中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

不動車のレッカー移動にかかる費用相場│安く抑えるコツとは

更新日:

不動車を移動させるには、レッカーを利用することが多いですが、これにはお金がかかります。同じレッカーでも、利用方法によってかかる費用は異なり、安く抑えることも可能です。レッカーにかかる費用を把握して、不動車をお得に移動させましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

不動車をレッカーする時に必要な費用と目安

レッカーを利用する際には費用が必要ですが、利用の状況によっていくらかかるかは異なります。同じ不動車でも安く済む場合もあれば、高くつくこともあるので注意しましょう。基本的には利用先、移動距離、時間帯などによって費用が異なります。 また、特殊な機械や車両などを必要とする場合は、さらに費用は高くつくと考えましょう。状況によって費用はさまざまですが、それぞれの場合での目安を把握しておくことが大切です。

レッカーサービスの基本料金

レッカーサービスの基本料金は業者によって違いますが、事故などで完全に不動車となってしまった場合は、10,000~15,000円程度かかると考えましょう。また、故障車の場合は少し安く、8,000~10,000万円程度で済むことが多いです。 不動車の場合は、完全に動かなくなっているため、レッカーに積むだけでも手間がかかってしまいます。対して、故障車は積み込む程度なら自走可能な場合や走行系に異常がない場合もあり、レッカー作業も簡便で済むことも多いので、不動車に比べて費用は安くなります。ただし、いずれも車の状態によって作業量が変わってくるため、作業量が多い場合はコストも高くなると考えましょう。

走行距離の片道に応じた料金

レッカーは走行距離によって料金が決められており、基本的には10キロ単位で区切られていることが多いです。10キロで5,000円程度、20キロで10,000円程度となっていることが多く、最寄りの整備工場、あるいは自宅まで運んでもらう場合は、20キロ以上を走行することがほとんどでしょう。 近場で済めば費用は安くなりますが、基本的には10キロは超えることが多いため、10,000万円前後かかると考えておくのが無難です。また、走行距離は片道で計算されますので、引き取りまでの距離は料金に含まれません。引き取り先から移動先までの距離で、料金は計算されます。

不動車の引き上げ料金

不動車でも引き上げが必要な場合は別途料金がかかり、1時間の作業で2,000円程度かかります。通常のクレーン車であれば2,000円程度で済みますが、特殊クレーンによる引き上げが必要な場合は、12,000程度と高額になってしまうので注意が必要です。 車両が大型である、特殊なパーツを取り付けている、あるいは川や海などに水没してしまったなどは、特殊なクレーン車を使用することがあります。特殊クレーンを使うのは、限定された状況ですので、基本的に引き上げ作業は通常のクレーン車による引き上げと考えて問題ないでしょう。

時間帯や場所による割増料金

レッカーの料金は場所や時間帯によっても変わり、20時以降の夜間および深夜であれば、深夜割増が課され通常より高くつきます。また、通常の道路ではなく、高速道路などの場合も高くつきますので注意が必要です。場所によって別途料金が上乗せさせる場合は、日中であっても余分にお金がかかることは理解しておきましょう。 夜間対応による深夜料金と場所による料金のプラスがあれば、通常より50%近く高くなることもあるので注意が必要です。

不動車のレッカー費用を抑えるコツ

不動車を移動させる際にレッカーを利用すれば費用がかかりますし、時間帯や場所、距離によってはさらにコストは高くなってしまいます。不動車を移動させなければならないシーンはたくさんありますので、レッカーを利用するのは仕方ないことも多いですが、費用については工夫次第で抑えることが可能です。費用を抑えるコツを知って、お得に不動車を移動させましょう。

仮ナンバーを取得する

不動車といっても、必ずしも故障しているとは限らず、車検が切れているだけで、機能としては問題なく走れる場合もあります。車検切れの場合は、仮ナンバーを取得すれば、レッカーを利用しなくても数日間に限定して公道を走ることは可能です。 役所に申請すれば仮ナンバーは取得でき、市町村ごとに定められた有効期間内であれば申請した道を走ることができるので、その期間中に車検を更新してしまえば、レッカーを呼ぶ必要はありません。

任意保険の付帯サービスを利用する

任意保険にはレッカーのサービスもオプションで用意されており、それに加入すればお得にレッカーを利用できます。任意保険の付帯サービスを利用すれば、不動車であっても指定工場まで無料で運んでくれますので、余計な費用をかけずに移動できます。 任意保険にすでに加入しているのであれば、ロードサービスのオプションもつけられないか、相談してみるとよいでしょう。

ロードサービス業者の会員になる

ロードサービス業者の有料会員になれば、無料でレッカー移動のサービスを利用できます。また、レッカーだけではなく、タイヤやバッテリーの交換、道路での燃料切れなど、さまざまなトラブルにも無料で対応してくれますので、メリットは大きいです。 レッカーの利用はもちろん、それ以外にも利用できるサービスはさまざまありますので、幅広くトラブルに対応したいなら、ロードサービスの会員になるのがおすすめです。

不動車専門の買取業者に依頼する

不要な不動車であれば、買取業者に依頼して引き取ってもらうのもおすすめです。廃車や事故車などを専門に扱う買取業者であれば、不動車でも無料で引き取ってもらえることが多いです。もちろん、業者によってサービス内容は異なりますので、レッカー無料としている業者を選ばなければなりません。廃車にして処分する、売却する場合は、買取業者に引き取ってもらえば、よりお得に不動車を処分できます。

不動車の状況に合わせてレッカー業者を選ぼう

不動車を移動させるには、レッカーを利用することが多いですが、状況に応じてかかる費用は異なります。依頼するレッカー業者や利用方法によっても費用などは異なりますので、状況に合わせて上手に使い、不動車をお得に移動させましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト