車といっても、車を買うとなればそれなりの出費は覚悟しなければなりません。しかし上手に探せば10万円程度で購入できる場合もあります。安くで買えるのは嬉しいですが、なぜそれほど安いのかと怪しく思ってしまう人も多いでしょう。 10万円程度の安価で買えるのには理由がありますので、なぜ格安で中古車を販売できるのかを把握しておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

見ればすぐにわかる10万円販売の理由

中古車が10万円で販売されている理由はさまざまありますが、車を見ただけでなぜ安売りされているのかが分かることもあります。ぱっと見て安い理由が分かる場合は比較的安心で、粗悪品を掴んでしまう心配もそれほどないといえるでしょう。 見ただけで安いのが分かる理由としては何が挙げられるのかを知って、購入時にはきちんとチェックしておくことが大切です。

走行距離が多く10万キロ以上走っている

中古車の価格を決める要素のひとつとして走行距離があり、これが多いほど販売価格は安くなります。基本的には5万キロ、10万キロなどを区切りとして価格が決定しますが、特に10万キロを超えると大幅に値下げされることが多いです。 10万円で販売されている中古車の多くは、走行距離が非常に長いケースが多く、10万キロ以上の走行距離を有している可能性も高いといえるでしょう。走行距離が長い=走行性能が劣化している可能性を示すため、購入時には必ず確認しておかなければなりません。

外装のへこみや傷が修理されていない

外装のへこみなど、車傷が修理されていない車も、10万円など格安で販売されていることが多いです。傷がある場合の査定額は下がりますし、当然販売価格も割引されます。基本的には購入後に自身で修理しなければならないため、車本体の金額は安くても、修理費まで考えたら結局高くつくことも多いので注意しなければなりません。 軽度なへこみや傷なら自分で直すことも可能ですが、大きな傷や錆などは、業者に頼まなければならないことも多いので注意しましょう。

年式が古く人気のない車種

年式が古く人気のない車種も、安くで販売されていることが多いです。同じ中古車でも最新モデルであれば高くで販売されていますが、型落ちになると一気に値段は下がります。2世代以上前のモデルになると、さらに値下げされますので、10万円で購入できることも少なくありません。 年式の古い車は、さまざまな部分が劣化していることが多く、故障のリスクも大きいので注意が必要です。また、いかに年式が古いとしても、人気の車種であればビンテージとしての価値がつき、発売当初よりも高い値段で取引されることもあります。

見た目でわかりにくい10万円販売の理由

中古車が10万円販売されている理由はさまざまあり、見た目ですぐに分かるものもあれば、ぱっと見ただけではなぜ安売りされているのか分からないこともあります。見た目が綺麗な車でも安値で売られていることもあり、飛びついてしまいがちですがこれには注意が必要です。 見た目では分からないとしても、10万円という安値で売られているということはそれだけの理由があります。必ず何らかの欠陥、事情を抱えていますので、値段だけですぐに購入しないようにしましょう。

事故などによる修復歴がある

綺麗に修理されていて、見た目は取り繕われていても、事故などによって修復歴が付いている場合もあります。修復歴がある=車のフレーム部分を修理した履歴があることになり、何らかの故障リスクを抱えています。 フレーム部分は修理したとしても完全に直るわけではなく、いわば常に爆弾を抱えた状態だと考えましょう。見た目は綺麗でも、内部に故障のリスクを抱えていることもあるため、修復歴の有無は確認が必須です。

災害などによる冠水歴がある

修復歴以外で注意が必要なのが、冠水歴です。災害などによって冠水歴がついている車も格安で販売されていることは多く、これは電気系統にトラブルを抱えているからです。冠水車は修理しても電気系統は完全に直っていないため、いつ故障するか分かりません。 場合によっては購入してすぐに壊れることもありますし、綺麗に修理されていると見た目では分からないので注意が必要です。

何らかの事件に使用された車両

事件や事故などに使用、関与した車は、いわくつきとして格安で販売されていることが多いです。車ごとにどのような事件に巻き込まれているかは違いますが、場合によっては人命に関わるトラブルに使用されていることもあります。 事件や事故などに関係した車は、車の性能としては問題ないことも多いです。単に心理的な要因から、値段が下げられています。

そのほかの考えられる理由

中古車が10万円で売られる理由はさまざまありますが、上記以外の理由では、客集めの意味で特定の車を安くしているということも考えられます。業者では中古車を数多く扱っており、特定の車を10万円などの格安にすることで、集客効果を期待していることも多いです。 目玉商品があれば食いつく人は多いため、性能などに問題ない車でも、集客のために期間限定で値下げしているということも少なくありません。

10万円の中古車購入を検討するなら

中古車でも高い車はたくさんありますし、少しでも安くで購入できるならそれに越したことはありません。10万円程度の安い値段で買えればお得感は非常に高く、満足した買い物ができますが、購入時には考えておかなければならないことがあります。 10万円で売られているからにはそれなりの理由があり、場合によっては粗悪品を掴まされる可能性もあります。安いからといって金額だけで購入を決めてしまうと、損をする可能性もありますので、じっくり検討して本当に買ってもよいか考えてみましょう。

車検が切れているなどの初動費用を見込む

中古車を購入する際には、初動にかかる費用も考えておかなければなりません。新車なら購入してすぐに乗れますが、中古車の場合は整備や車検を通さなければ乗れないこともあります。特に10万円で売られている安い車は車検が切れていることもあるため、整備しなければ動かないこともあります。 本体価格は安いとしても、初動にかかる費用があまりにも高いと、結局普通に中古車を買ったほうが安くなることも多いです。本体だけの価格で決めるのではなく、使用までにかかる諸々の費用も含めて計算し、本当にお得になるかを考えておかなければなりません。

10万は10万の価値と割り切る

中古車が安くで売られているのにはそれなりの理由があり、状態が悪いものも数多くあります。しかし10万円という格安である以上、多少の質の悪さには目をつぶらなければなりません。価値以上のものを求めてしまうと、購入後に不満が出るため、10万円は10万円と割り切って購入しましょう。 もちろん、安くで売られていても質や性能がいい車もあります。基本的には10万円分相応の価値があればOKと考え、質が良ければラッキー程度に考えておきましょう。

10万円の中古車についてを理解して検討しよう

中古車にもさまざまな種類があり、高値で売られていることもあれば、10万円など格安で売られていることもあります。10万円だからといって、必ずしも質が悪いとは限りませんので、上手な見極め方を知ってお得に中古車を購入しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト