中古車売却 中古車買取 コラム

購入

高年式のレンタカーの魅力とは。購入時のメリット・デメリット

更新日:

中古車にはさまざまな種類があり、年式ひとつとっても、高年式、低年式など幅広くあります。また、車の出どころもさまざまであり、一般の消費者が売却したものもあれば、レンタカー上がりで中古車として販売されているものもあります。 レンタカー上がりの中古車は、実はお得に購入できることも多いです。どんな特徴や魅力があるのかを知り、購入時に役立てましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

高年式レンタカーについて

Nissan Qashqai

レンタカー上がりの中古車を購入するのであれば、そもそもどんな車がレンタカーから中古車販売に回されているのかを知っておかなければなりません。レンタカーから中古車販売に回される場合は、基本的には高年式であることが多いです。高年式とはどのような車を指すのか、状態を正しく把握しておきましょう。

高年式の意味

そもそも年式とは、車が新車登録されてから何年経過しているかを表したものです。中古車業界では頻繁に使われる用語であり、車の販売、買取価格などを決める際には、年式を参考にすることが多いです。年式を表す表現としては、高年式と低年式があります。 高年式は新しい車、低年式は古い車を指しますので、中古車を購入するのであれば、高年式のものを狙ったほうがよいでしょう。

レンタカーは基本的に高年式

レンタカーから中古車販売に回される車は、基本的には高年式です。レンタカーは常に最新モデルを取り揃えるため、型が古くなればどんどん中古車販売へ回します。新モデルの発売の時期は車種ごとに異なりますが、1~2年程度のサイクルであることが多いです。 また、レンタカーの場合は安全性にも留意しなければならないため、古い車をいつまでも置いておくのは、業者としてもリスクになります。これらの理由があるため、レンタカーは1~2年程度で中古車販売に回されるため、レンタカー上がりの中古車は高年式になります。

高年式レンタカーのメリット

車の後ろ姿

レンタカー上がりの高年式の中古車を購入するのにはさまざまなメリットがあります。中古車でも高年式であれば状態のよいものも多いですが、レンタカー上がりだからこその魅力も存在します。レンタカー上がりの高年式の車を中古で購入するメリットを知って、購入時に参考にしましょう。

新しくて清潔

高年式の車であれば、まだまだ新しく、場合によっては新品同然に見えるほど清潔なものもあります。レンタカーの場合はこまめに掃除などもされていますし、綺麗な状態が保たれています。高年式でもともと綺麗なことはもちろん、清掃も行き届いているため、より綺麗な状態で購入可能です。しかも、レンタカーは基本的に禁煙車であることが多いため、タバコ臭さやヤニ汚れを感じることもないでしょう。

長距離移動でも安心

高年式の車は走行距離が短いことがほとんどであり、故障のリスクも少ないです。レンタカーであれば、毎日使用するとは限りませんし、走行距離もそれほど増えないことが多いです。足回りの性能などにも不安が少ないため、故障リスクの低い中古車を購入できるのは大きなメリットと言えます。

事故のリスクが低い

レンタカーはお客さんに提供するものですので、メンテナンスなどもこまめにおこなわれています。そのため、同じ年式でもレンタカー上がりのほうが整備が行き届いていることも多く、足回りを含めたさまざまな性能が優れていることが多いです。 性能がきちんと維持されているため、故障などの可能性も低く、事故のリスクを下げられるのも大きなメリットでしょう。

レンタカー上がりの中古車の魅力と注意点

レンタカー上がりの中古車にはさまざまな魅力があり、購入するメリットは大きいです。しかし、高年式だからといってすぐに飛びついてもよいわけではなく、購入時には注意点も複数あります。注意点を守れていなければ、いかに高年式の車であっても不満を感じることがありますし、場合によっては損をする可能性もあります。 せっかく購入するのであれば、ストレスなく使えるに越したことはありません。レンタカー上がりの中古車の魅力だけではなく、購入時の注意点も知って、上手に選びましょう。

高年式の車が安く手に入る

レンタカー上がりの車は、年式からすれば走行距離が長い車も多いです。そのため、中古車市場ではあまり需要が伸びないため、値下げになることが多く、高年式の車を相場よりも安く購入できます。もちろん、走行距離が長いのはデメリットではありますが、それも車によって違いますし、気にならない程度のものも多いです。 年式に対して走行距離が長すぎるものを購入するのはリスクがありますが、年1万キロ未満のペースであれば、問題はないでしょう。

整備が行き届いている

レンタカーは日々整備や点検をおこなってから、お客さんに提供されているため、メンテナンスが行き届いています。同じ年式の中古車と比べても、整備が行き届いていることが多く、故障のリスクは非常に低いと言えるでしょう。 高年式の中古車の中には、無茶な使い方をして、全く整備ができておらず、新しいのに状態が悪いものもあります。レンタカー上がりであれば、整備がきちんとおこなわれているため、極端に状態の悪い車を買ってしまうことは少ないでしょう。

基本的にメーカー保証がない

レンタカー上がりの中古車は、基本的にメーカー保証がないため、故障などがあればすべて自己負担で修理をおこなわなければなりません。整備が行き届いているため、故障のリスクは少ないですが、それでもゼロパーセントではありませんし、当然普通に使っていても何らかの不具合が起きることはあります。 故障リスクが低いとは言っても、メーカー保証がなければ不安になってしまう人も多く、これも高年式で相場より安く売られている理由のひとつでしょう。

傷や汚れが残っていることも

レンタカーは車に慣れていない人が使うことが多いため、傷などはつきやすいです。また、借り物ということで、丁寧に扱わない人も多く、場合によっては車内が汚れていることもあります。使用状況や手入れの状態によっても異なりますが、傷や汚れなどが残っている可能性があることは理解しておきましょう。車としての性能に問題がない場合でも、外装や内装に細かい問題を抱えていることはあります。

メリットとデメリットを理解した上で購入しよう

レンタカー上がりの中古車は高年式がほとんどであり、状態のよい車も多いです。他にもさまざまなメリットがありますが、同時にデメリットがあることも忘れてはいけません。レンタカー上がりの中古車はおすすめではありますが、良い面も悪い面も正しく理解して、その上で購入を検討しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト