中古車売却 中古車買取 コラム

事故

事故で使用できる代車の車種やグレード。判断基準を知ろう

交通事故に遭えば、車が故障してしまうことは多く、場合によっては代車が必要になることもあります。故障の程度によっては修理できることもありますが、修理に出すとしても数日はかかってしまうため、その間は代車で過ごさなければなりません。 代車を利用する場合は、どんな車を使用するかですが、車種まで選べるのだろうかと疑問に思う人は多いでしょう。せっかく代車を借りるのであれば、普段は乗れないようなグレードの高い車を使いたいと考える人も少なくありません。事故における代車の規定を知り、車種の選択が可能かなど、細かい決まりを知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

代車を請求できるための判断基準

事故で車が使えなくなれば、代車を利用したいと考える人は多いでしょう。しかし、事故によって車が故障したからといって、必ずしも代車を利用できるわけではありません。もちろん、レンタカーなどを利用すれば、代車として使うことはできますが、この場合費用はすべて自己負担です。 保険を適用して代車を利用する場合には、利用が妥当かという判断基準があります。代車請求の判断基準に適合しなければ、保険で代車は利用できないので注意が必要です。自分が加入している保険を利用する場合も、相手が加入している保険を適用させる場合も、基本的には基準は同じです。

代車の必要性についての基準

事故による代車の請求基準としては、まずは必要性の有無が判断されます。代車を利用する必要がないと判断されれば、要求は認められないので注意しましょう。代車の必要性とは、車の使用頻度が高く、緊急性が認められる場合などです。 通勤に使っている場合でも、他の交通手段での通勤が可能なら、請求できないこともあります。また、事故車以外にも車を所有している場合は、請求は認められないので注意しなければなりません。必要性が認められた場合でも、使用する期間や補償の範囲が状況に応じて変わります。また、代車の利用が認められても、実際に使用しなければ費用の請求はできないので注意しましょう。

代車の相当性についての基準

代車の請求は必要性だけではなく、相当性による基準もあり、これは利用する代車の車種やグレードなどを定めたものです。代車の必要性が認められた場合でも、どんな車でも借りられるわけではなく、基本的には事故車と同程度のグレード、車種のみ利用できます。 事故車相当を超えての代車の利用については、補償の範囲外となり、場合によっては全額補償されない可能性もあるので注意しましょう。

代車の車種及びグレードの判定基準

事故によって代車を利用する際には、必要性と相当性が認められなければならず、実際に使用する車を選ぶ際には相当性がポイントになります。代車で使用できる車種やグレードはどのように決定されるかを知り、相当性について理解を深めましょう。

基本的には必要性の最小限度で同等クラスの車種

事故における代車の相当性は、基本的には必要性の最小限度で、同等クラスの車種であることが基準になります。事故車のグレードはもちろん、どのような使い方をしているかによって決定し、機能なども必要最小限度のものが用意されます。

高級車の場合はランクダウン

代車は基本的には同等程度のグレードで要求できますが、事故車が高級車に該当する場合は、ランクダウンすることが多いです。なぜ同等程度のグレードで利用できないのか、その理由を知っておきましょう。

同等グレードの代車は要求できるか

高級車の場合、グレードアップはもちろん、同等程度のグレードの代車を要求するのも難しいです。これは代車のグレードは判例の範囲で決まっているからであり、グレードを上げての利用は認められていないからです。 代車は必要最小限度の機能、グレードになるため、そもそも高級車の利用が必要最小限ではないとみなされ、どうしてもグレードは下がってしまいます。

被害者が高級外車に載っていた場合の代車

事故車が高級外車の場合でも、基本的にはランクは下がり、同等程度の代車を要求することはできません。代車で外車モデルを準備するのは難しいため、基本的にはランクは下がりますが、高級国産車までなら、代車として認められることもあります。

なぜ被害車両の同等性は重要視されないのか

高級車の場合、なぜ代車の同等性が重要視されないのかですが、これは判例による影響が大きいです。判例は被害者の保護を考えたものであり、あくまで損害を最小限にするものです。損害を補償するものではありませんので、高級車の場合は最小限に収めた結果、ランクが下がると認識しておきましょう。

ランクダウンの車の中であれば好きな車を選べる

代車でランクアップを狙うことはできませんが、ランクダウンの車であれば、好きな車を選んで代車にできます。ランクダウン、かつ業者が持っている範囲内であれば、代車の車種を指定することは可能です。せっかく代車を利用するのであれば、乗ったことがない車を選び、乗り心地などを試してみるのもよいでしょう。

特殊な代車要求に対する判断事例

代車要求の事例はさまざまであり、中には特殊なケースもあります。代車の要求が通るかどうかは、判例をもとに判断されますので、どんな事例があるか知っておくことが大切です。特殊な事例についても把握して、どのような要求であれば通るのか、基準を見極めましょう。

特殊な事情が斟酌される場合

代車の請求では必要性と相当性が重要視されますが、特に重要視されやすいのは必要性です。たとえば生活上で、小さい車では必要な人数が運べない場合などは、大型車両の代車が認められることもあります。また、営業用の車の場合も、業務上における必要性が認められれば、大型車両などランクの高い車が使用できることもあります。 ポイントは絶対に必要という点であり、強い必要性が認められれば、特殊な要求でも通ることは多いでしょう。

特殊な事情は斟酌されない場合

営業用に使用している車の場合、顧客の送り迎えなどもおこなっていれば、見栄えのために高級車を使用していることもあります。しかし、この場合必ずしも高級車である必要はありませんので、営業上顧客との信頼関係構築のために必要と主張しても、要求は認められません。 必要最小限度で考えれば、顧客を運べるだけの乗車人数があれば問題はありませんので、高級車の要求は通らないことは理解しておきましょう。必要性があるといっても、付属的なものの場合は、認められないことが多いので注意が必要です。

代車は必要な範囲で使うこと

事故で車が故障すれば、代車の請求は可能ですが、請求すれば必ずしも利用できるとは限りません。代車を利用するには、正当な必要性が認められなければならず、利用できる車種やグレードについても相当性の観点で決められています。 代車が利用できる場合も、基本的には必要最小限のものとなり、自由に選べるわけではありません。代車はあくまで応急処置的なものですので、適切な範囲内で使用し、事故車の修理や新車の納車を待ちましょう。

なお、事故車の処分については、単に廃車にするだけだと費用がかかりますので、事故車の買取も可能なカーネクストに売却する様にすると、手元に残るお金が多くなり最適な手段と言えるでしょう。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-事故

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト