中古車売却 中古車買取 コラム

本と虫眼鏡

廃車 手続き

DIYで廃車する方法。全体の流れやメリットとデメリット

更新日:

廃車するには業者に依頼しなければならないと考える人も多いでしょうが、実はDIYみたいに自分で廃車にすることも可能です。自分でおこなう際には、さまざまな手順を踏まなければなりません。全体の流れや細かい手順を把握して、DIYでの廃車をスムーズにおこないましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

DIYで普通自動車の廃車手続きをする方法

車のカギ

廃車手続きをする方法はさまざまであり、やり方によって手順なども異なりますが、実は車の種類によっても廃車の手続きの進め方は違います。普通自動車に乗っているのであれば、それに合わせた方法で手続きを進めなければなりません。普通自動車の場合、どのように廃車手続きを進めればよいのか、細部まで把握しておきましょう。

永久抹消登録の方法と手順

廃車方法として、解体を前提とした永久抹消登録があります。永久抹消登録では、手続きの際に解体証明書が必要になりますので、事前に車を業者に引き渡し、証明書を入手しておきましょう。DIYで廃車にするからといって、解体まで自分でできるわけではありません。 車の解体については、自動車リサイクル法で決められており、認可を受けた業者以外の解体は違法となるので注意しましょう。車を解体業者に引き渡せば、その他必要な書類を準備し、ナンバープレートと一緒に運輸支局の窓口に提出すれば廃車登録は完了です。

一時抹消登録の方法と手順

一時抹消登録の場合、車の解体を必要としませんので、すべて自分の手で手続きを進められます。一時抹消登録も基本的な流れは同じであり、ナンバープレートを取り外し、運輸支局で必要書類と一緒に提出すれば手続きは完了です。 解体が必要ありませんので、業者を利用せずに廃車をおこなえますが、ナンバープレートの取り外しが自分でできない場合は、業者にお願いしなければなりません。

かかる費用

永久抹消登録の場合は、車の引き取り代や解体費用などを合わせれば、2万円程度になることが多いです。一時抹消登録の場合は、車の引き取りなどがなければ、登録手数料の350円だけです。解体費用がかかる分、永久抹消登録のほうが費用はかかりますが、これも業者によって料金は異なります。 また車も自身で業者に持ち込める場合は、引き取り代が不要になるため、やり方次第ではさらに費用を安く抑えられます。

DIYで軽自動車の廃車手続きをする方法

軽自動車の廃車手続きをおこなう場合、普通自動車とは細かい違いがあるので注意しなければなりません。手順としても細部の違いがありますが、そもそも廃車登録の名称が違うことは頭に入れておきましょう。軽自動車の場合、永久抹消登録は解体返納、一時抹消登録は自動車検査証返納届となっています。

解体返納の方法と手順

解体返納の場合、普通自動車の永久抹消登録と同じく、事前に車を解体しなければなりません。解体業者に車を引き渡し、解体証明書をもらえば、それを含む必要書類とナンバープレートを持って窓口で手続きをおこないます。 軽自動車の場合、廃車手続きは運輸支局ではなく、軽自動車検査協会でおこないますので、場所を間違えないようにしましょう。

自動車検査証返納届の方法と手順

自動車検査証返納届の方法も、基本的には普通自動車の一時抹消登録と同じです。解体が不要なため、必要な書類と、ナンバープレートを軽自動車検査協会に持ち込めば手続きをおこなえます。ナンバープレートの外し方も同じであり、ドライバーを使えば自分でも取り外しは可能です。できない場合は業者に依頼して外してもらいましょう。

かかる費用

軽自動車の廃車にかかる費用は、DIYでおこなうなら普通自動車とほとんど変わりません。解体費用などは、軽自動車のほうが安くなることもありますが、これも業者によって違います。また費用の差もそれほど大きくはありませんので、基本的には同程度と考えましょう。

DIYで廃車手続きをするメリット

廃車手続きは業者に依頼せず、DIYでおこなうことも可能です。しかし業者に任せるのが一般的と考え、自分でやるのは面倒と感じる人は多いでしょう。自分でやる場合、当然業者に依頼するよりも手間は増えますが、その分得られるメリットもあります。自分で廃車手続きを済ませることにはメリットがありますので、DIYでやる魅力を知っておきましょう。

費用がかからない

DIYで廃車をおこなうメリットとしては、費用がかからないことが大きいです。永久抹消登録や解体返納の場合には解体費用がかかりますが、基本的にはそれだけの出費で手続きは完了させられます。一時抹消登録の場合は解体費用がかからないため、よりお得に廃車できますし、解体費用も業者の選び方次第で安く抑えることは可能です。 廃車する際にかかる費用の多くは、業者に支払う手数料であり、これがなくなることで全体の費用はかなり安くなるでしょう。車を処分するだけに費用をかけてしまうのはもったいないですし、少しでも安く済ませたいならDIYでの廃車がおすすめです。

還付金を受け取れる

自分で廃車手続きをおこなった場合、還付金が丸ごと自分の手元に入ります。業者に依頼した場合でも、還付金を返還してもらえることはありますが、一部業者の取り分となってしまったり、手数料と相殺されたりと金額は少なくなることが多いです。 また業者によっては還付金をすべて業者の利益にしてしまい、返してくれないこともあります。廃車の方法や条件によっても異なりますが、自分で廃車をすれば還付金は問題なく受け取れます。一時抹消登録なら自動車税が、永久抹消登録なら自動車税と重量税が還付されますので、税金の払いすぎを防ぎ、よりお得に廃車が可能です。 ただし軽自動車の場合は、還付が受けられるのは解体返納をした場合のみで、重量税の還付に限られますので注意しましょう。また普通自動車でも軽自動車でも、廃車後に保険会社に連絡して申請すれば、自賠責保険料も返金してもらえます。

DIYで廃車手続きをするデメリット

DIYで廃車をすることにはデメリットもあります。もっとも大きいのは手間がかかり、面倒という点でしょう。自身で手続きをする場合は、必要書類をすべて自分で集めて記入しなければならず、窓口への提出も自分でおこなわなければなりません。 運輸支局も軽自動車検査協会も、平日の日中しか空いていないので、平日が仕事の人は時間を合わせるのも難しいでしょう。また業者に依頼する場合でも、依頼先の選び方や買取をともなう廃車など、やり方次第で費用を安く済ませることは可能です。業者に頼んでも安く済ませることはできますので、DIYで行う場合の手間がかかるというデメリットは大きいと言えるでしょう。

DIYの廃車にチャレンジしてみよう

廃車は自分でおこなうことも可能ですが、メリットとデメリットの両方が存在します。場合によっては、業者に依頼したほうがお得になるケースもあるので注意しなければなりません。車の状態や状況をしっかり見極め、DIYでお得になるなら自身で廃車手続きをおこないましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車, 手続き
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト