中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車時の譲渡証明書について。必要になる場合や準備の方法

更新日:

廃車時に必要な書類には、さまざまな種類がありますが、場合によっては譲渡証明書が必要になることもあります。譲渡証明書=誰かに車を譲る場合にのみ必要と考えている人は多いでしょうが、ひとくちに車を譲るといっても、さまざまなシーンが考えられます。 譲渡証明書は、幅広いシーンで登場する書類ですので、いつ必要なのかを把握しておくことが大切です。廃車時に譲渡証明書がどのように関係してくるのか、必要な場合を知って理解を深めておきましょう。

カーネクストへWEBで申し込み

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

譲渡証明書とは何か

そもそも譲渡証明書とは何かですが、これは車やバイクなどを、誰かに譲る場合に必要な書類です。車やバイクなどは資産のひとつであるため、譲る場合にも法的な手続きを取り、所有権を移動させなければなりません。 譲渡証明書とは、譲る人、譲られる人の間で、所有権が確かに移ったことを証明するための書類であり、これがなければ所有権の移動が認められないので注意が必要です。また、譲渡はもちろん、売買によって所有権が移る場合にも、譲渡証明書は必要です。

廃車時の譲渡証明書の必要性について

譲渡証明書が必要になるのは、基本的には譲渡や売買によって所有権が移る場合です。そのため、車の名義を抹消する廃車手続きでは、譲渡証明書は不要だと考える人も多いでしょうが、実は必ずしも不要とは限りません。 ひとくちに廃車といっても、方法はさまざまありますので、手続きの進め方によっては譲渡証明書が必要になるケースもあります。廃車の方法を考え、それぞれでの譲渡証明書の必要性についても考えてみましょう。

自分で廃車する場合

廃車は運輸支局などで自分で手続きをおこなうこともできますが、この場合、譲渡証明書は必要ありません。自分で廃車する場合は、自分名義の車を自分で抹消登録するだけですので、譲渡や売買など、所有権の移動は発生しないため、譲渡証明書は不要と考えましょう。

ディーラーに廃車を依頼する場合

ディーラーに廃車を依頼する場合も、委任状は必要ですが、譲渡証明書は必要ありません。委任状を含めた必要書類さえ提出すれば、廃車手続きを代行してもらえますが、場合によっては譲渡証明書を求められることもあります。 譲渡証明書を求められた場合は、ディーラーは廃車後に中古車として再販する可能性がありますので、なぜ譲渡証明書が必要なのかは確認しておきましょう。もちろん、きちんと説明を受ければ、譲渡証明書を渡しても問題はありません。

廃車時に譲渡証明書が必要な場合

ディーラーに廃車を依頼し、廃車手続き後に再販が予定されているなどのケースであれば、譲渡証明書が必要です。しかし、これ以外にも譲渡証明書が必要になるケースもあり、場合によってはこれがなければ廃車手続きができないこともあります。どのようなケースだと、廃車に譲渡証明書が必要になるのかを知っておきましょう。

所有者がディーラーや販売会社の場合

車をローンで購入しているなど、所有者が自分ではなくディーラーや販売会社の場合、自分で廃車するには譲渡証明書が必要です。廃車できるのは所有権を持っている人だけであり、所有権者以外が勝手に廃車をおこなうのは違法です。 所有権が自分にない車を自分で廃車する場合は、所有権者から車を譲渡してもらい廃車を行うために、所有権解除をしてもらわなければなりません。基本的にローンが完済されている状態でないと所有権解除をしてもらえませんが、交渉次第ではローンが残っていても所有権を移してもらえる可能性もあります。 ただし、所有権解除をしてもらっても、ローンの残債額がある場合は、その支払い義務は残りますので注意しましょう。所有権が移る=ローンの支払い義務がなくなるというわけではありません。

廃車買取業者に廃車手続きを代行してもらう場合

廃車買取業者に廃車手続きを代行してもらう場合は、基本的に譲渡証明書を用意しなければなりません。なぜ譲渡証明書が必要かというと、廃車買取業者は廃車手続きを代行するために一旦車の名義を業者に変更した後に廃車手続きを行う移転抹消を一般的に行うからです。 なぜ移転抹消を行うかというと、廃車の名義を業者に直ちに変更し、廃車を手放してくださった前所有者に税金の還付をスムーズに行うことと、廃車の処分の過程で前所有者にトラブルが及ばないようにすることを目的としているからです。

廃車時の譲渡証明書の書き方

廃車時の譲渡証明書には書き方があり、正しい方法で作成されていなければ、無効になる可能性もあるので注意しましょう。譲渡証明書は、黒いボールペンなど、消えないもので記入するのが基本です。間違えた場合は、前所有者による訂正印での訂正が必要で、修正テープなどを使っての修正はできません。 譲渡証明書には、車台番号や型式、譲渡人の名前と住所などを記入して実印を押します。基本的には譲渡する本人が作成しなければなりませんので、譲渡される人が作成しても効力は発揮しません。

バイクの廃車時の譲渡証明書について

バイクの場合も、譲渡証明書の書き方や扱いについては、基本的には車の場合と同じです。所有権が別の人にある場合は、廃車するには所有権解除などの手続きが必要であり、所有者以外が勝手に廃車にすることはできません。バイクも譲渡や売買などを伴う廃車の場合には、譲渡証明書が必要であることは覚えておきましょう

譲渡証明書のダウンロード

譲渡証明書はネット上にデータがアップロードされていますので、それを使えば簡単に作成できます。運輸支局や車の販売店などでもらうこともできますが、国土交通省のホームページからダウンロードしたほうが便利で、信用性も高いでしょう。

廃車するときに譲渡証明書が必要な場合を把握しよう

基本的には廃車をするだけなら譲渡証明書は必要ありませんが、廃車に譲渡や売買などが絡む場合は別です。これらの場合には譲渡証明書が必要であり、なければスムーズに手続きが進められないので注意しなければなりません。 廃車でもどのような場合に譲渡証明書が必要なのかを正しく把握して、スムーズに手続きを完了させましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト