中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車は宝の山?部品取りの実態。取り外しの方法や注意点など

更新日:

使わなくなった車や故障して動かない車は、廃車にして処分することも多いでしょう。しかし、廃車になったからといって、無価値なわけではなく、部品取りをすれば新たな価値が生まれることも多いです。廃車といっても、すべての部品が壊れているわけではありません。 まだまだ使えるパーツもたくさんありますので、部品取りではどのようなことをするのかを知り、廃車された車のその後を知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

部品取りの仕組み

廃車になった車は、そのまま処分されるのではなく、部品取りをしてから処分されます。これは車には、さまざまな価値が残されているからであり、車として機能しない場合でも、分解してパーツごとに見ればまだまだ使えるものも多いからです。 部品取りはいわば廃車のリサイクルであり、余すことなく再利用することで、環境への配慮を考えるものでもあります。部品取りとはどのような仕組みでおこなわれるのかを知り、廃車後の車がどのように扱われるのかを知っておきましょう。

廃車となった車から使えるパーツを取り外す

部品取りとは、言葉の通り車からパーツを取り外すことです。基本的に対象となるのは廃車となった車であり、使えるパーツを取り外して再利用します。廃車はあくまで名義の登録に関する書類上の手続きのため、同じ廃車でも車によって状態はさまざまです。 新品同然の状態で廃車されるものもあれば、事故車や故障車など、ボロボロの状態で廃車されることもあります。新品同然なら、当然ほとんどのパーツが使えますが、事故車や故障車であっても、使える部品が残っていることは多いです。 自走できないとしても、すべてのパーツが壊れているケースはまれであり、分解すれば少なからず使える部品は残っています。部品取りは車の状態に関係なくおこなわれ、どんな車でも無駄なくパーツの再利用を図ります。

廃車の勝手な部品取りはNG

廃車=処分を待つだけの車というわけではなく、立派な資源です。そのため、廃車であっても勝手に持ち出したり、分解したりといった行為は禁止されており、勝手に部品取りをおこなえば法律違反となります。これは自動車リサイクル法で決められていることであり、認可を受けたリサイクル工場以外では、車の解体や部品取りなどは禁止されています。 そのため、解体業者を名乗っていても、認可を受けた工場を持っていなければ、部品取りは違法であると覚えておきましょう。また解体業者などに引き渡した時点で、車の所有権は業者にあります。業者の持ち物を勝手にいじるのは、器物損壊などに該当する恐れもあるので注意しましょう。

廃車から取り外された部品の行く末

廃車から取り外された部品は、状態に応じて行く末は異なります。比較的綺麗な状態であり、まだ使える場合はリユース、リビルド品として再利用されることが多いです。この場合、そのまま使用するのではなく、業者で洗浄や簡単な整備などをおこない、品質を確かめた上での再利用となります。 もちろん中古品ですので、新品よりは信用度は落ちますが、基本的にはある程度の品質確認がされたものと考えて問題はないでしょう。またそのまま使えない部品については、プレスや溶解などによって素材としてリサイクルされます。 車は大部分が鉄と樹脂でできているため、資源としての価値は高いです。部品として使えない場合でも、素材としてリサイクルされるため、廃車しても無駄になることはなく、ほとんどの部品が何らかの形で再利用されます。

廃車から部品を取り外したいなら

廃車であっても使える部品は多く、部品取りをすればさまざまな価値が生まれます。そのため、廃車から部品を取り外したいと考える人もいるでしょうが、この際にはさまざまな注意点があります。廃車の部品取りについては、法律で定められていることも多いため、正しい方法でおこなわなければ違法になる可能性が高いです。 また部品の取り外しでも、パーツによっては問題なくおこなえることもあります。廃車の部品取りには細かい取り決めがありますので、それらを把握して正しい方法でおこないましょう。

部品取りは廃車専門買取業者へ

廃車の部品取りをしてもらいたいのであれば、廃車専門買取業者へ売却しましょう。廃車は買取業者に引き取られ、そのあと部品取り専門の解体業者に渡されます。最初から解体業者に引き渡すという手もありますが、この場合解体費用を請求されることもあるので注意が必要です。 廃車専門買取業者であれば、車の状態に関係なく買い取ってもらうことができ、かつ部品取りにも回してもらえます。

買取業者の選び方

部品を取り外したい場合は、業者の選び方にも注意が必要で、基本的には解体をおこなってくれる業者を選ぶことが大切です。買取業者によっては、転売だけを目的としており、廃車の解体まではやっていないこともあります。 解体できない業者では部品の取り外しができず、できたとしても費用がかかることが多いです。解体が可能な業者なら、余計な費用をかけずに部品の取り外しをしてもらいやすく、車自体もお得に買い取ってもらいやすいでしょう。

個人で部品を取り外したいと思ったら

個人での部品の取り外しは自動車リサイクル法で禁止されており、車の持ち主であっても部品取りは禁止されています。部品取りは解体に該当するため、認可を受けた工場でしかおこなうことはできません。所有権の有無に関係なく、車の解体は禁止されていますので、部品の取り外しをしたいなら、認可を受けている解体業者を選びましょう。

パーツによっては個人で部品取りできる

基本的には部品取りは認可を受けた業者でなければできませんが、パーツによっては個人でおこなっても問題ないケースもあります。個人による部品取りが禁止されているのは、あくまで解体に該当する部分です。付属品の取り外しなどは解体には該当しませんので、個人でおこなっても違法にはなりません。 カーナビやエアロパーツなど、後から取り付けたオプションの取り外しは解体には該当しませんので、取り外しの技術さえあれば、個人でおこなっても大丈夫です。

廃車になったバイクの部品取り

廃車の部品取りが可能なのは車に限らず、バイクでもできます。バイクも車同様にさまざまなパーツで構成されており、資源としての価値も高いです。部品取りで買い取ってくれる業者も数多くありますので、廃車にする際も処分するのではなく、買取を検討してみましょう。

廃車買取業者と上手に付き合おう

廃車にも価値は残されているため、部品取りをすれば、再利用は可能です。解体に該当する部品取りは認可を受けた業者しかできません。個人でおこなえる部分は限られていますので、細部まで余すことなく部品取りをしてもらいたいなら、廃車買取業者と上手に付き合い、愛車を綺麗にリサイクルしましょう。

なお、カーネクストの場合はパーツ単位で再販&査定額をあげる事に関しては、他社よりも自身がございますので、パーツの価値を無駄にしたくない場合は一度カーネクストでの査定額をご確認ください。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト