中古車売却 中古車買取 コラム

事故

レンタカーで事故を起こした時の対処法。責任や負担など

更新日:

レンタカーを利用している際に、事故を起こしてしまうと対応に困ることも多いでしょう。レンタカーの事故の場合、自分持ちの車とは対処法などが異なります。安心してレンタカーを利用するためにも、事故を起こせばどう対処すればよいか知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

レンタカーで事故を起こしてしまった時の対応

レンタカーで事故を起こしてしまった場合、パニックになってしまうことも多いでしょうが、事故は起こした瞬間から素早く対処しなければなりません。事故直後から事故対応は始まっており、いかに上手に対処できるかによって、その後の処理のスムーズさも違ってきます。事故後にすべき対応を知り、レンタカーでの事故にも上手に対処しましょう。

まずは負傷者の救護をする

事故が発生した際に、最優先しなければならないが負傷者の救護です。お互いの被害状況を確認して、けががないかを確認します。けが人がいれば素早く救護をおこない、必要であれば救急車を呼びましょう。けが人の救護が終われば、周囲の安全を確保する必要がありますので、車を安全な場所に移動させます。 事故の際には現場保存が基本ですが、安全性が確保されない場合はその限りではありませんので、第二の事故を生まないためにも、安全を確保することが大切です。

必ず警察に通報する

事故が発生すれば警察に通報しなければならず、これは事故当事者の義務でもあります。事故の大小や被害の程度に関係なく、警察への報告は義務付けられており、これをしなければ事故の証明書を出してもらえない可能性があるので注意しましょう。 事故の証明書は、保険などを適用させる際に必須のものですので、発行してもらうためにも警察は絶対に呼んでおかなければなりません。

レンタカーの店舗に連絡する

事故を起こした場合は、レンタカーを借りた店舗にも連絡しておかなければなりません。店舗によって対応は異なりますが、連絡をしておかなければ後々の処理が面倒になることも多いので注意しましょう。被害の状況によっては、すぐに返却できないこともありますし、事故が起きたこと、被害の状況、返却が可能かなど、状態を細かく伝えておくことが大切です。

保険会社に連絡する

警察やレンタカーの店舗に連絡すれば、最後に任意保険で加入している保険会社に連絡します。自家用車の保険であっても、場合によってはレンタカーで適用できる可能性はありますので、適用の可否を確認しておきましょう。 保険を適用させるには、事故が起きてすぐに保険会社に詳しい状況を伝えておく必要があります。連絡が遅くなると、保険適用額が小さくなったり、場合によっては保険が使えない可能性もあるので注意しましょう。

レンタカーで事故を起こした際の責任と負担

事故を起こせば、過失割合に応じて負うべき負担や責任などは異なりますが、少しでも過失があれば、何らかの責任は負わなければなりません。レンタカーでの事故の場合は、通常の事故の場合とは負うべき負担や責任などが違ってくることも多いため、どんな賠償が必要になるか知っておきましょう。

交通事故で負う可能性のある3つの責任

ひとくちに交通事故といっても、状況はさまざまであり、どんな事故なのかによって負うべき責任は異なります。事故で負う責任としては、大きく3つに分けられ、まず相手がけがをする、あるいは死亡した場合の刑事責任。 事故に伴って交通違反があった場合は、違反点数が科せられます。これは行政上の責任です。さらに、けがをさせてしまった場合の治療費や損壊した器物に対しての修理費用の弁償などの、民事責任があります。事故の状況によって、どの責任が問われるかは異なりますが、場合によっては複合的に責任がのしかかることもあるので注意しましょう。

負担する可能性のある費用

保険を適用させれば、ある程度の費用については保険会社が代わりに補償してくれますが、保険には上限額があります。上限を超える分については、特約などに加入していない場合、すべて自己負担です。また、レンタカーで事故をおこした場合は、車両の修理費や修理で使えない間の営業補償などを支払わなければなりません。自分持ちの車よりも、レンタカーのほうが費用負担が大きくなる可能性が高いことは覚えておきましょう。

レンタカーを安心して利用するためにできること

レンタカーでも事故を起こす可能性は当然ありますし、実際に事故が起きればさまざまな責任や負担を負わなければなりません。レンタカーならではの費用負担などもありますので、事故のリスクを考えれば使うのが怖くなってしまいますが、より安心して使うための方法もあります。安心して使うにはどうすればよいかを知り、レンタカー利用時に役立てましょう。

レンタカー業者の説明をよく聞く

レンタカーを安心して使うためには、業者の説明をしっかり聞いておくことが大切です。レンタカーは基本料金に保険料が含まれていることがほとんどですので、保険の内容や適用範囲などを確認しておきましょう。また、業者ごとに加入している保険も違いますので、利用時には必ず聞いておかなければなりません。 案内にもしっかり目を通して、使用時における責任などをきちんと把握した上で利用を開始することが大切です。

レンタカー業者の免責補償制度に加入する

レンタカー業者では免責補償制度が用意されていることも多いため、より安心して使いたい場合は、これに加入しましょう。免責補償制度とは、レンタカーによる事故での自己負担分の免責額を免除するものです。保険によってカバーできない部分の負担を免除できますので、事故による負担を減らせます。 任意加入の制度ですので、加入には別途料金が必要ですが、より安心して使いたいなら加入しておいたほうがよいでしょう。

安心して運転を楽しめるようにしよう

レンタカーはさまざまな場所で使えて便利ですが、事故には注意しなければなりません。レンタカーでの事故では、自分持ちの車とは負うべき責任や負担などが異なる場合があります。事故の対応を正しく理解し、安全運転を心がけてレンタカーを安心して利用しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-事故
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト