中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車をもらうために必要なこと。手に入れる方法や譲渡の手続き

更新日:

車を手に入れる方法はさまざまありますが、購入するとなれば、中古車であっても多少の費用はかかります。車は高価なものであるため、出費があるのは避けられません。しかし車は欲しいものの、できればお金をかけたくないと考える人も多いでしょう。 車を少しでも安く手に入れたいのであれば、誰かにもらうという選択肢があります。車は使わなくなれば廃車にされ、これをもらうことができれば、お得に車が手に入ります。しかし廃車についての決まりはさまざまありますので、もらえる場合とそうでない場合の違いを正しく把握しておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車は廃棄物として処分される

そもそも廃車がどのように処分されているのかですが、廃車された車は廃棄物という扱いになります。廃棄物として処分されますが、これにはさまざまな取り決めがあり、法律上の規定も数多く存在します。

解体業者の廃棄義務

廃車にする車は解体業者に引き渡すことが多いですが、解体業者には廃棄義務が課せられています。これは自動車リサイクル法という法律によって定められたものであり、国から認可を受けた解体業者は、法律に従って適切な方法で廃車を解体、処分をおこないます。

廃車手続前の購入は可能

廃車はボロボロの状態の車を指した言葉ではなく、名義の抹消登録の手続きを指した言葉です。抹消登録の手続きをしていない車=廃車されていない状態にあり、手続き前の車であれば購入は可能です。

廃車は資源として売買される

廃車は資源として売買されていますので、解体業者と交渉すれば購入することは可能です。廃車として引き取られた車は、順次手続きをして処分に回されますので、事前に希望する車があれば連絡をしてもらえるよう相談しておくとよいでしょう。 解体業者としても、以前の車の所有者から車を有償で引き取っていることが多いため、いかに廃車前でも無料で手に入れるのは難しいです。

使用済み車を購入するリスク

廃車前の使用済みの車であれば、相場よりは安く購入できる可能性が高いですが、当然安全面などのリスクがあることは頭に入れておきましょう。廃車といっても車によって状態は違い、中には事故車や劣化の激しい古い車もあります。状態のよい車が廃車に出されることもありますが、必ずしも質のよい車が手に入るとは限りません。

廃車を処分するには許可が必要

故障車

廃車をもらいたいのであれば、解体業者と交渉するのが一番です。これはそもそも廃車を処分するには許可が必要であり、その許可を持っているのが解体業者だからです。処分前の廃車はすべて解体業者に集められ、そこで解体し、リサイクルされます。 解体業者以外は廃車であっても処分することはできませんので、廃車をもらうのであれば、きちんと国から認可を受けた信用のある解体業者を選びましょう。

廃車引取りには引取業者の登録が必要

廃車引取りには引取業者の登録が必要であり、これも自動車リサイクル法によってきめられています。もちろん、個人間の移転であれば、登録なしでおこなうことはできますが、事業者として引き取るのであれば登録は必須です。 登録の有無は、信用度をチェックする際には注目すべき点ですので、事前に登録業者か確認しておきましょう。

廃車から部品などを取り外すには登録が必要

廃車は引き取りだけではなく、解体など部品の取り外しにも登録が必要です。登録なしに車の解体をおこなうのは違法になるので注意しなければなりません。また個人で部品の取り外しなどをおこなう際にも、場合によっては違法となってしまうケースがあるので注意しましょう。

廃車をもぎ取り用の車として持つことはできない

廃車は車としてだけではなく、パーツとしての価値もありますが、廃車であっても部品のもぎ取りをおこなうには登録が必要です。部品の取り外しには解体業者の登録が必要であり、所有権が自分にあったとしても、登録なしでの部品の取り外しは違法になるので注意しましょう。 また個人で取り外しをおこなう場合でも、登録解体業者の管理のもとでのもぎ取りであれば、合法とされています。

付属品の取り外しは解体ではない

部品の取り外し、もぎ取りが違法になるのはあくまで解体に該当する場合です。オーディオパーツやカーナビなど、オプションとして付けたものを外す場合は、解体には該当しないため登録も必要ありません。付属品の取り外しであれば、個人でおこなっても違法にはなりませんので、解体とは違うということを理解しておきましょう。

一時抹消登録された車の譲渡

廃車といっても、すべての場合で解体するわけではなく、手続きの方法によっては車体をそのまま残すこともできます。廃車方法は大きく2つであり、永久抹消登録と一時抹消登録に分けられます。一時抹消登録の場合は、名義を一時的に消去するだけで解体の必要はありません。 そのため、廃車にする車を譲渡することは可能です。一時抹消登録した車の譲渡には、さまざまなポイントがありますので、それらを把握してスムーズに廃車をもらいましょう。

一時抹消登録された車の所有権移転

一時抹消登録した車を譲渡する際には、車の所有権移転をおこないます。一時抹消登録をすれば名義は消去されますが、この状態でも所有権を移転させることは可能です。移転手続きは運輸支局などでおこない、一時抹消登録証明書と譲渡証明書を揃えて窓口に提出します。 所有権移転が済めば車の所有者自体は変わりますが、車に名義が登録されているわけではありませんので、公道を走るのは違法となるので注意しましょう。鑑賞用として保有したり、私有地など公道以外でなら運転は可能です。また自身の名義を登録すれば、公道も走れるようになります。

一時抹消登録と同時に所有権移転

所有権移転は、一時抹消登録と同時におこなうこともできますので、あらかじめ譲渡が決まっているのであれば、一緒に済ませたほうがスムーズでしょう。車の名義を変更し、同時に廃車する制度がありますので、これを利用すれば所有権の移転も廃車も素早く完了します。

廃車はリサイクルのための仕組み

廃車登録をおこなう理由はさまざまありますが、基本的にはリサイクルが目的と考えましょう。廃車の取り扱いは法律で定められており、国から認可を受けた解体業者が、法律上の規定に従ってリサイクルをおこないます。 そのため廃車された車は無駄にはならず、資源としてリサイクルされ、使えるパーツなどはそのまま再利用されています。リサイクルを目的としているため、廃車をもらうのは難しいです。しかし手続きさえきちんとおこなえば、廃車をもらうことは可能ですので、手順を把握してお得に車をゲットしましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト