中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

ローンが残っている車を廃車にする方法。できない場合の対処法など

更新日:

ローンが残っていると廃車にできないと考える人が多いですが、実は必ずしもそうとは限りません。ローンが残っていても廃車できる場合はあるため、どのような場合が該当するのか知っておくことが大切です。ローン残債がある車の廃車の知識を深めて、愛車を上手に処分してください。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

ローンが残っている車の廃車手続きの流れ

ローンが残っていても場合によっては廃車が可能なため、まずは全体の流れを知り、廃車手続きを進めることが大切です。廃車手続きをおこなうためには、「廃車方法の確認」と「必要書類の準備」が必要ですが、ローンが残っている場合は、他にもすべきことが追加されます。 ローンの有無で廃車の方法は異なるため、ローンが残っている場合ならではの手続きの流れを知っておきましょう。

車検証の所有者を確認する

ローンが残っている車を廃車する際には、まずは車検証を確認して、車の所有者が誰になっているか確認しなければなりません。ローンを組んでいる場合、所有者が自分ではなく、ディーラーやローン会社になっていることがあります。 所有者が自分以外になっている場合、所有者の許可なく勝手に廃車はできないため、まずは許可を得なければなりません。所有者が自分になっている場合は、許可を取る必要はなく、自分の意思で廃車が可能です。

ローンの返済方法を決める

ローンが残っている場合は、返済方法を決めておく必要があります。ローンの返済方法は「廃車前に完済する」「廃車後に少しずつ払う」の2つに分けられます。どちらの場合でもローンはすべて支払わなければならず、廃車にしても返済義務が消滅するわけではありません。 ローンを完済することで、車の所有者が自分になるため、廃車の許可を得るのが面倒な場合は、先に一括でローンを完済するのもひとつの手です。

廃車にする方法を選ぶ

廃車する方法は、大きく「自分でおこなう」「業者に代行依頼する」の2つに分けられます。自分で廃車する場合は、必要書類もすべて自分で集め、解体から廃車登録の手続きまですべておこなわなければならず、手間がかかります。 業者に依頼した場合は、書類と車を引き渡すだけで終わるため、手間はほとんどかかりません。ただし、代行手数料を取られることが多いため、廃車買取に出して費用を相殺するのがおすすめです。

車を廃車するときにまず考えたいのが買取ですが、廃車買取業者はどのように選べばいいのかと悩んでしまう人は多いです。廃車買取の業者はたくさんありますが、どの業者を利用するかで買取時の値段などは大きく違ってきます。そんなお悩みの方は必見!
→【廃車買取業者のかしこい選び方】業者によって買取価格は違う

ローンが未払いな車を廃車にできないパターン

ローンが残っている車でも、廃車にできる場合はありますが、これは特殊なケースです。ローンが残っている場合は、勝手に廃車できないケースが多いため、独断で廃車手続きを進めてしまわないよう注意しなければなりません。 ローンが残っていて廃車できないパターンは大きく2つに分けられます。それぞれのパターンを頭に入れ、該当する部分はないか確認しておきましょう。

車の所有者が自分以外

車の所有者が自分以外の場合は勝手に廃車はできず、ローンが残っていて廃車できないパターンはこれがもっとも多いです。ローンを組むと、所有者は「ディーラー」「ローン会社(クレジット会社)」のいずれかになることが多く、この状態で勝手に廃車にすると違法行為にあたります。 銀行ローンの場合は、所有者が自分になっていることがほとんどのため、ローンが残っていても廃車は可能です。銀行以外でローンを組んでいる場合は、所有者が自分以外になっている可能性が高いため、必ず車検証の所有者の欄を確認し、所有権の所在を明らかにしておきましょう。

自動車税を2年以上滞納している

車の所有者が自分であっても、自動車税を2年以上滞納していると廃車できない可能性は高いです。長期間にわたって自動車税を滞納している場合、「嘱託保存」という扱いになります。嘱託保存の措置が取られることで、廃車手続きが制限されるため、まずは滞納分支払わなければなりません。 滞納分をすべて納めた場合、所有者が自分ならすぐに廃車手続きをおこなえます。また、1年程度なら税金を滞納していても廃車できる場合がありますが、廃車に伴う還付金は税金の支払いに充てられます。また、廃車しても税金の支払い義務は残るため、車を手放した後も、きちんと税金は納めなければなりません。

ローンが残っている車を廃車にできないときの対処法

ローンが残っている場合、ローンを完済して所有者を自分に戻してから廃車するというのが、一般的な廃車の方法です。しかし、残債分を一括で返済するのが難しい場合も多く、廃車手続きが進められず困っている人も多いでしょう。実はローンを完済する以外にも、ローンが残った車を廃車にする方法はあります。

所有権の解除を交渉する

ローンが残っていて廃車にできないのは、車の所有権が自分以外にあるからであり、この制限を取り払うには、所有権解除が必要です。所有権解除は、現在の所有者と交渉し、相手が了承することでおこなえます。所有権を解除してもらうことで、ローンが残っていても、すぐに廃車手続きが可能です。ただし、ローンの支払い義務は残り続けるため、廃車後も残債分はすべて支払わなければなりません。

ローンを組みかえる

ローン残債の一括返済が難しい場合は、ローンの組みかえを提案し、所有権解除をおこなってもらう方法もあります。これは次に購入する車のローンと、残っているローンを合算する方法です。次回購入分の車のローンに、前回分の残りの支払いを上乗せするため、ローンは継続して支払うことになります。 支払い総額は増えるものの、新しい車への乗り換えが可能なため、支払い能力さえきちんと提示できれば、組みかえによる所有権解除は可能です。

自動車税事務所に相談する

所有権解除に応じてもらえず、使用しない車の自動車税がかかってもったいない場合は、自動車税事務所に相談してみましょう。廃車手続きができない場合でも、事前に解体し、解体証明書を提出することによって、自動車税の支払い義務を停止できる可能性があります。 自動車税だけでも先にストップさせておけば、ローン支払いも軽減できるため、完済もしやすくなります。ただし、必ずしも納税義務が免除されるとは限らず、すでに滞納がある場合は、それは必ず支払わなければなりません。

車のローンは計画的に返済しよう

ローンが残っている車でも、方法次第で廃車は可能ですが、もっともスムーズなのはローンを完済し、所有権を自分に移すことです。ローンを組む際には廃車のことまで考え、計画的に返済プランを立てて、スムーズに廃車手続きを完了させてください。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト