中古車売却 中古車買取 コラム

購入

新古車でよい車をお得に購入|メリット・デメリットと探し方

更新日:

販売されている車の区分は、「新車」「中古車」の他に、「新古車」というものもあります。新古車は新車と中古車とは別の区分であり、異なった特徴を持っています。車をお得に購入したい人には新古車がおすすめであり、高性能な車を安く購入できる可能性が高いです。 しかし、新古車にはデメリットも存在するため、良い面と悪い面両方を見た上で決めることが大切です。選び方さえ間違えなければ、新古車はお買い得なものが多いため、上手な選び方を知り、上質な車をリーズナブルに購入しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

Contents

新古車とはどういった車なのか

新古車を上手に選ぶには、まずはどのような車を指して「新古車」と呼ぶのかを理解しなければなりません。新車は誰も乗っていない新品の車、中古車は過去に使用されたことのある車であり、新古車はこの中間に位置しています。新車でもなく、中古車とも違う新古車はどのような特徴を持っているのかを知り、何が該当するのか知りましょう。

新古車とは未使用車のこと

新古車とは未使用車のことであり、名義は登録しているものの、誰も乗っていない、あるいはほとんど使われていない車を指します。そもそも新古車という呼び方は正式なものではなく、新車と誤解を招くことから、「登録(届出)済未使用車」と表記されるのが普通です。 また、単に未使用車も誤解を招きやすいことから、大手の自動車販売店では、「登録(届出)済未使用車」で統一されています。個人の販売店なら、「新古車」や「未使用車」と表記されている場合もありますが、基本的に状態は同じで、販売店で名義登録をした新車と考えましょう。

新古車は中古車扱い

新古車は販売店が名義登録を行っただけの新車ですが、法律上の区分は中古車に該当します。中古車かどうかは、使用の有無に関係なく、名義登録の有無によって決定します。そのため、新車と同じ状態にあっても、名義登録をされた時点で中古車の扱いになり、販売価格も下がります。 新車の価格を下げてでも名義登録をするのは、販売店が販売目標を達成するためです。新古車は1台でも販売台数を獲得するための、販売店の業務上の手段と言えるため、消費者が購入しても特に不都合はありません。

新古車は試乗車として使用されていたものもある

新古車は新車を販売店で名義登録したものですが、完全にまっさらな状態とは限りません。一部は試乗車に使われていることもあり、多少の使用感はあります。 もちろん、試乗車でも大切に扱っている場合や、そもそもそれほど乗られていない車なら、ほぼ新車同然であることも少なくありません。多少使用されているケースはあるものの、状態はほとんど新車と同じと言えます。

軽自動車の新古車が多い

新古車は軽自動車のほうが多く、これは名義登録のしやすさにあります。名義登録には複数の書類が必要ですが、普通自動車に比べると軽自動車は手続きが簡素であり、必要書類も少ないです。特に車庫証明なしで登録できる点は大きく、簡単に登録できて販売台数を稼ぎやすいことから、軽自動車の比率は高いです。 普通自動車もまったく出ないわけではありませんが、軽自動車のほうが多いため、新古車を狙いなら軽自動車に絞ったほうが、スムーズに探せるでしょう。

新古車のメリットとデメリット

新古車は新車同然の車が中古車扱いになっているため、綺麗な状態の車を安く購入できます。一見メリットしかないようにも思える新古車ですが、実はデメリットも隠されているため注意しなければなりません。メリットだけに飛びついて買うと、購入後に後悔する可能性もあります。 新古車を上手に買うなら、メリットとデメリットの両方を知らなければなりません。それぞれの理解を深め、新古車の特徴をさらに深くまで知りましょう。

新古車を購入するメリット

新古車を購入するメリットは、大きく以下の3つが挙げられます。

新古車は新車同様であるにもかかわらず価格が安い

新古車の最大のメリットは、新車同然の車を中古車価格で購入できることです。綺麗な状態の車を安く買えるため、コスパのよい買い物がしやすく、安く買った車を長く使うこともできます。通常新車は長く使えることがメリットですが、反面購入価格が高く、経済的な負担は大きいです。 しかし、新古車なら購入価格を抑え、かつ新車同様に長く使えるため、長期的に見ても経済的なメリットは大きいでしょう。もちろん、状態がよい分、通常の中古車より値引き率は小さくなりやすいですが、それでも新車よりはお得に購入できます。 中古車は安い分、品質に不安が残りやすいことがデメリットなため、不安を解消したいなら、新古車を選ぶのがおすすめです。

新古車は新車よりも納車までが早い

新古車は現品販売が基本のため、購入から納車までがスムーズであり、欲しいと思ってからすぐに乗ることができます。新車の場合、カタログを見て購入を決めることも多いため、契約後納車されるまで期間が開いてしまうことも多いです。 下取りなら売却する車を納車まで使用できますが、古い車を買取に出す場合は納車と買取のスケジュールを調整しなければなりません。また、車が使えない期間は代車を頼む必要があり、余計な費用もかかりやすいです。新古車なら使用開始までの期間が開きづらいため、不便を感じることなく車を使用できます。

新古車は購入時の自動車にかかる税金などがお得になる

新古車は購入価格が安いだけではなく、税金もお得になります。車にかかる税金は複数ありますが、新古車の場合、「販売店が先に支払っているもの」「中古車区分になることで税金が減額されるもの」があります。新車購入の際には税金の高さもネックになりやすいですが、新古車ならお得に購入できるため、経済的なメリットは非常に大きいでしょう。

新古車を購入するデメリット

新古車を購入するデメリットは大きく5つ挙げられます。メリットよりデメリットのほうが多いですが、すべての人に該当するとは限りません。 人によっては気にならないものもあるため、デメリットの数よりもどれがネックになりそうか考えることが大切です。デメリットをすべて把握し、問題ないと判断したなら、購入しても後悔はないでしょう。

新古車は販売店にある現物のみでの販売となる

新古車は現品販売が基本のため、複数の選択肢の中から選ぶことはできません。新古車は数が限られているため、希望通りの条件を満たすとは限らず、車種やグレード、オプションなどは多少妥協が必要な場合もあります。 また、新古車とは言え、完全に綺麗な状態とは限らず、細かい傷がついていることもあります。傷がある場合は値引き交渉は可能ですが、交換はできないため、「現品現状」での販売が基本と考えましょう。

新古車は在庫数が少ない

新古車は現品販売に加えてそもそも在庫数が少なく、選択肢は狭くなりやすいです。欲しい車で必ずしも新古車があるとは限らないため、購入するなら新古車の中から気に入った車を探すことになるでしょう。また、気に入った車があっても在庫が少ないことで、迷っている間に売れる可能性もあります。 販売店によっては、そもそも新古車の在庫がゼロということもあるため、納得した買い物をするなら、ある程度運も必要です。

新古車は新車で購入する場合よりも車検までが早くなってしまう

新古車は販売されている時点で名義登録されているため、通常の新車よりも車検期間が短くなります。通常の乗用車なら、新車の初回検査は3年であり、購入して丸々3年間は車検なしで使えます。 しかし、新古車の場合、車検の残り期間は販売店が名義登録をした時点に左右されます。場合によっては1~2年程度しか残っていないこともあるため注意しましょう。 車検を通さない分、費用を抑え、かつスムーズに納車できますが、ものによっては車検期間がかなり減ってしまうこともあります。

試乗車などで使用された後に新古車として販売される場合もある

新古車=新品で名義登録されただけとは限らず、試乗車で使用されている可能性もあります。試乗車はヘビーに使われるわけではありませんが、さまざまな人の手に触れているため、どうしても使用感は残ります。場合によっては細かい傷がついている可能性もあるため、状態はよくチェックしてから購入しなければなりません。 また、試乗は短い距離しか走りませんが、回数が多いと走行距離が長くなっている可能性もあります。短い距離を何度も運転することで、エンジンに負担がかかっている場合も多く、性能面の確認も欠かせません。

新古車は売却時に価格が下がる場合も

新車購入した車は買取に出しても高値で売れますが、新古車の場合、状態がよくても査定額が下がる可能性があります。新古車は中古の中古になるため、中古車市場では価値が落ちやすく、場合によっては大幅に減額されることもあります。 中古車の価格は「市場の需要」と「車の状態」によって異なるため、一概に減額されるとは限りませんが、新車より下がりやすいことは理解しましょう。査定減額のデメリットを解消するなら、車の価値がなくなるまで長く使うことが大切です。購入費用を回収できるくらいに使い込むなら、査定額が下がっても問題はないでしょう。

新古車は購入する際の諸費用が安くなる

新古車の魅力は購入価格の安さにありますが、これは本体価格が下がることだけではありません。本体価格に加えて、購入時に発生する各種諸経費も安くなるため、新古車の経済的なメリットは非常に大きいです。どのような費用が安くなるのかを知り、新古車購入のメリットをさらに深く理解しましょう。

中古車を購入する際に必要な税金

車を購入する際には税金が発生し、これが高くつくことも多いです。購入時にかかる税金は以下の通りです。

  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自動車取得税
  • 自賠責保険

自賠責保険は税金ではありませんが、強制保険のため車に乗るなら必須の費用です。よって、ほぼ税金と同義と言ってよいでしょう。新古車の場合、これらの税金が一部免除、あるいは減額されるため、新車よりも安く購入できます。

自動車税とは

自動車税はが4月1日時点で車の名義を持っている人に課税される税金であり、1年分をまとめて支払います。自動車税は新車でも中古車でも金額は同じであり、新古車を購入した場合でも支払いは必要です。金額は排気量によって異なり、購入した時点から年度末までの期間を月割りして計算します。 ただし、軽自動車の場合は新古車で購入した場合は自動車税はかかりません。軽自動車は厳密には自動車税ではなく、軽自動車税ですが、これは売却しても名義者に税還付がされないためです。自動車税も節約したいなら、軽自動車を狙うのがおすすめです。

自動車重量税とは

自動車重量税は車の重量によって金額が決まります。購入時ではなく車検時に支払いが必要であり、車検期間分を一括で支払わなければなりません。新車購入時は3年分、次回以降は2年分まとめての支払いのため、税金の中でも負担は大きいです。

登録時の自動車重量税は払う必要がない

新古車は販売店が名義登録をし、車検も通しているため購入時に重量税を支払う必要がありません。登録時期によって車検の残り期間は左右されるものの、税金がかからないメリットは大きく、よりお得に購入できます。 場合によっては名義登録をしてすぐの車が手に入る場合もあり、初回検査3年分の重量税が丸々無料になることもあります。

自動車取得税とは

自動車取得税は、車を購入した際にかかる税金です。商品にかかる消費税とは区分が違い、車の場合は消費税と取得税、両方を支払わなければなりません。取得税は軽自動車と普通自動車で異なりますが、これは単に本体価格による違いです。 本体価格が高いほど、取得税も高くなるため、価格が高くなりやすい普通自動車のほうが、軽自動車よりも税金が高くなりやすいと考えましょう。

自動車取得税は中古車扱いになる

自動車取得税は新車と中古車で計算方法が異なり、中古車のほうが安くなります。新古車は法律上の区分が中古車であるため、新品同然の状態でも中古車と考え、取得税を計算します。

自動車取得税の計算方法

自動車取得税の計算方法は、以下の通りです。 課税標準基準額× 残価率= 取得価額(1000円未満切捨て) 取得価額× 3% = 自動車取得税額 課税標準基準額は、「自動車取得税の課税標準基準額及び税額一覧表」から算出します。車種やグレードによって異なりますが、新車価格よりも低い金額になることは確かです。上の計算式を使って取得価額を出し、それに3%をかけた金額が取得税です。 新古車の取得税が安くなるのは、課税標準基準額の減額だけではなく、残価率が減ることにもよります。通常新車の場合は残価率を1と考えますが、中古車の場合、経過年数に応じて残価率は変動します。 経過年数 1年 1.5年 2年 2.5年 3年 3.5年 4年 4.5年 5年 5.5年 6年 残価率 0.681 0.561 0.464 0.382 0.316 0.261 0.215 0.177 0.146 0.121 0.1 新古車なら経過年数は1~2年程度が普通ですが、それでも新車と比べると残価率は減少するため、取得税は必ず安くなります。

自動車取得税は50万円以下であった場合免税される

自動車取得税は購入時に絶対にかかるわけではなく、取得価格が50万円以下なら非課税です。新古車の場合、区分が中古車のため、車によっては50万円以下で買える場合もあります。 新古車でありながらあまりにも経過年数が長く、長期間放置されているものは注意が必要ですが、安いものを選ぶほど税金もお得になりやすいことは知っておきましょう。

自賠責保険とは

自賠責保険は強制加入であり、車検時に自動車重量税と一緒に支払うのが普通ですが、自賠責保険に限っては、自身で支払わなければなりません。保険料は新車、中古車による違いはなく、定額です。 保険の残り期間を月割り計算で支払うため、多少の減額にはなります。ただし、結局加入期間分はすべて自分で支払うため、特別得をしているわけではありません。

車検日は気を付けよう

新古車はすでに車検を通した状態で販売されているため、車検日には注意しなければなりません。車検は初回3年、以降2年ごとに更新が必要であり、新古車の場合、次の車検がいつかは登録日によって決定します。極端な例だと、購入してすぐに車検更新日を迎えることもあるため、事前に確認しなければなりません。 新車なら3年、中古車なら2年と考えるのが普通ですが、新古車の場合はタイミング次第で中古車よりも短く、1年程度しか残っていない場合もあります。もちろん、登録後すぐの車なら、ほぼ3年丸々使用できるため、必ずしもデメリットになるとは限りません。 次回車検日は車検証に記載されているため、忘れず確認しておきましょう。最初の継続検査でも、車検代は少なからずかかるため、購入から車検までの期間と、かかる費用も計算して、購入時の参考にすることが大切です。

新古車が出回る時期はいつ頃なのか

新古車は安くよい状態の車を購入しやすいことがメリットですが、市場に出回る数が少なく、かつ在庫もほとんどありません。そのため、理想の車を見つけるには、多少の運も必要であり、少しでも可能性を高めるなら、足しげく販売店に通う必要があります。 新古車が出るかは販売店次第で、いつ出るかは予測ができませんが、新古車が出回りやすい時期は実は決まっています。新古車を買うならいつが狙い目なのかを知り、少しでも多くの選択肢から購入する車を選びましょう。

メーカーの決算期後である4月と10月に出回る

販売店が新車を名義登録するのは、販売台数を増やして実績を上げるためです。少しでも実績を上げようとするのは、決算期である3月と9月のため、決算後の4月と10月は新古車が多く登場します。 決算ぎりぎりのタイミングは、少しでも多くの車を売ろうと、大幅に値下げしてもらえることも多いですが、場合によってはその後新古車を狙ったほうがお得なケースもあります。 特に4月は新生活がスタートした後で需要も落ち着くため、販売店でも余裕を持って接客が可能です。新古車も詳しく紹介してもらいやすいため、特におすすめの時期と言えるでしょう。

新古車は4月と10月の月初めに購入しよう

新古車が出やすいのは決算期後の4月と10月ですが、素早く購入しないと在庫がなくなることも多いです。新古車購入のメリットは大きいため、あえて購入時期をずらして、新古車を狙う人もいます。販売店での登録が多くなるといっても、数は限られているため、よい条件の車はすぐに売れる可能性が高いです。 のんびり構えていると、店舗に行ったときにはすでにすべて売り切れになっていることもあるため、月初めを狙って素早く購入しましょう。

新古車の探し方

新古車は市場に出回る数と在庫の少なさから、購入のハードルは高いです。数が少ない上にメリットが大きいため、すぐに売れることもなかなか手に入らない理由のひとつでしょう。新古車を手に入れるなら、上手な探し方を知って、希望の車を見つけることが大切です。探し方は複数あるため、併用して理想の車を見つけましょう。

ディーラーで探す

新古車は区分上は中古車のため、中古車販売店で買うとイメージされがちですが、実はディーラーでも販売しています。ディーラーは新車に限らず、中古車の販売も行っているため、欲しいメーカーの店舗を覗いてみましょう。

ディーラーでも新古車を必ず販売しているわけではない

ディーラーでも新古車は取り扱っていますが、必ずしも販売しているとは限りません。ディーラーは新車の販売が基本であり、新古車が出る可能性は低いです。決算期後は売り出される可能性もありますが、数が少なく、場合によってはまったく出ないこともあります。 また、新車購入後、キャンセルが出た場合も新古車になりますが、これもイレギュラーな発生のため、狙って買うのは難しいです。購入自体は可能なものの、新古車を見つけ、かつお目当ての車を探すのはかなりハードルが高いです。

しっかりとしたアフターサービスを受けることができる

ディーラーで新古車を購入した場合、新車と同様に充実したアフターサービスが受けられます。新古車であっても多少傷んでいることはありますが、ディーラーならしっかり整備してから納車してくれるため、性能面の心配はほとんどないでしょう。 また、購入後のサービスも充実しており、長期保証が付けられることも魅力です。他の方法より購入価格は高くなりやすいですが、より安心して車に乗りたいなら、サービスが充実したディーラーでの購入がおすすめです。

中古車販売店で探す

新古車は中古車のため、中古車販売店で探すのが一般的な方法でしょう。ひとくちに中古車販売店といっても、店舗によってラインナップは違うため、複数回ることが大切です。また、購入時には注意点もあるため、それも含めて確認しておきましょう。

実際の車を見て確認することができる

中古車販売店なら、現品を見て車を選べます。性能や乗り心地はもちろん、細部まで細かくチェックした上で購入を決められるため、購入後の後悔は少ないでしょう。ただし、少しでもチェックを怠ると、購入後に不備が見つかることもあるため注意が必要です。 中古車販売店の場合は、試乗車が新古車になっていることが多いため、状態の確認は特に念入りに行う必要があります。

中古車販売店で探す際に気を付けること

中古車販売店での新古車販売は、現品限りのため数が非常に少ないです。希望の車種が必ずしも見つかるとは限らないため、先に欲しい車種があるか電話で確認しておくとよいでしょう。また、希望する車種があっても、すぐに売れる可能性もあるため、売れないうちに素早く購入を決めることも大切です。

中古車販売店での新古車の価格と新車の定価を比べておこう

中古車販売店、かつ新古車なら、金額も安いとイメージされがちですが、必ずしもそうとは限りません。中古車の価格に定価はなく、販売店が自由に設定できるため、新古車でも新車と同額、あるいは新車以上の価格に設定されている可能性もあります。 新車価格以上の場合はもちろん、同額でも多少使用されている分、新古車のほうが損をする可能性は高いです。欲しい車種があるなら事前に新車の定価を調べ、新古車の価格と比較して購入時の参考にしましょう。

インターネットのメーカー公式サイトで探す

メーカーの公式サイトでも、新古車を販売していることはあるため、見つからない場合はここも覗いてみましょう。メーカー公式サイトは、ディーラー同様新車の販売が基本のため、見つけるのは難しいですが、可能性はゼロではないため、根気よく探すことが大切です。

自宅周辺の店舗を見に行くよりも様々な地域を探すことができる

公式サイトでの検索なら、店舗に足を運ぶ必要がないため、楽に車を探せます。遠方にある車でも購入できるため、選択肢は広がるでしょう。

メーカーの公式サイトでも様々なメーカーの車種を検索することができる

複数のメーカーの公式サイトを使用することで、より幅広い車種から新古車を探せます。新古車を探す際には、走行距離を少なめに指定するのがおすすめです。走行距離ゼロだと新車が表示されますが、少なめに指定すると、新車は除外され、新古車だけが表示されます。

インターネットの中古車販売サイトで探す

ネットで探す場合は、メーカー公式サイトだけではなく、中古車販売サイトもチェックするのがおすすめです。中古車販売サイトなら、さらに販売されている車の種類、数は多く、新古車も見つけやすいでしょう。

自宅周辺の店舗を見に行くよりも様々な地域を探すことができる

中古車販売サイトもメーカー公式と同じで、自宅にいながら車を探せます。特に中古車販売サイトは、全国から出品されているため、より幅広く出品情報を確認できます。サイトで気になる車を見つけ、近辺の店舗にあるなら実際に足を運んで探すのもおすすめです。

現品を確認できない場合もある

中古車販売サイトなら、遠く離れた場所の車でも購入できますが、あまりに遠すぎる場合は写真だけの現品確認になります。 販売先まで出向いて確認することも可能ですが、交通費が高くつくため、損をする可能性も高いです。データだけでの確認になる場合は、車の状態はもちろん、出品者が信頼できるかもチェックしなければなりません。

納車の際に遠方まで出向く場合も

遠方の販売店から購入する場合は、納車時に店舗まで取りにいかなければならないこともあります。店舗に向かうまでの交通費はもちろん、そこから自宅まで運転して帰らなければならないため、負担は大きいでしょう。近隣で購入するなら問題はありませんが、遠方なら購入時の負担が大きいことは理解が必要です。

遠方で購入し輸送で納車することもできる

遠方で購入し、取りに行くのが難しい場合は、車を輸送して納車してもらうことも可能です。取りに行くのが難しい場合は輸送を利用するのがおすすめですが、別途陸送費がかかるため注意が必要です。

新古車は新車を中古車として激安で購入できる

新古車は販売店で名義登録をした新車であり、販売上は中古車の区分です。試乗車に使われることもあり、完全な新車ではない可能性もありますが、それでもほぼ新車同然の車を安く購入できるのは大きな魅力でしょう。 新古車は本体価格だけではなく、税金も安く、より少ない負担で状態のよい車を購入できます。新古車ならではのデメリットもありますが、その分メリットも大きく、気にならないデメリットも多いです。 メリット・デメリット両方を天秤にかけても、新古車の魅力は大きく、購入する価値は十分にあります。新古車を見かけた場合は状態をしっかり確認し、より綺麗なものを中古車価格でお得に購入しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト