中古車売却 中古車買取 コラム

購入

車をオークションで個人購入する場合のメリットやリスク

更新日:

車の売買は業者を通しておこなう方法が一般的ですが、個人でオークションを利用したいと考える人も多いでしょう。オークションであれば、より幅広い選択肢から売買の意思決定をおこなうことができ、中古車販売店などでは見つからない車が見つけられることもあります。 しかし、オークションを利用する際には、さまざまな注意点もあり、場合によっては損をしたり、トラブルに巻き込まれたりする可能性もあります。オークションの利用にはメリットがあるのも確かですが、反面デメリットもあるので注意しなければなりません。オークションでの個人売買について理解を深め、上手に利用しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

オークションで車を売買するメリット

オークションでの車の売買にはさまざまなメリットがあり、通常の方法で購入、売却するよりお得になることもあります。しかし、デメリットも存在しますので、両方を理解しておくことが大切です。オークションならではの特徴を把握して、オークションを利用するかどうかの判断基準にましょう。

オークションで車を買うメリット

オークションで車を買うメリットとしては、購入価格の安さが挙げられます。通常中古車販売店などで車を購入する場合は、さまざまな中間業者を通すことが多いため、各種手数料がかかり、価格が高くなってしまうことが多いです。 オークションの場合は、直接相手とやり取りをして、中間業者を飛ばして購入できるため、余計な費用がかかりません。同じモデルの車であれば、手数料などがかからない分、オークションのほうが安く購入できることが多いでしょう。

オークションで車を買うデメリット

オークションで車を購入することには、デメリットもあるのでそれも把握しておく必要があります。安いからといって、それだけで飛びついてしまうと、損をする可能性もあるため、注意を払って取引をおこないましょう。

購入後のキャンセルはできない

オークションは自由に売買できるというイメージを持つ人も多いでしょうが、実際には売買契約については厳しく規定されています。そのため、購入後のキャンセルは原則できず、キャンセルの場合は違約金が発生するので注意しましょう。 違約金はオークション会場ごと、個人との契約ごとに違っていますので、それぞれ確認した上で購入を検討することが大切です。

業者を通す場合、実車を見ることはできない

オークションは個人で売買をおこなうだけではなく、業者に依頼して取引を代行してもらうこともできます。業者に依頼すれば、スムーズに取引を進めやすいですが、実車を見られないというデメリットがあります。実車を見ずに、カタログやネットでの画像だけを見て判断しなければならないため、どんな車が欲しいか業者に明確なイメージを伝えておかなければなりません。

契約に関して発生しやすいトラブル

オークションでの売買は、契約に際してトラブルが発生しやすく、特に売買契約には注意が必要です。売買契約を結ぶ際には、契約の確定が必要であり、確定していないと他の人に契約を取られてしまう可能性もあります。 また、確定した時点で支払いの義務が生じますので、どの時点で債務発生となるかしっかり確認しておかなければなりません。

オークションで車を売るメリット

オークションで車を売る場合は、購入する場合と同じで中間業者を通さないため、高く売りやすいのが特徴です。オークション会場を利用する手数料などの支払いは必要ですが、それを差し引けば残った利益はすべて自分のものとなるため、より高値での売却が実現しやすいです。車の価値がダイレクトに利益になるため、少しでも高く売却したいなら、オークションがおすすめでしょう。

中古車オークションは業者のみ参加できる

中古車オークションに直接参加できるのは実は業者だけであり、参加するにはIDカードが必要です。IDカードの発行には古物商の免許が求められますし、入会金や会費なども必要となるため、参加のハードルは高いと言えるでしょう。 参加するにはデポジットとして100万円程度の支払いが必要であり、無理にオークションに参加するくらいなら、中古車業者などで売買したほうがお得です。中古車オークションの個人参入は非常にハードルが高いため、基本的には業者が利用するものと考えておきましょう。

個人でオークションの車を売買する方法

中古車オークションは業者の利用が基本ですが、これは業者でなければ参加できないというわけではありません。参加までのハードルの高さから、業者でなければ参加するのが難しいというだけで、個人での参加も可能ではあります。 また、オークションを利用するからといって、必ずしもオークションに入会しなければならないわけではありません。参加方法はさまざまありますので、個人での利用方法について理解を深めておきましょう。

オークション参加業者として定める条件をクリアする

オークションの参加にはさまざまな条件がありますが、これらはクリアさえできれば問題はありません。個人での参加はハードルが高いものの、条件がクリアできれば個人事業主であっても参加は可能です。個人での参加はほとんどメリットがありませんが、個人事業主であれば、参加するメリットは大きいと言えます。

代行業者に依頼する

オークションを利用したいのであれば、代行業者に依頼するのがもっとも簡単な方法です。オークション代行業者であれば、個人に代わってオークションで売買をしてくれますので、より簡単にオークションに参加できます。 代行業者の利用には手数料がかかりますが、それを差し引いても利益が出ることは多いです。業者に混ざって個人で取引をするよりも、代行業者に依頼し、プロに取引をしてもらったほうが、確実性は高いでしょう。

車をネットオークションで売買する場合のリスク

オークションにはさまざまな種類があり、中古車オークションに限らず、ネットオークションを利用する方法もあります。ネットオークションであれば、誰でも簡単に利用できますので、参加のハードルは低いでしょう。 しかし、ネットオークションでの売買にもさまざまなリスクはありますので、それらを把握した上で利用することが大切です。

ネットオークションで車を個人で買う場合のリスク

ネットオークションで車を買う場合は、相手は業者であってもお客様扱いはしてもらえませんので、必要な情報はすべて自分で調べて入手しなければなりません。オークションではさまざまな人が出品していますし、車の状態はもちろん、相手の信頼性なども確かめる必要があります。 現物が見えない分、リスクは高く、購入後のキャンセルなどもできないため、各種条件をしっかり確認した上で買うかどうか決定しなければなりません。信頼性に乏しいことも多く、相手をしっかり見極められるかが重要です。

ネットオークションで車を個人で売る場合のリスク

ネットオークションに個人で出品する場合、出品までの手続きはすべて自分でおこなわなければなりません。また、入札者が現れてからも、取引方法や引き渡しの手順、売買にかかる契約書の作成など、すべきことはたくさんあります。 車の引き渡しから名義の変更など、各種手続きを自分でおこなわなければならないため、ハードルは高く手間がかかることが多いです。

リスクを理解してオークションを利用する

オークションを利用しての売買は、利益がダイレクトに自分に返ってくるため、メリットは大きいです。しかし、利用に際してはさまざまなデメリットもあり、リスクも高いので注意しなければなりません。オークションは基本的にすべて自己責任で取引をしなければならないため、取引内容の確認や相手の信頼性の見極めなどが重要です。 メリットだけではなく、リスクも十分に理解し、細心の注意を払って取引をおこない、上手にオークションを利用しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト