中古車売却 中古車買取 コラム

購入

低年式の不人気中古車を購入するメリット。ポイントや注意点

更新日:

「低年式」「不人気車」の2つの特徴を持つ車は、中古車市場では敬遠される傾向にあります。しかし、一見マイナスのポイントしかない中古車でも、上手に選ぶことで大きなメリットが得られる場合も多いです。低年式不人気車でも、選び方次第でお得に購入できるため、上手な選び方を知り、購入に役立ててください。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

低年式の不人気中古車を選ぶメリット

中古車を購入する場合、「高性能」「人気モデル」を条件に選びたいと考える人は多いでしょう。これらの要件を満たすためには、「最新モデル」「高年式」「低走行」などの特徴が必要であり、「低年式」「不人気車」は真逆をいくと言えます。 しかし、トレンドの反対をいくからこそメリットが大きいことも事実です。低年式不人気車だからこそのメリットを知り、あえて選ぶべき理由を知りましょう。

格安で購入できる

低年式不人気車を購入する最大のメリットは、格安で購入できる点にあります。中古車市場では「車の需要」「車の状態」が価格を決める重要なポイントです。需要が高い=人気がある車ほど高値で取引されるため、不人気車は大幅に値下げされていることも少なくありません。 加えて低年式で状態が悪いと判断されるものなら、さらなる値下げがされており、新車価格の半分以下になっているケースもあります。低年式不人気車は販売店でも在庫処分品で出していることが多いため、中古車の中でも特に安く購入しやすいです。

性能が良い

不人気車だからといって、車の性能が悪いとは限らず、モデルによっては最新の人気車種並み、あるいはそれ以上に高性能なものもあります。また、低年式で劣化が進んでいる場合でも、日本の車は品質がよいため、気にならない場合も多いです。 低年式不人気車を選べば、高性能な車を格安で購入できる可能性が高いです。人気よりも機能性で車を選びたい人にとっては、低年式不人気車はまさにおすすめでしょう。

個性的で人とかぶらない

不人気車はそもそも流通量が少ないため、街中でも他の人と車がかぶることがほとんどありません。唯一無二の車で個性を発揮しやすいことも、不人気車を選ぶメリットであり、低年式の古い車なら、さらに他人とかぶる可能性は低いでしょう。 人気モデルの場合は、信号待ちで数台同じ車が連なるということも少なくありませんが、不人気車ならそのような心配はなく、オリジナリティを発揮しやすいです。

低年式の不人気中古車を選ぶ時のポイント

低年式の不人気車を選ぶ際には、ポイントが2つあります。中古車の場合、車の状態が問題になることが多いですが、購入時に吟味して選ぶことで、リスクは回避できます。「低年式」「不人気車」はどちらもマイナスの要素であるため、余計なリスクを避けるためにも、購入時には特に選び方にこだわることが大切です。

ワンオーナーである

中古車は前オーナーの使用状況によって、品質が大きく違ってくるため、状態が確認しやすいワンオーナーの車がおすすめです。ワンオーナーなら整備の記録を確認しやすく、どの程度メンテナンスがおこなわれているか、確認しやすいです。 また、ワンオーナーで低年式ということは、長く乗るためのメンテナンスをしている可能性が高いため、状態もよいものが多い傾向にあります。すべての場合で高品質とは限らないため、車ごとに状態の確認は必須ですが、消耗具合を確認しやすいワンオーナーの車なら、安心度は高いです。

長期保証がある

中古車を購入する場合でも、販売店によっては長期保証をつけることが可能です。保証の有無や内容は販売店ごとに異なるため、1年以上の長期保証がつけられるかを、購入時の判断材料にするのがおすすめです。車は使用していなくても経年によって少しずつ劣化するため、低年式の車は他の車よりも故障のリスクが高いです。 故障のリスクが高い車に、長期保証がつけられない=整備が不十分で本当に故障の可能性が高いと言えます。反対に低年式でも長期保証をつけられれば、品質に自信があると言えるため、保証の有無は購入時の重要なポイントです。

低年式の不人気中古車を購入する時の注意点

低年式の不人気車の購入には複数のメリットがありますが、同時にデメリットも存在します。中古車はリスクを抱えた存在であり、低年式不人気車とさらに2つのマイナス要素が追加されるため、購入時はさらに注意が必要です。注意点を正しく把握し、購入時に参考にしてください。

修復歴の有無をチェックする

修復歴の有無は、必ずチェックが必要であり、どれだけ安い場合でも、修復歴ありの車は避けたほうが無難です。修復歴は車の骨格部分を損傷し、修理した場合につくものであり、どれだけきれいに修理しても、性能面でトラブルを抱えている可能性が高いです。 常に故障する危険性を秘めた車とも言え、場合によっては購入してすぐに故障する可能性もあります。修復歴車は中古車でも避けるべき存在のひとつであるため、修復歴は必ずチェックし、間違えて購入しないことが大切です。

走行距離に注意

車の品質を見る上では、「年式」「走行距離」の2つが重要です。低年式の場合、年式は当然古くなりますが、経過年数に対して走行距離が長すぎる場合は、故障の危険性が高いため注意が必要です。走行距離は年式×1万kmが目安であるため、これを超える場合は過走行車となり、品質はよくありません。 また、年数に対して走行距離が短すぎる場合も、メンテナンスがおこなわれず、放置されていた可能性が高いです。年式×1万kmを目安にして、極端な距離になっているものは避けたほうが無難です。

乗り心地を確かめる

気に入った車を見つければ、試乗して乗り心地を確かめることが大切です。低年式の車は経年による劣化で、「操作性が落ちている」「クッション性が悪い」など、乗り心地に直結する不具合が見つかる場合もあります。 また、不人気車も車によっては、走行性能の悪さが不人気の理由になっているものもあるため、注意が必要です。乗り心地は必ずチェックし、納得してから購入してください。

自分に合った個性的な車を見つけよう

「低年式」「不人気車」と2つのマイナス要素が揃うと、購入を敬遠してしまう人も多いでしょうが、低年式不人気車だからこその魅力もあります。個性的な車を見つけやすいことも、低年式不人気車の魅力であるため、自分に合った個性的な車を見つけ、カーライフを存分に楽しんでください。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト