中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

ディーラーに廃車を頼んだ場合の費用相場と安く抑えるコツ

更新日:

廃車は業者に頼んで代行してもらうのが便利で、手続きもスムーズです。廃車が依頼できる業者の種類は多く、その中のひとつとしてディーラーが挙げられます。ディーラーは車を購入するところとイメージする人も多いでしょうが、実は車に関するサービスを幅広くおこなっています。ディーラーならではの廃車の特徴を理解し、代行先の選択肢として考えてみましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車をディーラーに頼んだ場合の費用

業者に廃車を依頼した場合、代行手数料や廃車手続きにかかる各種費用がかかります。自分でおこなう場合でも、廃車には費用が必要ですが、業者に依頼するとなれば、さらに手間賃がかかることは覚えておきましょう。 業者によって費用がいくらかかるかは異なるため、コストを比較して利用先を選ぶことが大切です。ディーラーの場合、費用がどれくらいかかるのかを把握しておきましょう。費用相場は、廃車の方法によって異なります。

永久抹消登録の場合

車を解体して処分する永久抹消登録の場合、解体費用が約5万円程度必要です。事故車や自走できない車の場合は、レッカーでの引き取りが必要となり、運搬費がさらに1万円程度プラスされます。また、廃車手続きの代行手数料として1万円程度がプラスされ、最終的には約7万円程度費用が必要になると考えましょう。 永久抹消登録は、自分でおこなう場合は、解体費用とレッカー代のみで済みます。廃車登録の手数料は無料であるため、自分でおこなえば、少なくとも代行手数料の1万円程度は安くなるでしょう。

一時抹消登録の場合

一時抹消登録の場合、車の名義を抹消するだけですので、解体の必要はありません。永久抹消登録の場合は、全体で約7万円程度費用が必要ですが、解体と運搬がないことで5万円程度マイナスになり、約2万円程度で廃車をおこなえるでしょう。 また、自分で手続きをおこなえば、費用はさらに安くなります。自分で手続きをおこなう場合は、登録手数料の350円だけで廃車することができるため、永久抹消登録よりはかなり安上がりとなります。

ディーラーの廃車費用が高い理由

廃車はもともとそれほど費用がかかるものではありませんが、ディーラーに頼むと高くなりがちです。ディーラーに頼むと費用が高くなることには理由があり、利用を考えているならこれを知っておくことが大切です。なぜ他の方法に比べて費用が高くなりやすいのか、その背景を知っておきましょう。

自動車を廃棄物としてしか見ていない

車は鉄や樹脂が大量に使われており、廃車された車は分解してリサイクルされます。廃車買取専門業者や解体業者にとっては、廃車でも資源としての価値がありますが、ディーラーはリサイクル技術がないため、廃棄物としてしか見ていません。 リサイクルによって価値を生み出すことができず、車の処分にかかる費用を回収しなければなりませんので、費用は高くなってしまいます。

廃車で儲けを得ていない

そもそもディーラーは廃車で儲けを得ておらず、基本的には費用をかけて処分しているだけです。ディーラーの強みは新車の販売にあり、もっとも大きな利益率は車の販売です。対して廃車の処理の場合、リサイクルの技術を持たないため価値の創出ができず、人件費を損するだけで終わります。 その他の業者であれば、廃車の回収やリサイクルで儲けを出していることも多く、それらの業者に比べると、ビジネスモデル自体が違うため、費用がかかってしまいます。

中間マージンの発生

廃車する車は、解体して処分することが多いですが、車の解体には国からの認可が必要です。車は大きな資源であるため、リサイクルが義務付けられており、環境への配慮として国から認可を受けた指定工場を持つ業者しか、解体できないよう法律で定められています。 そのため、ディーラーが廃車を引き取ったとしても、解体作業は他の業者に委託しているため、中間マージンが発生します。廃車の処理に必要な中間マージンを含めて、費用が請求されているため、通常の廃車よりも金額が上乗せされていると考えましょう。

ディーラーの廃車費用を安く抑えるコツ

ディーラーで廃車を依頼すると、費用は高くなりがちですが、これは工夫次第で安く抑えることもできます。ディーラーで廃車をおこなえば、車の買い換えがスムーズに進めやすいため、利用したいと考える人も多いでしょう。より便利にディーラーを利用するためにも、費用を抑えるコツを知ることが大切です。

自分で車を運転して持ち込む

廃車に必要な費用の中に、レッカー代がありますが、これは自分で車を持ち込めば費用がかかりません。レッカー代は利用する業者や運搬距離によって異なりますが、約1万円程度であり、自分で運転して持ち込めば、少なくともレッカー代分は費用を浮かせられます。 自分で運転してディーラーに持ち込んだ場合、帰りは別の方法で帰らなければなりませんので、交通費の準備だけ忘れないようにしましょう。

新車を購入する

廃車の引き渡しにともない、新車を購入する場合、廃車する車に下取り額をつけてくれる可能性があります。下取りでいくらか値がつけば、廃車手続きに必要な費用がいくらか相殺でき、結果的に費用は安く済みます。ディーラーの下取りの場合、金額は買取査定よりも低くなりやすいですが、車の状態次第では高値がつくこともあります。ただし、状態が悪いと全く値がつけず、通常どおりの費用を請求されることもあるので注意しましょう。

得意先に依頼する

以前から懇意にしている得意先のディーラーがあれば、そこに廃車を依頼するのもおすすめです。廃車手続き自体にはほとんど費用がかからないため、得意先であれば無料で廃車してくれる可能性もあります。もちろん、ディーラーや担当者との関係次第ではありますが、うまくいけばお得に廃車できるでしょう。無料にならなくとも、費用を割り引いてくれる可能性もあります。

まずは信頼のおけるディーラーに相談してみよう

ディーラーに廃車を依頼すると、その他の方法に比べれば費用が高くつくことが多いです。しかし、ディーラーとの関係性によっては、お得に廃車できる可能性もあります。廃車で悩めばまずは信頼のおけるディーラーに相談し、見積もりを出した上で廃車方法を選びましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト