中古車売却 中古車買取 コラム

購入

中古車購入で車庫証明を取るタイミングは?取得方法や不要な場合とは

更新日:

中古車を購入する際には、さまざまな手続きが必要であり、提出しなければならない書類もあります。購入契約時に必要な書類も複数あり、その中のひとつに車庫証明が挙げられます。車を持つためには、車庫証明は必須ですので、どんな書類なのかを理解を深め、取得の方法も知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

中古車購入時に必要な車庫証明とは

中古車を購入する際には、車庫証明が必要ですが、これがどのような書類なのか知らない人は多いでしょう。車庫証明は必須の書類ですので、どんなものなのか正しく理解しておくことが大切です。中古車購入の手続きは複雑なことも多いので、細部の書類についても理解を深め、スムーズに進められるようにしておきましょう。

車庫が確保されているかを証明

車庫証明とは、車庫をきちんと確保していることを証明するための書類です。車を所有するためには、保管場所が必要であり、これがなければ車を保有することができません。車庫証明は住所を管轄する警察に申請が必要であり、住所から2キロ以内であったり、道路への出入りに支障がなかったりと、さまざまな条件があります。車庫となる場所さえあれば取得できるわけではなく、条件を満たしている必要があるので注意しましょう。

新車購入や買い替え換え時にも必要

車庫証明は中古車を購入するときはもちろん、新車の購入や買い替え時にも必要です。購入の状態や方法に関係なく、車を買うなら車庫証明は必須であると考えておきましょう。また、購入する際だけではなく、引越しによって車庫が変わる場合や、譲渡による名義変更などでも、車庫証明は必要です。中古車購入以外にも、必要になるシーンはさまざまありますので、それらも覚えておくと便利でしょう。

中古車購入時に必要な車庫証明の取得法

中古車の購入には車庫証明が必要ですが、取得する方法はさまざまです。どの方法でも取得さえできれば問題はありませんので、自分にあったやり方で取得しましょう。取得方法によって、手間や費用が異なりますので、それらを比較してやり方を考えることが大切です。

中古車販売店に代行してもらう

車庫証明を取得する場合、中古車販売店に代行してもらう方法が挙げられます。代行で取得してもらう場合は、1~2万円程度費用がかかるので注意が必要です。車庫証明の取得は、平日の日中しかできませんので、平日に休みが取れない場合は代行を利用したほうがよいでしょう。

自分で手続きをする

車庫証明は中古車販売店に代行してもらうだけではなく、自分でおこなう方法もあります。自分で手続きをする場合は、平日に時間を取らなければなりませんし、書類を集めるなどの手間もかかりますが、費用はほとんどかからずに取得できます。手間と費用を考えて、どちらを取るか考えておきましょう。

必要書類を用意する

車庫証明の取得には必要な書類がさまざまあり、住所を管轄する警察署で書類を受け取らなければなりません。このとき駐車スペースは事前に確保しておかなければなりませんので、先に車庫を用意してから警察署に向かいましょう。 また、取得に必要な書類は、インターンネットでもダウンロードできますので、それを利用すればさらに便利です。何度も警察署に行くだけでも手間がかかりますので、ダウンロードして印刷したほうが、手続きもスムーズに進めやすいでしょう。

管轄の警察署に書類を提出する

必要書類を揃えれば、管轄の警察署で提出します。警察署は平日の9時から17時しか開いておらず、土日祝日などは窓口は閉まっているので注意しましょう。費用は手数料込みで約2,500円程度であり、代行で取得するよりも安く済ませられます。 車庫証明はその場でもらえるわけではなく、申請後約10日後に発行されますので、再度警察署に取りにいかなければなりません。車庫証明の取得には、最短でも2回は警察署に行かなければなりませんので、平日に時間が取りづらい場合は、代行して取得してもらったほうがよいでしょう。

中古車購入で車庫証明が不要な場合

中古車を購入する際には、車庫証明は必須ですが、例外的に不要な場合もあります。車庫証明が不要な場合は、条件が限られていますので、どんな場合が該当するのか知っておくことが大切です。また、不要と思っていても実は必要な場合もありますし、条件は細かく設定されているため、間違えないよう正しく理解しておかなければなりません。

村に住んでいる

市区町以外の村と2000年6月以降に合併した「旧村」に該当する地域に住所がある場合、中古車を購入する際にも車庫証明は不要です。ポイントは旧村に住所があり、駐車スペースも該当地域にある場合のみ車庫証明が不要ということです。 住所が車庫証明の必要な地域の場合、駐車スペースを車庫証明不要の地域に設定していたとしても、車庫証明は取得しなければなりませんので注意しましょう。

軽自動車を購入

普通自動車の購入の場合、車庫証明が不要なのは旧村に限られますが、軽自動車の場合であれば、車庫証明不要な地域が他にもいくつかあります。軽自動車の場合は、「保管場所届出」を、ナンバー取得後15日以内に届け出れば問題ありません。 軽自動車でも、車庫証明が必要な地域はありますので、その場合は普通自動車同様の手続きを踏んで、事前に車庫証明を取得する必要があります。軽自動車=車庫証明が不要というわけではなく、地域によって不要になる場合もあると考えておきましょう。

中古車購入時の車庫証明と納車のタイミング

車庫証明は中古車購入の際に必要ですが、問題はどのタイミングで取得するかです。車庫証明取得のタイミングによって、納車までの期間なども異なるので注意しなければなりません。適切なタイミングで取得して、購入から納車までスムーズに進めましょう。

車庫証明は契約してから納車日までに取る

車庫証明を取得するのは、中古車購入契約をしてからであり、契約後から納車までの間に取得しなければなりません。購入契約を交わせば、速やかに車庫証明を申請しなければならず、代行して取得してもらう場合は、このタイミングで申し出ておきましょう。契約後に申請となるのは、車庫証明取得の申請書に、車体番号を記入する欄があるからです。

車庫証明が早く取れると納車が早い

車庫証明の取得は、購入契約後になりますが、取得できた時点で納車が可能になるため、素早く取得すれば、それだけ納車も早くなります。車庫証明は提出書類として必要なだけではなく、実際に車を保有するために必要なものです。 車庫証明で駐車スペースを確保していることが証明できなければ、いつまでも納車はできませんので、早く納車してほしいなら、車庫証明も素早く取得しましょう。

事前に準備して手際よく中古車購入をしよう

中古車を購入する際には、車庫証明が必要なケースが多いため、事前に取得に向けて準備しておくことが大切です。車庫証明が早く取れれば、その分納車もスムーズにおこなえますので、購入から納車までを早く済ませるためにも、事前準備を徹底しておきましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト