中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

ローンが残っている事故車を廃車する際のルールやポイント

更新日:

事故などで車が損傷してしまった場合、修理が難しければ廃車にしなければならないことも多いです。廃車にする際には、ローンの有無が重要です。ローンが残っている場合、廃車する際には、さまざまな手続きが必要になることも多いため、廃車におけるルールを知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車の手続きはその車の所有者のみが行えるもの

廃車手続きは所有権者のみがおこなうことができ、他の人が勝手におこなうことはできません。所有権とは、名義を持っているかどうかであり、名義のない他人の車を廃車にするのは、たとえ家族のものであっても違法になるので注意が必要です。 もちろん、委任状があれば、所有権者以外でも廃車はできます。名義者以外が廃車手続きをおこなうには、委任状が必須であり、これがない場合は所有者本人しかできないことは理解しておきましょう。

ローンが残っている場合は所有権を確認する

事故によって車が大破し、廃車しなければならない場合、まずは所有権を確認しましょう。所有権の有無によって廃車の進め方は違っており、必要な手続きなども異なります。所有権の所在を明確にしてから、廃車手続きを進めることが大切です。

車検証に記載されている

誰に所有権あるかについては、車検証に記載されていますので、これを確認しておきましょう。車検証の「所有者の氏名又は名称」の欄に記載されている名前が所有権者ですので、これが自分になっているか確認することが大切です。 車を購入すれば、自分が所有権者となっていると思う人が多いですが、購入方法によって所有権者は異なるので、必ず確認しておかなければなりません。

銀行のローンは自分が所有者になっている

車を購入する際には、銀行のローンを利用することもあり、この場合は自分が所有者になっています。銀行のローンでは銀行ではなく、自分が所有者になっていますので、廃車手続きも問題なくおこなえます。また、廃車だけに限らず、売却などの手続きも可能であり、所有権が自分にあれば、車を自由に扱うことが可能です。

その他のローンは自分以外が所有者の場合が多い

ディーラーなど、販売店のローンを利用した場合は、自分以外が所有者になっていることが多いです。ローンの種類によって、ローン会社やディーラーなど、所有者は異なりますが、ポイントは所有権が自分にあるかどうかです。 所有権が自分にない場合は、長く車を使用していたとしても、廃車などの手続きはおこなえないので注意しなければなりません。

所有者が自分の場合は直ぐに廃車手続きが可能

所有権が自分にある場合は、事故などで大破した場合、すぐに廃車することが大切です。事故で車が使えなくなったとしても、名義が残っていれば税金などは発生し、維持費がかかってしまいます。また、廃車時には税金や保険料などの還付が受けられますが、これは廃車の時期によって金額が変動します。 廃車が遅くなれば、その分還付金額も少なくなってしまうため、早めに手続きを完了させなければなりません。所有者が自分ならすぐに手続きを進められますので、素早く廃車をおこないましょう。

所有者がローン会社などの自分以外の場合

車の所有者が自分ではない場合は、廃車手続きをおこなう際には注意が必要です。事故で車が使えないとしても、所有者が自分でない以上、勝手に廃車することはできません。ローン会社などが所有者の場合は、勝手に廃車してしまうと違法になるので注意しましょう。所有権が自分にない車を廃車するためには、別途さまざまな手続きが必要です。

残りのローンを一括返済する

ローンを組んでいる場合、完済したタイミングで所有権は自分に移ります。そのため、残りのローンを一括で返済すれば、自分が所有者になりますので、廃車手続きも自分でおこなえます。一括での返済は難しいことも多いですが、残債額が少なければ一括で支払って素早く廃車したほうがよいことも多いです。 廃車しなければ税金や保険料などの費用がかかりますし、還付される金額も少なくなります。ローンを返済して早期に廃車したほうがお得になるケースも多いため、支払えるなら一括で返済しましょう。

一括返済が難しい場合は所有権の解除申請が必要

ローンを一括で返済するのが難しい場合は、所有権の解除申請をおこないましょう。所有権を解除してもらえば、所有権が自分に移りますので、ローンが残っていても廃車ができます。ローン会社など、所有者に対して廃車にしたいこと、その理由などを説明して、相談しましょう。 所有権の解除は、申し出たからといって必ずしも認められるわけではありませんので、しっかり交渉することが大切です。ローンの返済プランなど、細かく説明した上で交渉して、所有権を解除してもらいましょう。

いずれの場合もローンの支払い義務は残る

所有権の有無に関係なく、適切な手続きをおこなえばローンが残っていても廃車は可能です。しかし、廃車したからといってローンまでなくなるわけではなく、支払い義務は残るので注意しなければなりません。廃車はあくまで車の名義を抹消するための手続きであり、ローンとは全く別物です。 廃車して使用できる車がなくなったとしても、ローンの支払い義務は残っており、返済が滞ると金利などで支払い総額は増えてしまいます。支払い義務が残っている以上、きちんと返済することが大切であり、廃車後も素早く返済することを考えましょう。

ローンがある事故車の廃車に詳しくなろう

事故車を廃車する際には、素早く手続きをすることが大切ですが、ローンが残っている場合は注意が必要です。ローンが残っている場合は、所有者が自分ではないこともあり、所有権がなければ勝手に廃車はできません。 ローンがある事故車の廃車について正しい知識を身につけ、ルールを守って正しい方法で手続きをおこないましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-,

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト